スキップしてメイン コンテンツに移動

【西2ー13巨】現地観戦で大勝【メットライフドーム】

現地観戦したこの試合、グラウンド間近の席だったのですが、ここのマウンドが低すぎて笑えました。たぶん土の色が無ければどこが盛り上がっているのか分からないほどです。
さて結果の方は相手の開幕投手をKOしてしまうほど打ち込み、特に坂本・岡本が完璧に多和田をとらえて、開幕に向けて調子を上げさせてもらえました。
打線の他の面では、亀井・陽と、中島・田中俊太を同時起用と、まるで今日の結果で良い方を開幕で使う、というメッセージがありそうなスタメンでした。
結果は、亀井2安打vs陽1本塁打3打点、中島1安打vs田中ノーヒットとなり、私見では亀井・中島に軍配かなと思います。
先発6番手争いの方ですが、連打や四球でランナーを再三ためた高橋でしたがホームは許さず、失点は山川・森のソロホームラン2点のみ。
ただ凡打に抑えた当たりも捉えられたりしてたので、昨日の畠と比べるとどっちが当確かは微妙なところです。
6回裏にツーアウトをとってから交代させられたので、ひょっとしたらローテ当確で、早く休ませるためにさげた可能性があります。
実際スクリューが決まりだしてからはヒットをそんなに打たれていないし、巧打者秋山がスクリューを苦手にしているような印象だったので、左打者の多い阪神にぶつけてみるのかもしれません。
また、3番手に上がった戸根が快投を見せ、源田・秋山を討ち取ったのは見事でした。
球速は150kmを記録し、秋山のバットを真っ二つに折ったりしたので、球威は折り紙つきだと思います。
右の山川の所で代えられたので、彼は左のワンポイントということで当確でしょう。
大差がついた事もあってか、今日は途中から大城がファーストにつきました。おそらく手薄なポジションなので緊急時のオプションとして試しただけでしょう。
最後は大江が登板しましたが、連打でつかまってしまい、失点こそしなかったですが抑えとしては微妙な結果に終わりました。
この役割を決めるのはまだ難しい段階だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ