スキップしてメイン コンテンツに移動

【ヤ0-9巨】中5日作戦を前に守護神が離脱。こうなったら…【神宮】

先発が効率良く長いイニング抑えるか、打線がバカスカ打てばええねん!を両方やってしまった試合でした。

試合前にクック離脱とい一報がありましたが、代わりの選手を上げてない事から現場でも予期せぬ事態だったのだろうと思います。
とりあえず今日の試合では不安材料も出なかったので、落ち着いて今後の対応を決められるのではないでしょうか。

試合はノーノーペースの山口が、球威のあるストレートを主体に、スライダー、カーブ、フォーク全ての球種を効果的に使い分けて、強力ヤクルト打線を8回まで1安打無失点に抑え込みました。初ヒットを打たれた後崩れなかった姿は本当に見ていて頼もしかったです。
球数は101球だったのですが、山田に申告敬遠してればもっと少なく済んだかもしれません(笑)

一方ヤクルト先発の原は、シュートとストレートは良かったのですが、スライダーのコントロールにバラ付きがあって、今一つな感じでした。
そんな原から、犠牲フライ、バッテリーエラー、亀井の技ありタイムリーと、コツコツ得点を重ねていき、回が進むにつれて両先発のコンディションの差が明確になっていくような展開でした。

ヤクルトは6回の時点で原を諦めて、何とか山口を打ち崩すべく代打に上田を送り、それが実を結んでヒットが生まれます。
ただし前述の通りそのヒット1本だけで終わってしまい、その後にマウンドに登ったリリーフ陣が打ち込まれてしまったので、結果から見たら1安打のために6失点の高い買い物になってしまいました。

1安打で言えば、ウチの打線でも2人話題があり、一人目は中島で、ようやくシーズン初ヒットを放ちました。正直神宮じゃなければどうだったかという打球に見えましたが、これを機に調子を上げてくれる事を願います。

二人目は増田で、こちらはプロ初安打初打点。ベンチが盛り上がっていたのが見ていて伝わりました。良い雰囲気です。
増田はこのあと走塁守備でもナイスプレーを見せていたので、誰かの代わりに落とされるような選手じゃない事をしっかりアピールできてたと思います。

明日はルーキー高橋の登板ですが、その前にクックの代わりに誰を上げるか、公示に注目したいと思ってます。アダメス来い。

ブログランキング・にほんブログ村へ