スキップしてメイン コンテンツに移動

【広2-5巨】逃げ切りで初勝利【マツダスタジアム】

先発完投か打線爆発でしか勝つ可能性は無いと勝手に思ってたのですが、まさかのリリーフ成功で逃げ切り初勝利です^^

打撃に関してはゲレーロ様々の一言につきます。
今年はボールをよく見て引き付けてから打っている印象で、コンタクト力が上がってタイムリーに繋がった気がします。
オープン戦ではよく見すぎて見逃し三振するシーンが目につきましたが、その取り組みが実を結んだようです。
陽の調子もまだ良いので、当面はこの5番6番で良いんじゃないでしょうか。

先発したヤングマンは前回と変わらず制球が安定していない印象でしたが、カーブを見せ球に動くストレートでうまく打たせてとれてました。
この内容なら次回も登板させて良いような気がしますが、外国人枠や先発ローテの運用方法の絡みがあるのでどうなんでしょう。明日の公示に注目です。

さてリリーフ陣ですが、光夫は要追試で、大江との比較になるのかなと思います。
打者毎で投球内容にばらつきがあって、信用おけない印象です。

そこいくと、8回の中川はオープン戦から引き続き安定していて完璧でした。
三振がとれるタイプではないですが、ストライク先行でテンポ良く、球威もそこそこあって、ランナーが出てからも変わった様子なく投げられていました。
当面は8回は彼で良いんじゃないでしょうか。

9回クックはまだよく分からないです。
対戦したのが下位打線なのと、そこを相手に三振をとれない事が、抑えとしてはどうにも物足りない気がします。
内野ゴロ3つで締めましたが、力でねじ伏せたというより、当たり損ないのような打球だったので、これがどこまで通用するか引き続き見守る感じです。

カープの方では、2人の初対戦のピッチャーが出てきました。
一人目のレグナルトは、オープン戦情報では奪三振率がヤバイとか、強化版フランスアとか、かなり良い投手というのは聞いてました。けどこの試合では彼の武器らしいカーブが全く入らず、何か頑張って投げてたなという印象しか残りませんでした。

2人目は大卒ルーキーの島内。
左打者に対して投げにくいのか、俊太、尚輝、丸に四球を与えて見所を感じさせないピッチングでした。
けれど右打者になったとたん、アウトローの良いところにストレートが決まって、見違えるような投球で岡本と陽を抑えました。素質はありそうなので、使い方次第では厄介な投手に成長するかもしれません。

この島内が登板している時に坂本が送りバントするシーンがありました。その采配の是非はともかく、一発で完璧に決めた彼の実力には驚かされました。坂本って本当何でもできるなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ