スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

【巨1-5デ】ただただ負けた試合【東京ドーム】

ちゃんと見れなかった試合なんですが、逆に見れなくて良かったと思える結果でした。
高橋はいつも通りだったと思いますし、5回も投げさせたらと思うのですが、何か気になる部分でもあったんでしょうか? その影響か田口が2イニングス目で打たれてますが、今日は投手より打線が不甲斐なかったので大した事ではないかもしれないです。
5番にゲレーロを置きますが、昨年のようにソローロしただけでランナーいる状況で2併殺なのでした。このソロホームランがチーム唯一の得点だっただけに何とも言い難い結果です。 ここで打点荒稼ぎしてれば定着も狙えただけに勿体無いですね。
あとは微妙にポジ要素なのが、中島が良い当たりをするようになってきた事でしょうか。結局明日は右投手なので田中俊太にスタメンはなってしまうでしょうけど、ビヤが下でなかなか調子が上がらない以上、中島に期待する方が良さそうです。
そして試合とは関係ないですが、菅野が抹消となり、先発が一人足りない状況です。たぶん来週高田を上げるでしょうが、心許ないですね。 先発・打線が長い事不調で、リリーフが整ったのに上がり目が感じられず、このトンネルは長そうな気配です。 ウチもアメリカのプロスペクトでも取ってきてくれないかなぁ。

【3勝5敗】ヤクルト・阪神・中日8試合の振り返り【5/10-5/19】

[リリーフ]
安定している中川を軸に、戸根、アダメス、高木、田原、そして澤村をうまく使い分ける戦術で成果が出始めている感じです。
1試合だけ、14日の阪神戦でアダメスがランナーを出し、戸根が返されて逆転、リリーフ失敗というのがありました。 1アウト1・2塁で戸根に交代させられたアダメスでしたが、接戦の展開だったので回の頭から実績のある戸根に任せた方が良かったのではと思わなくないです。
マシソンが下で投げ始めて、日に日に調子を取り戻しているようなので、交流戦前には合流してくるんじゃないかなと思います。そうなるとまた外国人枠問題が再燃しますが、アダメスがそこそこ投げれているので、大ポカをしなければ誰を落とすか悩む状況になると思います。 個人的には先発に2人も外国人はいらないと思うのですが。
[先発]
ヤングマン2戦1勝 (3イニング5失点、5イニング1失点) メルセデス2戦1勝1敗
(7イニング3失点、7イニング無失点) 山口2戦2敗 (3イニング3失点、5イニング4失点) 高橋1戦勝敗無し、 (6イニング1失点) 菅野1戦1敗 (5イニング10失点)
計8試合で2勝4敗と、勝ち星だけで勘定すれば、先発で借金2といった具合です。 ただ内容を見ればメルセデスと高橋が3試合で好投しているので、打線の援護があればもう2勝出来たかもしれないです。 ヤングマンは運が良いだけとしか思えないんですよね。普段の行いが良さそうな人柄ではありますが。
目も当てられないのが菅野で、今までの悪い試合の集大成のような内容と結果でした。次もボロボロだったら流石に休養を与えると思いますが、どこか庇ったりしてるんですかね?無理してシーズン棒に振るような事が無いと良いのですが。
[打線]
チーム全体として本格派は打てるけど技巧派は打てないみたいな傾向がある気がします。あとは試合の前半は点とるけど後半はチャンス止まりというのも。
個別に見ると、山本がようやく左右に関係なく1番に固定されだしました。 重信や石川を置いてみたりしてましたが、中日戦3カードは全て山本に任されていたので、今度こそこのまま固定でいくんだと思います。
外野はゲレーロさんが戻ってきたので、彼と亀井が基本線になってしまうのかなと思います。打順とポジションの両面で重信・石川は苦境に立たされているかもしれないですね。
ポジションで言えばサードがまだ確定しておらず、とりあえず田中俊太を置いてお…

【中5-4巨】1番セカンドの活躍【ナゴヤドーム】

高卒7年目の溝脇が中日打線の1番に抜擢され躍動。3安打1四球で4回出塁し、ホームに3回生還で3得点。リードオフマンとしての役割を果たしたました。
セカンドの守備でも捕手の悪送球を華麗に捌いて盗塁阻止したり、抜ければ同点の場面で強い打球を処理したりと、ウチの得点機会を潰されました。一方こちらの1番セカンド山本も2本の長打を放つ活躍を見せますが、指揮官はまだ信頼を置けないのか、9回1点差の場面で山本に代打阿部を送ってしまいます。(結果凡退)
こちらも山本出塁から得点のパターンが2回あったので、打席に立たせてチャンスメークに賭けた方が良かった気がします。相手が制球難の鈴木ンブレルというのもありますし。心配していた先発山口ですが、前回登板よりはボールがまとまっていたように見えましたが、ストレートの球威(キレ?)はまだ戻らないようで、変化球でかわすピッチングを強いられていました。
本来ならストレートを軸に変化球を織り混ぜるスタイルなので、それが出来ない中で必死に投げているように見えました。
結果は6回途中112球で10本のヒットを打たれ4失点で降板します。次週も登板するでしょうが、ここから見違えるように復活というのが想像つかないので先行き不安です。そして5失点目は戸根です。今日はスライダーの制球があまり良くなかったみたいで、ツーアウトから四球と連打であっさり1点取られてしまいました(この後は田原が抑えます)。
特に福田の場面は、前の3打席で初球から振っているので変化球で入るべきだったと思います。チョイスミスでしょう。ここを抑えてれば違った展開になったと思うのですが、残念です。もう一つ心配だった4番岡本は、今日はマルチ安打の打点1で三振無しとまずまずでした。
ランナーがいる場面でまわってくる事が多かったせいか、大振りせずミート重視のスイングを心掛けているように見えました。
物足りない感じもしますが、チームに貢献しながら徐々に感覚を取り戻していけるなら良い事だと思います。最後に追い付けず惜敗しましたが、チーム状態が悪い中勝ち越せた事は大きいです。
リリーフが整わない中、先発に掛けていた負担のツケが回ってきたような形ですが、その介あってリリーフで大量失点して試合を壊すような展開にはならなかったので、チームは確実に成長していると思います。

【中1-5巨】1.5軍とか言ってゴメン、バモス!【ナゴヤドーム】

ゲレーロさん、打った瞬間の確信歩き、カッコ良かったです。前日の早計な発言の償いはこれぐらいにしておいて、中日バッテリーが迂闊にゲレーロが得意なコースに投げた事が原因で、それを打ち損じずにスタンドまで運んだのは、やはり調子が良い証拠なのでしょう。
今までのインハイ・アウトローの攻めに動じず同じように結果を出せたら本物だと思いますので、もうしばらく見守りたいところです。今日のゲーム展開を作ったのは、先発のメルセデスに依るところが大きいです。7回5安打無失点、四球も1つだけで、とてもテンポ良く低めに投げて、中日打線を手玉にとっていました。
平田が肉離れで離脱という要素もありますが、今日のメルセデスは2回に堂上に長打を打たれた後も崩れなかったので、彼自信のコンディションの良さが表れていたんだと思います。打線は先のゲレーロのツーランと、3回に丸・岡本の連打と亀井の最低限で3点追加で5得点。前半でそこそこ点を取るとそれ以降パタッと取らなくなるのは相変わらずで、それでも今日のメルセデスとそこそこ整ってきたリリーフ陣には十分でした。試合後宮本コーチが5点差では不安なので中川を使ったというような事を話していましたが、もうちょっと自信を持っても良いんじゃないかなというのと、相手打線の状態を見て判断した方が良いんじゃないかなと思いました。そうすれば中川に休養を与えられたかもしれないですし。あとはちょっと書きましたが5番打者ですね。ノーアウト満塁で内野ゴロゲッツーで1点はちょっと物足りないです。(前にも似たような事があった気がします)
ベテランの亀井が追いやられる程の打者の登場を期待しているのですが、重信・石川はゲレーロが戻ってきた今チャンスすら貰えるか難しい状況です。もう一つは黒船的に、二軍でバカスカ打って5番に抜擢される選手が現れるパターンですが、ビヤヌエバはまだ調子が上がらずで、北村はこの前1軍で何も爪痕残せなかったので印象悪く、和田はケガ明けで調整中。加藤・山下・モタの育成トリオはさすがに来年期待すべき逸材でしょうし。
やっぱりビヤの復調路線が現実的なところですかね。ともあれ勝ち越し決定で交流戦前に貯金を稼げました。
明日は前回絶不調だった山口が先発なので、勤続疲労の不安を吹き飛ばすようなピッチングを見せて欲しいです。

【中1-4巨】逃げ切りで連敗脱出【ナゴヤドーム】

打線は相変わらずイマイチでしたが、幸運やらリリーフの踏ん張りやら、相手が中日という事もあって、ロースコアで逃げ切り連敗脱出です。二軍でやる事無いくらい打ってたゲレーロが戻って来ましたが、一軍での結果は以前と変わらずでした。
コンディション云々ではなく、もはや1.5軍レベルの選手として見た方が良いんでしょうか?結構高い給料貰ってたと思いましたが。
そのゲレーロに代わって途中出場した重信が、9回の1打席できっちり長打を放って追加点に貢献しました。好調の重信をスタメンで使い続けた方が良いように思えます。
ゲレーロは西武のメヒアみたいな扱いで良いのでは。先発ヤングマンの投球内容はいつもと変わらない感じでしたが、中日打線が思いの外苦戦していたようで、相性は良かったのだと思います。
のらりくらりで完投もできそうな気配でしたが、援護をもらった直後の6回に突然連続四死球を出してノーアウト満塁のピンチを招き降板します。
評価が難しい結果ですが、落とす程ではないので来週の広島戦も投げさせるのではと思います。後を任されたのがまず高木で、左の高橋周平を1殺。次いでアダメスにスイッチし、犠牲フライを打たれるものの、最小失点に抑えて満塁のピンチを切り抜けました。
2人とも四球もヒットも出さずに抑えて、ヤングマンの勝ち星をアシストできました。こういう面でもヤングマンって勝ち運が凄い。
あとはこの継投が出来るなら菅野の時にもやってやれよと思わなくないですが、そこはエースと他の扱いの違いなんですかね。よく分からないです。その後はようやく1イニング任された戸根、安定の中川と繋いで、9回は昇格したばかりの澤村に託されました。
相手の打順が下位だった事もあったんでしょうが、いっぱい投げたけど結局四球のよく見た展開になったら、ランナー背負って上位打線という怖い状況になったかもしれません。まぁそうしたら田原か田口に代える算段だったのでしょうけど。
しかし今日は打者3人でキッチリ抑えて、この心配は無用となりました。復活かと問われれば微妙なところで、スプリットを1球しか投げなかったので判断がつかないという感じです。
悪い時はこのスプリットを楽々と見逃されて、甘く入ったストレートを痛打されるか四球を出すかという感じだったので、余裕のある展開の時に強打者を相手に投げさせて欲しいなと思います。中日でいうと平田・ビシエ…

【巨8-13神】岩田を4回4失点KO、打線爆発!【東京ドーム】

デイリー風に書くとこんな感じでしょうか。本当のところはエースと心中で4連敗です。今日は菅野に尽きます。被安打11で内本塁打4、6回途中127球10失点。
最近の悪い感じそのまま、球威が無くコースギリギリを投げれない状態で、バットをブンブン振ってくる阪神打線につかまってしまいました。
これは1週間すれば改善されるようなコンディションなんでしょうか?長年の勤続疲労とかでどこか痛めてなきゃ良いんですが。しかし阪神は見逃し三振が少ないですね。そういうチーム方針なんでしょうか?まぁウチもそれで懲罰交代とかやってますけど。打線は今日は1番が石川でした。石川は出塁率高いわけでも足が早いわけでもなく、どちらかというとパンチ力があるので5番バッタータイプだと思います。これって山本を1番に置きたくない表れなんですかね?
石川はホームランで、山本はマルチ安打を放ち活躍します。2人以外も、というか岡本と小林以外は全員安打と、8得点も頷ける内容でした。
しかしそれにつけても、岡本。去年も長く打てない時期がありましたが、今のもそれと同じなんでしょうか。
金曜日からビヤゲレを1軍に戻せますが、それと同時に打順を下げられる可能性もありそうです。エースと4番が揃って不調、リリーフ不在、僅差で打てず乱打戦で打ち負ける打線。首位にいられるのが奇跡的なチーム状態です。
順位はどんどん下がっていくでしょうが、交流戦までに貯金が無くならなければ良しと考えるようにします。

【巨2-4神】とうとう戸根も【東京ドーム】

今まで良い夢見させてもらって、ありがとう戸根。
そういうわけでリリーフが崩れて逆転敗けで3連敗です。高橋は好投してたので可哀想でした。アダメスはツーシームごり押ししとけば良かったと思うんですがね、小林はなんでフォークにこだわったのでしょう?
打者も余裕で見送ってましたし、使えないボールだと思ったのですが。
そして戸根はとうとう魔法が解けた感じですかね、今日のは一昨年くらいに見た姿でした。ボール先行、肝心なところでストライクが入らない。
結局頼りは中川だけという事でしょうか。明日は菅野が8回まで投げるのが最低限の仕事になりそうです。あと最近少し気になるのが、バッテリーの組み合わせを変えてみてる事です。さすがに明日の菅野は小林が受けるでしょうが、炭谷の出番が減っていってます。何か思惑があるのでしょうか?それとも単純に相手投手の左右を意識しての事ですかね。打線は前回の願いが通じたのでしょうか、重信・山本両名スタメンキープでした。
重信の方は三塁打と二塁打を放ち得点に絡めました。今日も坂本が調子をキープしてればもう2~3点入ったでしょうけど、そうは上手くいかないものですね。
山本は…その前を打っていた俊太共々良いところ無しでした。こちらも魔法が解け始めてるんでしょうか?
ただセカンドに関しては尚輝がまだ時間かかりそうなので、成長してってもらわないと困りものです。明日は左の岩田相手なので山本が1番で起用されると思うので、持ち味をしっかり見せて奮起して欲しいです。とはいえそろそろ増田の打席も見たい気もしてます。岡本に関しては久々にタイムリーが出ましたが、まだ復調したとは言えないですね。
今日の三振に関しては相手ピッチャーが良かっただけですし、悪化もしてないと思うので明日の試合に期待です。