スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

【神0-3巨】完封リレーで勝利(色々あったけど)【甲子園】

ウチの攻撃の際に色々ありましたが、結果としてはメルセデスがテンポ良く投げきって、中川・クックと抑えて守り勝った試合だと思います。相手先発の西はインコース責め、コーナーワーク、緩急と多彩な方法で的を絞らせず巨人打線を苦しめました。
守備で色々あったにも関わらず、動じずにマウンド捌きも常に堂々としていたので、敵ながら凄く良い投手だなと思いました。
すでにエースの風格すらあります。今後菅野との投手戦とか見てみたいですね。対するこちらの先発メルセデスは、6回まで毎回ランナーを出しますが連打は許さず、持ち味の低めに集めるテンポの良いピッチングでゴロを量産しました。
結局打者3回りまで投げきり、7回108球被安打5与四死球3奪三振5失点0と上々の出来で2勝目をマークしました。打線の方では、殊勲打は今日もセカンドで先発出場した山本のスリーベースでしょう。
苦戦していた西からゲレーロがツーベースで出塁。大城が倒れた後の初球を思いきり良く振り抜き、左中間を真っ二つにし貴重な追加点を上げました。
右の西が先発だったので、てっきり俊太がスタメンかと思っていましたが、予想が外れても結果が当たりなら文句ないです。その俊太は代打の場面でやらかしてしまいます。ノーアウト1・2塁の場面でバントの構えを引いてストライクを見逃してしまい、バントすると思ってリードを大きくとっていた2塁の亀井が牽制でアウト。その後は結局三振で終わってしまい、俊太の打席でアウトが2つ増えてチャンスが潰れかけました。
幸い1塁ランナー重信の盗塁とバッテリーのミス2つで得点は入りましたが、俊太の評価はかなり下がったでしょう。
しばらくは左右に関係なく山本がセカンド固定で出場すると思います。バントで言えば、8回に丸・ビヤと連続バントのシーンがありましたが、未だにここの意図が理解しきれません。
相手投手のジョンソンの攻略が難しいと踏んだのでしょうか?似たような場面の9回には重信にバントはさせてませんでしたし。
あとジョンソンがやけにビヤの胸元めがけて投げ込んでましたが、何かあったんでしょうかね(すっとぼけ)事前の予想通りの投手戦を制し、3タテで阪神戦を終えました。裏でヤクルトが負けたため再び首位の座に返り咲き、気分の良い週明けとなりました。

【神0-2巨】価千金とはこの事【甲子園】

物事の価値というのは時間が経つにつれて高くなる事がありますが、2回の石川の先制ツーランがそのまま重みのある決勝点となり、投手戦を征してカード勝ち越しを決めました。この試合の相手先発は左の岩貞という事で、ライトが陽になる可能性もありましたが、昨日石川がしっかり四球を選べているのと、2年前に岩貞から本塁打を打った事もあって先発起用されたようです。
その期待にきっちりと、お釣りがくるくらいの結果を残すことができたので、当面の右のライトのファーストチョイスは石川になるのではと思います。8回からは阪神の勝ちパターンが調整も兼ねて出てきましたが、2人目のジョンソンの高速カーブを坂本が苦戦していました。リードしてる状況で対戦できた事は、後の事を考えたらラッキーだったかもしれないです。
しかし阪神は投手に関しては自前で良い外国人を見つけてきますね。こちらの先発ヤングマンは、前回の反省を踏まえて低め低めに丁寧に投げていました。特にカーブのコントロールが良かったのですが、審判がそれを中々とってくれない中、我慢強く投げ抜いていました。
回を重ねる毎に、カーブと動く速球のコンビネーションが冴え渡り、5回以降はヒットを許さず8回無失点でマウンドを抑えのクックに譲ります。クックもまた前回登板とは打って変わって、スライダーが低めに決まって速球の球威もあり、ヒットこそ打たれますが併殺と凡打で3人で抑えました。
この調子を維持してもらえれば頼もしいのですが果たしてどうでしょうか。また次投げる機会を楽しみにしています。話がヤングマンに戻るのですが、予定通り明日彼を抹消するというコメントが宮本コーチからあったようです。
最短で戻すなら令和元日の5月1日(水)になりますが、ローテ通りだとそこは高橋で埋まっているので、どうやりくりするのか興味深いです。明日はメルセデスと西が投げ合うので、恐らくまた投手戦になるでしょう。
オープン戦で西を打ててなかったので、天敵を増やさないよう、完封完投される事だけは避けてほしいです。
あと今年のメルセデスは100球付近で捕まり出すので、交代時を逃さないようベンチワークにも注目したいです。

【神4-12巨】2人の"世界"【甲子園】

先制、中押し、ダメ押しと、岡本の本塁打以外の場面で点にからんだ今日4安打+1ラッキーの小林。打率も.290から.361に爆上げです(笑)
まぁそれ以上に、相手捕手の梅野が規定打席で.393とおかしな事になってたりすりんですが。春はキャッチャーが打つ季節なんですかね?今日は小林もですが、8回ツーアウトから大量得点の口火を切った、猛打賞の亀井も殊勲賞でしょう。この時点で6-3のスコアだったので、この6点が無ければ違った結果になっていたかもしれません。その亀井に、石川、山本とファームから上がってきた選手が続いた事も嬉しい限りです。原監督がこの2人に代打を送らなかった事は意外だったのですが、見事にその期待に応えられたのではないでしょうか?
また、この回に桑原を40球近く投げさせたのも、後の2試合を考えると有利な結果です。その裏の守りでは、同じくファームから上がってきた増田が、フィールディングと中継プレーで良いところを見せていたので、坂本が下がった後の守備力の低下を補える存在になれるのではないかと期待できます。結果的に大勝となった試合ですが、残念だった選手が2人いまして、一人目は9回に上がった吉川光夫です。
今日も良いところを見せられず、開幕前から懸念していた三振をとれない面も、近本に11球粘られた部分から改善されていない事が伺えます。
私はそろそろ勝ちパターンとしては諦めた方が良いように思えます。二人目は中島で、今日の三振も全然期待を感じさせるようなものではありませんでした。そろそろ2軍に落として打席をこなして状態を上げてもらう方が良いと思います。
代わりの右の代打枠ですが、しばらく陽を使ってみてはどうでしょう。フリースインガーなところが度々槍玉に上がりますが、重要な場面で結果を出す事を求められ続けば、何か変わってくれるんじゃないかと思います。何はともあれ、今日勝って前の試合の逆転敗けの嫌なムードを引きずらずに済んだのは良かったです。
明日は左腕の岩貞が相手なので、今日活躍した山本がセカンドの先発でしょう。
ライトは果たして陽か石川か、スタメン発表が楽しみです。

【巨4-5広】セーブ失敗【熊本・藤崎台県営野球場】

先発高橋は四死球を7つ出す大乱調。
しかしながら被安打は2本、三振も9つとるなど、結果的にカープ打線に的を絞らせなかったのかもしれません。
とはいえこんな内容では球数が嵩みますので、5回102球1失点でマウンドを降ります。
見ていると右打者への制球に苦しんでいるような印象で、対照的に左打者にはスライダーを上手く使ってカウントを有利に進めてました。ムラはありましたが、磨けば光る逸材だと思うので、次回登板にも期待です。その後この試合は勝ちパターンが試される展開となりますが、今回は今までとは少し違った起用方法でした。1点リードの6回途中から田原が上がり、そのまま回を跨いで、7回先頭の會澤がヒットで出て、続く安部が送ってワンアウト2塁となります。
この場面になって吉川光夫が送り出されました。
結果は、代打西川に2-2となる同点タイムリーを打たれ、次の田中を四球で歩かせたところで、1つもアウトを取ることなくマウンドを降りる事になりました。後を託された宮國が後続を断ち、なんとか同点のまま7回を終えましたが、形としては光夫が対左のワンポイントとして使われた事になります。
今までだと、左のワンポイントが戸根で、勝ちパの7回は光夫という起用だったので、今回の配役にはどんな意図があったのか疑問が残りました。8回は今まで通り中川がマウンドに上がり3人でピシャリ。その裏に丸が勝ち越しのツーランホームランを放ち、4-2で再びリードする展開となり、9回にクックを送り出す事になります。しかし今日の彼はスライダーのコントロールが良くなく、ストレートで何とか押しきろうとする苦しい配球となり、連打、進塁打、連打と3失点を喫して逆転を許してしまいました。
今日受けていた炭谷のキャッチングやリードが悪いなどと言われますが、前の回の中川が同じ条件でキッチリ押さえた事と比べると、クックの力不足だと思わざるを得ません。
7回の光夫の使われ方もあるので、次の阪神とのカードでは何かしら配置転換があるかもしれないです。試合は9回裏に逆転する事なく負けてしまい、1勝1敗で九州遠征を終える事になりました。
気がかりな事としては、順調に調子を上げていたビヤヌエバが自打球で途中交代になった件です。
軽症である事を祈るばかりですが、彼まで離脱となると3番バッターが不在となってしまい、折角の新打線も再考を余儀なくされます。
そ…

【巨8-2広】危なげない試合【鹿児島・鴨池野球場】

打順を坂本、丸、ビヤヌエバと並べてきたこの試合、3回の3点は下位打線で作ったチャンスを上手くこの並びで返せたと思います。
ただ個人的にはやはり重信を1番に置いて成長させて、この機会に外野の若返りも図った方が良いと思っています。先発山口は前回同様ピリッとしないながらも7回2失点で投げ抜き3勝目。いつになったら本領発揮するのか分かりませんが、打線が調子良い内はこれで十分、というか出来すぎだと思います。後を任された中川・クックも抜群の安定感でランナーを出さずに締めました。
この2人は試合毎に良くなっている感じで、非常に頼もしいです。開幕当初の絶望感が嘘のように、あとは7回を任せられる人が固定できれば、というところまで来ました。また、下から上がってきた山本がバッティングと走塁で良い活躍を見せ、セカンドの座を狙える位置に躍り出ました。
当面は左投手は山本、右投手は俊太といった具合でセカンドを使い分けてくのだろうと思います。
ただ山本はオープン戦の時守備で何回かやらかしているので、そこはちょっと心配です。カープは本当どうしたんでしょうね。4回の攻撃とか、去年なら逆転までもっていってたと思うんですが。
西川も田中も、山口の制球が乱れてた状況だったのだから、もっとボールを見ていれば違った結果になったかもしれないのに、勿体ないです。とにかくおかげで3連敗にならずに済みました。チームも開幕戦の時よりも気負わずに、チャンピオンチームと戦えてた様子です。
明日の相手先発の野村は打たせて取るタイプのピッチャーなので、早打ちせずにじっくり攻略して、こちらの先発高橋に2勝目をプレゼントして欲しいです。

【2勝3敗】中日・ヤクルト5試合の振り返り【4/9-4/14】

[吉川尚輝]ここに来てトップバッター不在となってしまいました。持病の腰痛なので最短復帰できるのかは不明です。
ようやく2~4番が打ち出したと思ったらリーディングヒッターが戦線離脱とは、噛み合わないですね。今後は代替選手探しになると思います。
下から重信を上げるようなので、彼と俊太が候補になるでしょう。
ここが重信で埋まれば外野の若返りにもなるので、私としては重信の活躍を願っています。後は絶好調の坂本を1番に上げて、2番丸、3番ビヤヌエバ、4番岡本という手もありかなと思いますが、前述の方針の方がチームの底上げになると思うので、時期的にも代わりの1番探しをする方が得策かもしれません。[外国人枠]ゲレーロが落ち始めました。直近20打席でヒット1本、四死球3、三振が6つとダメダメです。このままだと上がってきた石川や好調の亀井にレフトを明け渡す事になるかもしれません。対照的にビヤヌエバは本領を発揮し始めました。18打席で6安打、内3本が本塁打、でも三振が6つと、これぞ助っ人というような内容です。
3・4番が打ち始めたので、彼にも良い場面で打席が回ってくるようになったと思います。さらなる活躍に期待です。土曜日に登板したヤングマンは、5回途中で被安打7、内3本が本塁打と、持ち味のゴロを打たせて取る形ができず降板しました。
この日はボールが動かなかったのでしょうか?はたまたヤクルト打線がフラレボを導入しいて、それとの相性が悪かったとか?
試合後に抹消されていないので、次週の阪神戦でも投げさせるみたいです。持論として、外国人枠の理想は選手をダブつかせないために、野手1、先発1、リリーフ2の運用が良いと思っています。なのでそろそろ野手を削ってアダメスをテストして欲しいです。[先発]菅野と山口は安心して見てられる内容で、今年はこの2人に貯金をたくさん稼いでもらいましょう。ただ怪我が怖いので無理はさせないようにお願いしたいです。メルセデスも安定はしていますが、100球目付近から捕まり出す傾向が見えるので、今年は交え時を早くした方が良いかもしれないです。畠に上がり目がなく降格となり、10連戦を前に1枚欠く事になりました。
恐らく下で順調に調整できている今村がいずれ上がると思います。ヤングマンは阪神戦後に例によって落とされると思いますが、そうすると今村の他にもう1枚当てをつけておいた方が良…

【巨6-11ヤ】課題の増えた1日【東京ドーム】

試合前に尚輝抹消というショッキングなニュースがありました。腰痛がよほど酷いみたいです。今まで試合の終盤で交代させていたのも、症状を悪化させないようにするためだったのでしょう。
事ここに至っては、代わりの1番をどうするかに注目しましたが、左の高橋圭二が先発ということで、右の吉川大幾が尚輝の役目を引き継ぐような形に収まりました。同時に石川が1軍復帰&7番ライトでスタメン起用されましたが、これは尚輝の件とは関係なく、調子を落としている陽への当て馬起用だと思われます。
大幾・慎吾共に、ここで活躍できれば1軍定着のチャンスとなったのですが、残念ながら2人とも結果を残すことはできませんでした。試合の方は序盤は前日と似たような展開で、両先発が揃ってKO。しかも3回という早いタイミングだったので、4回6-6というスコアから両軍ブルペンデーとなります。
勝負の分かれ目となったのは、回跨ぎをした投手を攻略できたか否かにありました。
巨人は右の宮國、ヤクルトは左のハフです。4回から登板した宮國は、デッドボールこそ出しましたがその回は難なく抑えます。
しかし次の5回に先頭の村上にソロホームランを浴び、あっさり勝ち越しを許してしまいます。
この1点で終わっていればまた結果は違ったかも知れませんが、続く中村に粘られた末ツーベースを打たれ、代打廣岡のバント処理で悪送球で追加点を献上してしまいます。
さらには青木に犠牲フライを打たれ、被安打2本ながら3失点を喫します。対するハフは、その勝ち越した5回裏から登板。坂本、丸に連打を浴びるも他の打者を三振に討ち取り無失点。
続く6回も小林、陽と連続ヒットを許すも、他を三振2つと凡打で抑えて無失点。
被安打4本ながら三振5つと、ポテンシャルの高い勝ちパ未満の中継ぎを見せつけられた感じでした。この間横浜で国吉を見せつけられた展開に似ています。その後7回以降はヤクルトの勝ちパターンが立ち塞がり、ヒットは坂本の1本のみでチャンスすら作れずゲームセット。裏の試合ででベイスターズが勝ったため、貯金2の3位で1巡目の試合を終えました。まぁ悪くないです。ポジ要素は昨日に引き続き打線です。
2、3、4番は頼りになりますね。
5番に入ったビヤヌエバに関しては、本塁打こそうちましたが、インコースが得意な割にそこをファールにしてしまう事が多くて勿体ない感じがしました。