スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨6-4ロ】オープン戦終了【東京ドーム】


平成最後のオープン戦となったこの試合、自由席券片手に長蛇の列に並んだ介もあり、無事勝利で飾ることができました。
不調だった丸にホームランが出て、尚輝・俊太・大城の若手3人はマルチ安打と好調をキープしています。
特に田中俊太は転がってきたチャンスをがっちり掴んだ形で、開幕スタメンサードは決まりでしょう。
その対抗馬になってしまったビヤヌエバは、ようやくそのパワーを見せつける本塁打を放ちましたが、それ以外の打席の内容が良くないので、状況は変わらないでしょう。
心残りは、私が期待していた坂本工宜がボコボコに打たれた事です。
やはりストレートを活かせる変化球が無いのが仇になったようで、速球を狙い打ちされてました。
試合後に2軍行きを言い渡されたようですが、変わらず期待は寄せているので、じっくり自分の武器に磨きをかけて戻ってきてほしいです。
同じく上原が2軍行きを言い渡されたようですが、球威がなくて危なっかしいピッチングは去年のそれと変わってないように見えました。
これが去年よりもパワーアップしてないと使わないよという意味合いなら、ベテランにはかなり厳しい条件かなと思います。
この試合の最終回はクックが任され、四球こそ出しましたがヒットは打たれず無難に終えました。
この試合の投球でスライダーが彼の武器な事は分かりましたが、抑えを任せるにはまだ心許ない印象です。
けれど今日の感じだと、開幕時点ではクックを抑えで使うのだろうと思います。
オープン戦が終了して、補強した分の半分はようやく機能し始めたのかなと思います。
けれどそれ以上にリリーフ事情が深刻になり、原巨人が現有戦力でどう4月を乗りきるか、不安ですが楽しみでもあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ