スキップしてメイン コンテンツに移動

[巨2ー3日] イ・リーグ開幕、3度の好機をふいに [ジャイアンツ球場]

イースタンリーグが一足先に開幕しました。
今年はジャイアンツライブストリーム(GLS)で結構配信してくれるみたいなので、2軍の試合もできるかぎりチェックしたいと思ってます。

投手陣も大崩れせずヒットもそこそこ出たのですが、3度のチャンスを不運とミスと相手の好守で潰されました。

1度目のチャンスは4回裏ノーアウト1・2塁でした。
バッター岸田の当たりがサード正面へ飛び、サードがベースを踏んで、そこから5-4-3とトリプルプレーが成立していまい、一瞬でチェンジ。

2度目のチャンスは7回裏ワンアウト1・2塁、1点差を追う場面でバッターは育成2年目の笠井。あえなく三振してしまいますが、キャッチャーがボールをこぼします。そこで1塁走者の岸田が二塁へ進んでしまい、2塁走者の若林が押し出されて3塁との間で挟まれてタッチアウトでチェンジ。
若林がエンドランかダブルスチールのサインを見逃していた可能性も無くはないですが、恐らく岸田が笠井の振り逃げだと勘違いして走ってしまったのだと思います。
ちなみに振り逃げが発生するのは、1塁にランナーがいない場合もしくはツーアウトの時です。
岸田はこの前に送りバントも失敗してるので大分評価を下げたと思います。

3度目は8回裏1アウト2塁。1打同点の場面で、バッター重信の当たりはライト前へ。
2塁ランナーは足の速い松原なので迷わず3塁を蹴ってホームへ向かいます。
しかしライトの万波がキャッチャーにノーバウンド送球しタッチアウト。万波肩強すぎです。

攻撃では散々でしたが、先発のヤングマンは立ち上がりは悪かったですが徐々にペースを掴んでいったので、あと1回投げれば調整しきれるんじゃないかと思いました。
寒い時にやたらと息を手に吹き掛ける仕草が気になります。

2人目にアダメスが上がったのですが、出来が良かったのでオープン戦の間に1軍で投げさせて欲しいと思いました。
今年から2段モーションにしたようで、そのお陰か(変化球は別ですが)課題のコントロールが良くなってます。球威も衰えておらず、右打者にはインコースのストレート、左打者にはフロントドアのツーシムが効いてました。
被安打3で失点こそしましたが、クリーンヒットは1本だけで、何より2回を投げて四球を出さなかったのが素晴らしいです。

日本ハムの選手では、キャッチャーの高卒3年目の郡拓也が印象的だったので名前を覚えました。
肩は強くないのですが、逆に自分が盗塁を決められるほどの脚力があり、ヤングマンから2本長打を放ってますので、バッティングセンスもありました。
守ってる時のフィールドでの立ち振舞いにも、若いとは思えない冷静さを感じたので、コンバートせずこのまま捕手で育てて欲しいなと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ