スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨5-4デ】何とか逃げ切り【東京ドーム】

両先発メルセデス、井納共に上々の立ち上がりで投手戦になるかと思いましたが、ウチが2巡目からストレートに狙いを絞り出した事が功を奏して、連打や相手のエラーなどで4回に一挙4点を得て、井納をマウンドから降ろすことに成功します。
欲を言えばウチのリリーフ事情を鑑みて、もう2点は取りたかったところでしたが。

一方こちらのメルセデスは、若干ボールが高かった気がしますが、コースは間違っていなかったので、6回まではテンポ良くベイスターズ打線を封じ込めます。
しかし7回、またも100球付近から捕まり始める気配が出たためベンチは即座に動いて交代となりました。疲れてくると腕が振りきれなくなってくるのでしょうか、ボールが真ん中に集まり出す傾向があるようです。
ベンチも前のメルセデスの打席で代打を送らなかったあたり、球数というより打者3巡は抑えて欲しい思惑だったのかもしれません。今回はダメージが無く済みましたが、次回また中5日で投げさせる際はこの辺りの判断の甘さが命取りになるかもと思いました。

その後は戸根→田原で7回を抑え、8回は若干捕まりましたが中川が0点に抑え、5-2と少し余裕のある点差で9回を迎えます。
マウンドを託されたのは野上でした。
3本のヒットと1つの四球で2点を献上し、1打逆転の場面まで追い込まれましたが、ここで絶不調の宮崎に打順がまわってきたおかげで、何とか最後のアウトを取れて初戦をとれました。

前に書いたか忘れましたが、野上は右打者に対して討ち取れるボールが無い、という事を改めて思い知らされました。決め球というか、彼の軸になるボールがチェンジアップなので、失投がホームランボールになる危険性から、基本的には右投手が右打者には投げないボールとされている面があるのです。
しかしながら、前回ヤクルト戦でバッテリーを組んだ炭谷は慣れているのか、右の好打者山田相手の時にそのチェンジアップを見せ球にうまく翻弄していました。
小林もその辺を真似できれば、野上をもっと上手くリードできるかもしれないです。(最後の宮崎には上手く使えてたみたいですが)

打つ方では山本が2安打2打点と8番バッターとしては超上出来な活躍を見せてくれました。私は前に書いた通り6番に置いて欲しいのですが、今日の活躍で打順上げてくれないですかね?

あと横浜が、前回戦った時には無いちぐはぐになっているのを感じ不思議でした。
大和の正面ゴロタイムリーエラーや、チャンスに絶不調の宮崎に回ってきたり、その宮崎を5番で使っていたり。
3回には坂本に対して引っ張りシフトを敷くも、バッテリーがアウトローに投じて坂本が誰もいないセカンドの位置に軽く流し打ってヒットになった場面もありました。
こんな調子でベンチと選手がうまくいってないなら3タテもあり得るんじないかと思わせます。

明日先発は久々登場の今村ですが、自滅しなければ十分勝てると思うので、下でじっくり仕上げてきたところを見せつけて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ