スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨1-3中】中日と戦ってる感じ【東京ドーム】

出だしは両投手パッとせず、高橋はいつもの通りなんですが、大野もまたボールが高めに浮いており、これは乱打戦になるのかなと思いました。
がしかし、終わってみれば2回以降スコアが動かない投手戦となり、やっぱり中日と戦うとこの感じだなぁという試合になりました。

相手の大野は崩れたのは初回だけで、2回以降は低めにボールが決まるようになり、コーナーの出し入れも巧みに使い、3、4、5、6回はパーフェクトに抑えられてしまいました。

7回裏ワンアウト、その大野から山本が二塁打を放ち久々にチャンスが訪れます。
ここで気になったのが、ベンチが次の打者炭谷に代打を送らなかった事です。
今日の大野は打てないと踏んで勝負所を後に見据えたか、あるいは前の打席で微妙に良い当たりを打った炭谷に掛けたのか。
結果炭谷は凡退して、後続も点に結びつけず終わってしまいます。

一方の高橋は相変わらずの荒れ球で、2回はそれが悪い方に転びました。
四球2つを連続で与えた後、福田が芸術的なスイングで内角低めの難しい球をスタンドに運びます。
しかしこれで全く崩れないのも相変わらずで、加えて今日は尻上がりに調子を上げて6回、7回は三者凡退に抑えます。
結果として、ルーキーという事もあり中5日も影響が無かったようで、自身最長の7イニングを3失点で投げきりました。おそらく次回も中5日で登板させるでしょう。

8回は高木が左のワンポイント→田原にスイッチで抑え、9回は桜井が、先頭に不運な内野安打を打たれるものの、後続をきっちり抑え無失点。こういう日に限って投手リレーが綺麗に決まります(笑)
早計かもしれませんが、この使われ方から、7回戸根、8回桜井、9回中川、ワンポイントに高木なんていう青写真が浮かびました。

打線に関しては5番に石川が入りましたが、しっかり狙い球をしぼって粘って打っていたので、内容のある打席だったと思います。なので不運なレフトゴロなど、結果がついてこなかったのが残念です。
亀井が5番に入るときでも、6番レフトとかで使い続けたら面白いかもしれません。

この試合は初回に大量点を奪えず、大野の前に貧打で負けた試合でした。
今日の大野が打てないのであれば、3戦目のロメロには手も足も出ないと思うので、明日の山井は絶対に打ち崩して勝っておきたいところです。

ブログランキング・にほんブログ村へ