スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

【巨1-5デ】天敵の復活【東京ドーム】

東の前に為す術無しで完敗です。
・対左腕は阿部>右林? ・桜井飛翔 ・またも継投無失点リレー ・ゲレーロ爆走 ・東8回88球1失点
サードには若林ではなく岡本が入り、ファースト阿部、セカンドは増田という布陣でスタートしました。 左腕の東が相手で左の阿部が起用されるというのは、右打席の若林よりも期待できるという事なんでしょうか?このあたりに一貫性を見出だせていないです。
そしてこの試合は3回までで勝敗が決まってしまった感じでした。 こちらの先発桜井は、初回ツーアウトを簡単に取った後で四球を連発。この日の桜井はストレートの制球に苦労しているような印象でした。 二死1・2塁でソトに対しての4球目、キャッチャー小林はインコースに構えますが桜井がそこに投げきれず、真ん中に入ったストレートをソトが逃さずにスタンドイン。3点を一気に失いました。
2回には1軍に復帰したばかりの梶谷に失投気味のチェンジアップをライトスタンドへ運ばれて計5失点。3回の打席がまわったところで代打を送られて無念の降板となりました。
その後またもリリーフ陣が奮闘します。 特にその1番手だった田口が、4~6回をパーフェクトで抑え、反撃の機運を逸しないように努めました。 しかし田口が3回を投げてるという事は、同じ間打席にも立てていない事も意味しており、つまりこちらの野手も東にても足も出ずに回が進んでしまっていました。
ようやく東を捉えたのは8回裏でした。 先頭の阿部がヒットで出塁し(代走若林)、続くゲレーロが左中間の深いところにタイムリーヒットを放ち1点を返しました。 ここで打ったゲレーロが2塁ベースを蹴って3塁まで到達します。加速は遅いですがスピードに乗れば速いタイプのようで、ゲレーロの意外な一面を知れた気がします。足の速い選手でも左中間スリーベースは中々お目にかかりませんからね。
しかしこれに気を良くしたのか、続く増田がセンターほぼ定位置にフライを上げた際、サードからタッチアップを試みました。これはさすがに無謀だろうと思ったらやっぱり余裕のアウトでした。送球が逸れてたらワンチャンスあったかもしれませんけどね。それにしてもゲレーロのスライディングが上手かったです。亡命前に身につけた技術でしょうか。
結局東は8回の1失点のみで終わり、88球の被安打4でマウンドを後にしました。 このパフォーマンスにも関わらず…

【中7-4巨】自ら手放したマジック【ナゴヤドーム】

前回の先発で見限られたと思っていたら、この試合で再度チャンスを貰えたヤングマン。しかしやはり目を見張るものはなく、味方のエラーもあって7失点で3回降板でした。その後をリリーフが無失点リレーしただけに、勝てた試合を先発の選択で落とした感は否めないです。
・ヤングマン何も残せず
・守備ミスからの失点 ・中川復活の三者三振 ・田中俊太マルチ&2得点 ・マジックお預け

本当になぜ再チャンスを与えられたのか不明なヤングマン。またも2軍での成績が良いからという理由で呼ばれたようで、今回もまた前回と変わらないパフォーマンスで打ち込まれました。 とにかく変化球がカーブだけっていうのがもうダメです。そのカーブもオリックスのディクソンのような速くて鋭いカーブだったらまだ良いんですが、ゆっくり大きく曲がるカーブでは追い込んでから空振りが取れません。
さすがにもう1軍に呼ばれる事も無いでしょうし、2軍ですら投げさせられる事もないかもしれません。 万に一つも無いでしょうが、来年育成契約して2軍でみっちり育てる素材としては、まだ見る所はあるかもと思います。長身でストレートにクセがあるのは天性の物ですし、本人の性格の評判も良いですし。そのストレートを活かす変化球を身に付けさえすれば、輝けるんじゃないかと個人的には思います。
しかしこの試合の敗戦はヤングマンのせいだけではなく、守備にも綻びがありました。 1回裏、1点を先制されてなおも一死1・3塁の状況。打席の高橋周平を三振で討ち取るも、1塁走者のビシエドがスタートを切っていました。フルカウントだったのでランエンドヒットでしょう。キャッチャー大城が送球するもセーフ、ビシエドは意外と足が速いんです。ここで3塁走者の福田が中途半端に飛び出していて、ボールを受けた坂本がそれを見てサードへ送球します。しかしこれが悪送球となって、サードの岡本が止められず後逸してランナーがそれぞれ進塁し、2点目を与えました。
3回にはセカンドの若林が何て事はない打球をファンブルして先頭の大島を出塁させ、そのためにツーアウトでビシエドまでまわってしまい、結果ツーランホームランを打たれてしまいました。 4回にはヤングマン自身も暴投で1塁ランナーを3塁まで進めてしまい、さらにはゲレーロがクッションボールの処理を誤って走者をホームに返してしまったりと、実に散々でした。
悪い事ばかりというわ…

【中2-5巨】粘投と拙攻で勝ち越し【ナゴヤドーム】

エース菅野は中6日の前回登板と比べると今一つな内容でしたが、相手の拙攻に助けられた面もあり1失点。対してこちらはタイムリーと本塁打で着々と得点を重ねて差をつけ、カード勝ち越しを決める6連勝です^^
・日曜とほぼ同じオーダー ・左が苦手の亀井 ・丸岡本2連猛打賞 ・阿部ゲレ連発
・菅野打たせて取って10勝目
・京田暴走
この日のスタメンは、阪神ガルシアと対戦した日曜日の時とほぼ同じ陣容でした。 前の試合に勝ったものの、左腕の大野の前に2安打だった事もあり、同じく左腕の小笠原に対しては、ガルシアを打ち崩したオーダーで挑もうという狙いなのでは思います。
日曜からの変更点が1つあり、1番バッターには陽ではなく亀井が選ばれました。 しかし亀井はジョンソン、高橋遥人、大野雄大と、直近の先発左腕からはヒットを打てていませんでした。この試合に勝つための変更だとしたら、得策だったかどうかは微妙なところです。
結果として亀井はこの日も無安打に終わり、打率がとうとう3割を切ってしまいました。 左右別打率を見たところ、対右は.331なのと比べて、対左は.220と1割以上の開きがあり、左腕を苦手にしていると見て良いでしょう。
しかしこの試合は3番4番が連動して活躍したおかげで、亀井の出塁が無くとも得点はしっかりできました。 3番丸がヒットで出塁し、それに4番岡本が続いてヒットを放つ事3回。内2回はタイムリーで岡本の2打点となり、3回目も次の若林のタイムリーへと繋がったため、計3得点に絡む働きをしてくれました。
チーム5得点のうちの残り2点は、6回の阿部・ゲレーロの連続ソロホームランでした。 6回時点では2-1と1点差のリードだったためこの2本の本塁打は貴重な追加点で、先発小笠原を降板させるダメージの大きいものとなりました。 特に広いナゴヤドームでもホームランを打てる40歳の阿部は、まだまだ頼れる戦力である事を証明してくれましたね。
この日の先発菅野は前回よりも変化球を多投しますが、空振りを中々とれず、球数が嵩んでしまう中々苦しいピッチングでした。 そんす菅野に手を差し伸べたのが中日打線で、ヒットは打っても単打、あとは引っ掻けて二遊間へのゴロを量産するという展開でした。 結果ヒットを8本打って7回まで1得点と中々の拙攻ぶりに助けらた菅野は、123球を費やしてリリーフにマウンドを託しました。 四球が…

【中1-2巨】3安打で勝つ【ナゴヤドーム】

先月は2桁安打しても敗北とか結構あったんですけどね。まさかの3安打で勝利して5連勝です^^
・丸久々のヒットがタイムリー
・ダブルスチール成功 ・ツーラン犠打 ・3~8回まで出塁無し ・亀井超ファインプレー ・またも継投で逃げ切る
初回中日先発大野の立ち上がりを攻め、ツーベースで出塁した坂本を丸が初球を打ち返して鮮やかに先制点を上げます。やはり休養をはさんで調子を取り戻してくれたみたいですね。
続く岡本が四球で一死1・2塁。5番のゲレーロはライトフライに倒れるも丸が3塁まで進んで二死1・3塁の状況となります。 6番大城の打席の3球目、1塁の岡本がスタートを切り、キャッチャー加藤が自慢の強肩で二塁へ送球します。しかしこれは囮で、本命は3塁の丸のホームスチールでした。まんまと2点目を獲得し0-2と好投手大野からリードを奪います。
この重盗は普段の試合からよくやっているのですが、大体1塁ランナーは無視される事が多いので、ホームを陥れたのは久々な気がします。 ツーアウトという事もあって、加藤は岡本を刺してチェンジにしたかったのでしょうが、岡本もわざとスピードを緩めて挟まれるつもりで走っていました。二塁へ投げた時点で罠にかかっていましたね。
次の2回にも仕掛けをします。 ワンアウトから8番増田が四球で出塁すると、9番のメルセデスが送りバントを決めます。しかし増田はファーストへボールが送られる間に2塁を蹴ってさらに3塁まで到達。ファーストがサードへ送球するも捕球できずにセーフとなります。 残念ながら得点には結び付きませんでしたが、序盤から積極的に足を絡めて攻略する姿勢を見せました。
結果から見ると序盤に仕掛ける戦略は成功でした。 3回以降、巨人打線は大野の前に出塁すらできず、スコアボードに淡々と0が並ぶ展開になります。 再び出塁したのは9回になってからとなり、中日3人目の三ツ間から丸がこの日マルチ安打となるヒットを放ちました。ヒットはこの丸の2本と坂本の1本のみ。四球も中日3投手から3つしか奪えず、ほぼほぼ抑え込まれた内容でした。 どう考えても負け試合のはずなんですけどね。
そんな2得点のみで勝利できたのは投手陣の踏ん張りのお陰でした。 メルセデスもまた立ち上がりが悪く、初回に無死満塁のピンチを迎えます。しかし、ここを4番ビシエドの犠牲フライの1点のみで抑えて切り抜けます。 …

【巨6-3神】増田(大)活躍【東京ドーム】

日中は2軍の方を見に行っていて(1-1の延長引き分け)、1軍の方はながら見という感じでした。 良いところで点が入って継投で逃げ切ってと、理想的な展開で3タテ達成です^^
・若林お休み阿部出場 ・増田走攻守で躍動 ・岡本特大23号 ・ゲレーロダメ押し打 ・23打席連続無安打丸 ・両先発変化球難 ・4番マルテに代打ソラーテ
スタメンは増田を起用する事は予想していたのですが、左のガルシアが先発にも関わらずファーストに阿部、サードに岡本という布陣を敷き、若林が久々にスタメンを外れるという少し意外な起用でした。
阿部を使う事か若林を休ませる事か、どちらに重きを置いた決断なのかは定かではないですが、阿部が前日に引き続きマルチ安打を達成したので起用は成功したといったところでしょう。
それ以上に目立っていたのが7番セカンドで抜擢された増田で、走攻守、全てで活躍してくれました。
まずは4回、一死1・3塁の状況からレフトオーバーの2点タイムリースリーベースを放ち先制点を上げます。 6回の第3打席には四球で出塁すると、初球から2盗を決め、2球目で早くも3盗を決め、ノーヒットで3塁まで進みました。驚異の脚力です。 守っては10個の打球を処理し、エラーを1つ出しますが広い守備範囲とスムーズなフィールディングでピッチャーを盛り立てました。 こうしたパフォーマンスをコンスタントに出せるのであれば、若林を脅かす存在になれるはずです。今後も期待しています。
そして岡本が4試合連続の打点となる、第23号の特大ホームランを5回に放ちました。もういい加減復活したと言って良いでしょう。去年も今頃から固め打ちをしていたと記憶しているので、今までの分を取り返すべくガンガンかっ飛ばしていって欲しいですね。
また2点とられた7回、その裏の二死1・2塁でまたもゲレーロが良い場面でタイムリーツーベースを放って、点差を離す活躍を見せてくれました。この人は本当人が変わったように打ちまくってますね。 最近他チームの某外国人選手に何かありましたが、ゲレーロは何もしてないよなと心配になるくらいです。状態イイネって変な意味ないですよね(笑)
そんな好調な打線の中、丸がこの日もノーヒットで23打席連続となってしまいました。 最近10試合の打率は.167。四球を11個取っているお陰で出塁率は.362とそこそこをキープしているようです…

【巨4-2神】地味だけどネタの多かった試合【東京ドーム】

2試合連続の現地観戦でまたも勝利。西と投げ合った高橋は成長曲線に乗ったように見えて、次の登板が楽しみになりました。
・高橋ストレートが走る ・三盗を2回される ・坂本先制弾 ・ゲレーロ亡命後初バント
・ゲレーロ確信二塁打 ・満塁男若林(2打席) ・福留やっぱり打つ ・19打席無安打の丸
この試合の先発高橋は大城とバッテリーを組み、6回まで阪神先発の西との投げ合いを続けました。 ストレートの速度と精度が向上していて、最速は149km/hで高めに抜けるボールが減っていました。この試合はストレートを軸に組み立てているようでした。 そのためか、持ち球のスクリューの精度の悪さが目立ってしまいます。精度が低いと勝負どころで使えないので、次はこちらのレベルアップに取り組んで欲しいですね。
あと気になったのが、三盗を近本と梅野の2人に決められた事です。 両方ともスクリューを投げた時に走られていて、速度と変化方向的にキャッチャーがサードへ投げづらい球種です。クセを見つけらてるか、サインが読まれてる可能性も考えられます。 あとは高橋も田口や今村のように、投げるタイミングを工夫すると三盗対策になるかもしれないですね。
相手の先発西の方は、いつも通り色んな球種を駆使してコントロール良く巨人打線を翻弄してくれました。 しかし点を取れない訳じゃないのもいつも通りで、初回に坂本が左中間スタンドへ32号の先制弾を叩き込みます。 そして点を取られないのもいつも通りで、両投手が投げ合っている間は、その1点のみのいわゆるスミ1のまま7回までゲームは進みます。
途中6回裏に無死1・2塁のチャンスで打席にゲレーロの場面があり、やらせるだろうなと思ったら案の定送りバントをさせました。 3塁がフォースプレーになるのでバントを決めるのが難しい場面でしたが、初球で打球を殺す最高の送りバントを決めてくれました。(後続は倒れますが) 試合後のコメントで、キューバにいた頃は経験があるけれど、亡命後では初めてのバントだそうです。スケールが大きすぎます。
7回からはピッチャーが澤村に代わります。 スプリットで空振りを狙わず、ストレートでグイグイ押してく投球で、打者三人を難なく討ち取りました。
その裏阪神もピッチャーが代わり、巨人キラーの40歳能見がマウンドへ。 しかしこの日の能見は冴えが無く、先頭の亀井に二塁打を許すと、連続…

【巨2-1神】桜井力投と岡本一撃、勝利に繋いだリリーフ陣【東京ドーム】

連戦後の移動試合でお疲れモードの中、投手陣の踏ん張りと4番の一振りで勝利しました^^
・台風一過の移動試合 ・セカンド増田サード若林 ・4番の逆転弾 ・桜井自己最多125球 ・東京ドーム福留.571 ・高木を打席に
・4連投大竹 ・守護神デラロサ
台風の影響で前日は広島で足止めとなり、午前中に移動してそのまま試合に臨むハードスケジュールでした。 広島とも連日10時をまわる熱闘だったので、野手とリリーフ陣は相当疲れが溜まっていたと思います。
久々に公示があり、戸根が左肘痛で離脱して代わりに藤岡が召集されました。個人的には池田が呼ばれないのが不思議でしょうがないですね。 そして中川はこの日もベンチ外。抹消されてないだけ希望はありますが、だからこそどういう状況なのか気になります。
そしてスタメンにも変更が。セカンドに増田が入り、若林はサードにまわりました。 若林は守備でのミスが目立ってましたし、僅差になりやすい阪神戦なので守備範囲の狭いサードにまわすのは妥当かなと思います。 増田はようやくチャンスを貰えたという感じで、萎縮せずに持ち味を出して暴れて欲しいです。
試合は先発桜井がピリッとしない立ち上がりで、初回にヒットと四球で一死満塁のピンチを作ります。 ここで5番のソラーテが最低限の犠牲フライで先制。しかし6番に入った大山は抑えて桜井はこの回を最小失点で切り抜けました。
対して阪神は左腕の高橋遥人。亜細亜大学の出身で、ご多分に漏れずツーシームが武器の一つです。それとカットボールで内外の出し入れをベースに強気に攻めてきます。 移動疲れのある打線という事もあってか完全にペースを握られ、4回まで40球近くの省エネピッチングで完封されてしまうのではないかと思えました。
しかしここで岡本が、試合の流れを一変させる一撃を放ちます。 4回裏、ヒットで出塁した坂本を1塁に置いて、2球目のストレートを弾き返してライトスタンドへ。22本目となる本塁打は価千金の逆転弾となりました。
結果から振り返ると、この試合ではチームでヒット4本しか出ず、その内の2本がここで出て、しかも1本は逆転の本塁打とあり、7月上旬の勝てるチームの状態に近づいてる感じがしました。
桜井は5回で早くも球数が100球を越えるピッチングながら、粘り強く投げていました。 5回裏に打席が回った際、1点差だったので代打を出される…