スキップしてメイン コンテンツに移動

【ヤ2-7巨】高橋とかいうランナー絶対返さないマン【神宮】

外れ外れ1位のルーキー高橋ですが、謎の粘投力で今日もランナー出すけどホームは許さず、防御率が1.10、得点圏は未だに0という驚異の数値を叩き出しています。
今回は四球は3と前回の6個より少なかったのですが、被安打は5と前回より打たれています。この日のヤクルト打線は右打者が多かったので、そのせいもあるかもしれません。けど毎回ランナーを出して1点も入らないのだから不思議です。
結局102球を要して5回を投げきったのですが、内容の割に結果が出来すぎているので、この先大事な試合を任せて良いのか不安は残ります。
6回からは野上がマウンドに上がり、3イニングスを任されました。元々下で先発予定だったのを急遽呼び寄せたのだと思いますが、その狙いはハマって、打者1巡を被安打1の無失点で難なく抑えました。
何気に炭谷とのバッテリーになったので、西武ファンだったら感慨深いものがあったかもしれません。
やはり炭谷は野上の操縦に慣れているのか、いつもの右打者に対して手詰まりになっている感じがこの日はなく、チェンジアップを効果的に使って抑えているように見えました。
最終回は光夫が出るんですが、制球が全く良くなく、先頭打者に本塁打を浴びた後ヒットや連続四球と散々な結果でした。
代わった田原がピンチを凌いで2失点で終えられましたが、対処を間違っていたら逆転されていたかもしれません。
これは上がってきた野上の代わりに2軍のローテ入りかなぁ、と思いました。
打線は前日に引き続き好調で、ビヤヌエバが以前にも見せた低めをしばきあげてスタンドインさせる離れ業をこの試合でも繰り出しました。
タイムリーも放つし、3番ビヤヌエバが機能して頼れる存在になっています。尚輝が戻ってきた時打順はどうするのか、嬉しい悩みが増えました。

ブログランキング・にほんブログ村へ