スキップしてメイン コンテンツに移動

【ソ2ー4巨】順調とそうじゃない人【北九州市民球場】

ホークスの先発は育成出身左腕の大竹。
独特のフォームで球の出所が見にくいようで、上位打線がタイミングを取りづらそうに見えました。
3回に下位打線から3連打で満塁のチャンスをつくれたのですが、坂本凡退、丸四球、岡本三振と1点だけしかもぎ取れず不満が残りました。

こちらの先発は山口俊。今日はフォームにこだわっている様子で、度々本人が口にする脱力投法を意識して投げているようでした。
その結果、コントロールは多少アバウトでしたが、ボールに球威やキレがあり、堂々たるピッチングで順調に仕上がっている感じでした。
今日のホークスは左バッターが多かったので、ひょっとして誰かの時みたいにデッドボールを多少警戒されていたのかな?とも思いました。

今日のホークスは大竹が4回まで投げて、それ以降はマシンガン継投さながらの細かい投手起用でした。その中でドラ1の甲斐野が投じた失投をゲレーロが見逃さずに振り抜いてツーランホームラン。これが決勝点となりました。
外国人枠争いの方はゲレーロは今日もまた1歩ビヤヌエバに差をつけた感じです。すでにビヤの今後は抑え候補のクックの出来にかかっている気がします。
ところでなぜクックは遠征に帯同しないのか気になるところです。何か弱点が見つかって、密かに修正でもしているのでしょうか?

リリーフ陣容でいえば、吉川光夫・大江が今日も危なげなく抑えていました。そろそろ連投をして球威やキレに影響がないかテストして欲しいです。

最後に、山本が今日もエラー。折角バッティングで粘るスタイルを確立できているのに、守備でやらかして勿体ないです。今年もジャイアンツ球場でよく見る事になるのでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ