スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨6-1ヤ】ヒロインを拒否するキャプテンがいるらしい【東京ドーム】

勝ち越し本塁打を放ち、ダメ押しのタイムリーも打った坂本がどう考えてもヒーローインタビューだと思ったのですが、この日はなぜか菅野だけが登壇しました(笑)
キャプテンの特権で拒否ができるのでしょうか?そういえば坂本のヒーローインタビューは現地で見たことが無い気がします。

さて試合の方は、ヤクルトの先発天敵小川の調子が悪く、コツコツランナーと点を重ね、5回に一気にケリをつけ攻略でき、見事首位決戦第一ラウンドを物にできました。
今日の小川は低めにストライクが入らない様子でしたが、こちらの菅野もあまりピリッとしない内容でした。そんな似たようなコンディションの両エースが、方や6失点KO、方や1失点のHQSと差がついたあたり、経験値の差かキャッチャーの差が出たのでしょうか。

この試合のターニングポイントはやはりその5回でしょう。先頭の菅野がヒットで出塁、田中がバント、坂本フェンス直撃のタイムリー2塁打と、鮮やかに追加点を上げますがまだスコアは4-1。最近のヤクルトの終盤での追い上げを考えると油断できない点差です。
ワンアウト2塁の状況から丸がポテンヒット&好走塁でランナー2・3塁の状況となり、攻撃の手をゆるめません。
続く岡本は最近よく見かけるチャンスで四球となり満塁。ダメ押しの期待がかかった場面で亀井は浅いセンターフライで無得点と残念な結果に終わります。

ツーアウト満塁。ここをしのがれたら流れが向こうに移りそうな雰囲気でしたが、それを察知した原監督が動き、ビヤヌエバに代打阿部。勝負勘は衰えていない事を感じさせます。
その阿部がファーストストライクを一閃し、ライトへ2点タイムリーツーベース。これで試合が決まりました。阿部はこれで代打5打数3安打。まだまだ頼れるベテラン強打者です。この調子で400号を期待しています。

菅野が降りた8回からは中川、9回は宮國が共にランナーを出さずテンポよく締めゲームセット。火ヤク庫の餌食にならずに済みました。

不安要素としては、今日は腰痛で欠場した尚輝の具合と、デッドボールで途中交代したゲレーロが調子を崩さないかといったところでしょうか。あと岡本が物足りない。
しかしまぁ気持ちの良いゲームを現地観戦できて最高でした。この調子でヤクルト相手に勝ち越しを決めてほしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ