スキップしてメイン コンテンツに移動

【ヤ7-8巨】ヤクルトにはプラス、ウチはマイナスの判断材料【神宮】

ヤングマンが投げると思ってましたが彼はイースタンの方で、今日は高田にチャンスが与えられました。
しかしボールが安定せず、被安打こそ2本ですが印象は良くないです。特にスライダーを多投した割に思うところに投げられていませんでした。
雄平を三振にとった縦スライダーは良かったと思ったのですが、その1球しか投げていないのは何か理由があるのかと気になります。
他のメンバーに何もないかぎり開幕は2軍でしょう。
ヤクルトの先発はシュートが売りの原樹里でしたが、2年目のキャッチャー松本と組んだせいなのか、コントロールが定まらず四死球が絡んで満塁本塁打を含む7失点でした。
ただアウトはほとんどゴロでとっていたので、本来の持ち味は健在なので今年も油断できない相手です。
今日個人的にヤクルトが最大の収穫だっただろうなと思うのは、6回からマウンドに上がった高卒4年目の左腕高橋奎二です。(投球フォームから左のライアンと呼ばれているらしい)
キレのあるストレートと、それを活かすチェンジアップとカーブの緩急で4回を1失点、四球も1つと、ストライクゾーンでテンポよく勝負してきます。
左打者より右打者が得意なタイプで、ウチにとっては厄介な相手になりそうです。
対してウチの先発以降の投手陣ですが、あまりパッとしません。
クックは今日も登板したのですが、やはり何が魅力なのか今のところよく分からないです。相手の打ち損じのおかげで無失点で済んだ内容でした。
田原、桜井、野上に関してはパッとせず使いどころが見えません。今年も1.5軍枠でしょうか。
見どころだったのは、9回裏8-6,1アウト3塁の場面で吉川光夫が投入された場面です。
抑えのテストとしては好条件なので、ベンチは良い判断だなと思いました。
結果は失点でみれば犠牲フライの1点で抑えたのですが、ツーアウトになってから打者2人に粘られて四球をだしてしまい、1・2塁の場面を作ってしまいます。(次の打者は抑えましたが)
前回の投稿で懸念した通り、僅差で相手が粘るであろう場面では、決め球の変化球やゴリ押しできる速球がない光夫にはキツイ役回りかなと改めて思いました。
投球の質自体は悪くないと思うので、使うならランナーのいない7回か8回かといったところでしょう。
となると上原・アダメス・谷岡あたりも試して、抑えを誰にするか判断材料を早く集めた方が良いと思います。消去法でしか決められない現状が悲しいですが。
打つ方では坂本に1発が出て安心しました。2番に置いてるのは調子の悪い岡本と打順を離す狙いだと思います。その岡本も四球は選べているので、ボールは見えているはずだと信じましょう。
外国人野手の方はゲレーロに長打が出たので、こちらも消去法的で悲しいですが、彼で決まりでしょう。ビヤヌエバは打点こそあげましたが当たりは良くなかったので。
あとここ最近吉川大幾のバッティングが良くなってるのが地味に好印象です。
ヤクルトの打つ方では塩見が打って走って大活躍でした。
去年は青木が離脱した時のヤクルト打線はかなりパワーダウンしていましたが、代わりにこの選手が1番に入ったら足でかき回されそうで、嫌な存在になりそうです。
村上にホームランが出ましたが、それよりもツーストライク後の彼のスイングが中途半端になりがちなのが気になりました。ファウルを適当に打たせてツーストライクにし、最後はコースギリギリに投げれば討ち取れちゃうんじゃないかと。まぁそれができる投手が何人いるかという話はありますが。
明日からはマリナーズとの練習試合2連戦になりますが、この試合をどういう風に活用するのか、原監督の手腕に期待です。

ブログランキング・にほんブログ村へ