スキップしてメイン コンテンツに移動

【神0-3巨】完封リレーで勝利(色々あったけど)【甲子園】

ウチの攻撃の際に色々ありましたが、結果としてはメルセデスがテンポ良く投げきって、中川・クックと抑えて守り勝った試合だと思います。

相手先発の西はインコース責め、コーナーワーク、緩急と多彩な方法で的を絞らせず巨人打線を苦しめました。
守備で色々あったにも関わらず、動じずにマウンド捌きも常に堂々としていたので、敵ながら凄く良い投手だなと思いました。
すでにエースの風格すらあります。今後菅野との投手戦とか見てみたいですね。

対するこちらの先発メルセデスは、6回まで毎回ランナーを出しますが連打は許さず、持ち味の低めに集めるテンポの良いピッチングでゴロを量産しました。
結局打者3回りまで投げきり、7回108球被安打5与四死球3奪三振5失点0と上々の出来で2勝目をマークしました。

打線の方では、殊勲打は今日もセカンドで先発出場した山本のスリーベースでしょう。
苦戦していた西からゲレーロがツーベースで出塁。大城が倒れた後の初球を思いきり良く振り抜き、左中間を真っ二つにし貴重な追加点を上げました。
右の西が先発だったので、てっきり俊太がスタメンかと思っていましたが、予想が外れても結果が当たりなら文句ないです。

その俊太は代打の場面でやらかしてしまいます。ノーアウト1・2塁の場面でバントの構えを引いてストライクを見逃してしまい、バントすると思ってリードを大きくとっていた2塁の亀井が牽制でアウト。その後は結局三振で終わってしまい、俊太の打席でアウトが2つ増えてチャンスが潰れかけました。
幸い1塁ランナー重信の盗塁とバッテリーのミス2つで得点は入りましたが、俊太の評価はかなり下がったでしょう。
しばらくは左右に関係なく山本がセカンド固定で出場すると思います。

バントで言えば、8回に丸・ビヤと連続バントのシーンがありましたが、未だにここの意図が理解しきれません。
相手投手のジョンソンの攻略が難しいと踏んだのでしょうか?似たような場面の9回には重信にバントはさせてませんでしたし。
あとジョンソンがやけにビヤの胸元めがけて投げ込んでましたが、何かあったんでしょうかね(すっとぼけ)

事前の予想通りの投手戦を制し、3タテで阪神戦を終えました。裏でヤクルトが負けたため再び首位の座に返り咲き、気分の良い週明けとなりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ