スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨6-3日】埋まってきたピース【甲府】

埋まっていない枠は、野手は2つ、先発が1つ。

ライトの枠に関しては、日ハムの先発が左ということで、この試合では陽が起用されました。けれどこの試合では良いところを見せられませんでした。
この枠の筆頭は現状亀井なのですが、年齢の面もあるので下からの突き上げが欲しいところです。

その期待株の松原は守備が雑な印象があるので、そこさえ良くなれば1軍で我慢して使ってもらえると思ってます。
私は密かに育成の加藤に期待を寄せてますが。

野手のもう1枠は、ポジションというより岡本の余り枠です。ファーストかサード。
サードを岡本にするなら、ファーストが中島しかおらず、ライトと似たような状況です。

ここの期待株は和田だったのですが、売りの打撃が1軍に来るとさっぱりで、さらに今は2軍でも調子が上がっていません。
代わりに2軍では北村が打撃の内容が良いですが、チャンスをつかむにはまだ実績を積む時間が必要だと思います。

岡本をファーストで起用する場合。ここがこの試合でテストされました。
サードのスタメンは以前の投稿で示唆した通り、吉川大機にチャンスが与えられました。
が、守備ではエラー、打撃では結果以前に今まで見せてた思い切りの良さや、粘って出塁するといった気概が、残念ながら見えませんでした。

6回からはサードが田中俊太に代わり、その直後の打席でヒットで出塁すると盗塁も決めました。相変わらずの安定感。
ファースト岡本の場合は、サードは彼で決まりでしょう。

相手投手の左右で、中島+岡本か岡本+田中俊太を起用する事になるのだと思います。
まぁビヤ何とかさんが期待通りならこんな事にはならなかったんですけどね。
夢の国イースタンリーグでじっくり調整してください。

先発6人目の座の方は、畠がこの試合で試されました。
結果は6回被安打7奪三振6失点3、四球は出さなかったのですが球数が106と多めです。
見ていて投球の軸が定まっていないような印象で、キャッチャー小林が畠の活かし方を模索しているような感じがします。
3回に失点してからは、ストレートからスライダーに軸を変えていました。
私は畠の特徴は、高めのストレートで空振りをとれる所だと思っているので、是非そこを活かして欲しいです。

畠の結果は及第点で、次の試合で高橋が投げると思うので、彼がまとまったピッチングができるかどうかで6人目が決まると思います。
現状では畠に分がある感じですが、ルーキーは1試合で化ける可能性もあるので楽しみです。

今回は触れていない所でまだ固まっていない部分はありますが、私は捕手・リリーフ共にオープン戦では決着つかず、シーズン始まってからも色々試すのだと思ってます。

ブログランキング・にほんブログ村へ