スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨5-8ロ】このままじゃ守りきれない【東京ドーム】


ライトスタンドから見届けたこの試合、投打で明暗が分かれた内容でした。
打つ方では陽が2ホーマー、尚輝がマルチ、大城が代打できっちりクリーンヒット、ついでにビヤヌエバが2軍からあがってきてそくヒットを打ちました。
ビヤは明日も結果が出せれば開幕1軍滑り込みとなるんでしょう。
今年は全体的に打線に繋がりがあるような気がします。ただクリーンアップで返せていない場面がが目立つので、そこは開幕したら安心させて欲しいところです。
3番バッターになると打てなくなる呪いでもあるんでしょうか?
さて問題はピッチャーの方ですが、先発の菅野は調子は良くなかったようですが、まぁこんなもので良いんじゃないかな、という出来でした。
ヤングマンも3回を投げましたが、菅野と同じ失点1でもこちらは心配になるような内容です。
カーブの制球が悪く、カウントを作れない苦しい投球で、長いイニングを投げさせてたら大崩れしたんじゃないかと思わせました。
リリーフ陣はもっと悲観的になる内容です。
今年1軍初登板の上原は、出てきて早々簡単に連打で1点を失います。後続は抑えましたが追試をしたくなる結果でした。
クックは相変わらず何が良いのか分からない投手で、140キロ後半のコントロールの悪いパワーピッチャーが、何とか運良く1失点で抑えられているだけにしか見えません。とても大事な状況は任せられないです。
この試合1番の不安材料は吉川光夫。
1回37球5安打4失点、ストレートが走っていない感じで、失投も多くサンドバッグ状態でした。
ムラが出るとこんなに容易く打たれるようでは、抑えなど到底無理でしょう。
明日は坂本工、中川、宮國あたりが試されるのでしょうか。
方程式がとりあえずの形でも見えるようになるゲームにして欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ