スキップしてメイン コンテンツに移動

【ソ3-4巨】セ・パ両雄投げ合いからの…【ヤフオク!ドーム】

色んな面でドキドキハラハラが多い試合でした。

5回までは両先発がパーフェクトピッチング。前回登板から比べると鬼に金棒、管野に小林といった事でしょうか。いつもの管野で逆に特筆する事もない感じでした。

圧巻だったのは相対した千賀。
制球された150キロ台後半の直球を軸に、スライダー・カーブの緩急と伝家の宝刀フォークで的を絞らせない投球でした。
今日2番に入った坂本が、1打席目に意識して粘ったのですが、それでもヒットも四球も選べず凡退。ヤバすぎる出来です。

どちらが先にランナーを出すのか、緊迫した展開が6回裏まで続いたのですが、原監督がここでその流れをガン無視して亀井、俊太、ビヤ、マルちゃんを守備から投入します。まぁオープン戦なんでってのはありますが、次の表の攻撃で代えても良かったのではと思いました。

案の定サードに入ったビヤヌエバがボテボテのゴロを処理できずヒットの記録に。ショートに任せても良かったのでは、という当たりでした。
次の打球もサード前に転がり、なんの変哲もないゴロだったのですが、送球の判断に迷って投げられず、これまたヒットに。
完全試合ペースが一転、ノーアウト1・3塁のピンチとなりました。

また3塁に転がされたら嫌だな、とヒヤヒヤな展開の中、甲斐・上林を抑えて、次の今宮が捉えた鋭い打球は三遊間へ。残念そこはビヤヌエバ、とばかりにナイススライディングキャッチを決め、華麗にファーストへ送球。それは捕るんだ(笑)
劇場型サードという新たな言葉が生まれた瞬間です。

その後千賀のパーフェクトも丸の内野安打で打ち砕かれ、先発同士の投げ合いは0-0のまま7回表で幕を閉じました。
7回裏にホークスの攻撃で謎のダブルプレーとかありましたが割愛します。

8回表、吉川大機が好走塁して暴走してワンアウトになった後(笑)、ホークス嘉弥真のコントロールが安定せず連続四球で満塁のチャンス。
ここで守備から入ってたマルちゃんがピッチャー強襲の内野安打を放ち、先制点がやっと生まれます。

その後投手が川原に変わりますが、暴投で2-0となり、ワンアウト2・3塁とチャンスは続きます。
ここで打者小林がスクイズ。ホークスは完全に無警戒だったので、3塁走者ゲレーロは楽々ホームイン。さらに1塁送球の間に2塁走者のマルティネスも帰って4ー0。
この回ヒット1本しか打ってないのに4点とれました。

その裏、管理人がこの遠征に帯同していた事を全く知らなかったクックが登板します。
が、いきなりストレートの四球を与え、次の松田に直球を捉えられ、逆方向へのツーランホームランとなりました。
その後もヒット・死球とアウトを1つもとれず目を覆いたくなる展開が続きます。

ただ次の上林が送りバントをしてくれてアウトを1つもらえました。彼はオープン戦ずっと不調らしいですが、それ故の愚策でしょうか。
しかしまだワンアウト2・3塁と1打同点の状況です。続くバッター西田はライトへ最低限の犠牲フライを放ち4-3。
ところが残った走者の高谷が2・3塁間で挟まれて走塁死。相手の拙攻のおかげで逆転されずに済みました。

両チームのエースが退いてからは、高校野球みたいな展開が続きましたが、最後はホークスは森、巨人は吉川がそれぞれ3人で締めてゲームセット。
この感じだと今のところの抑え第1候補は光夫になると思います。

今日でオープン戦前半戦が終了しました。
日・月はマリナーズ相手の練習試合となりますが、そこ以外では今シーズンの1軍の起用法が見えてくる試合になると思いますので楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ