スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨6-11ヤ】追い越し、追い越され、突き放され【東京ドーム】

5回までと6回以降で展開がガラッと変わった試合でした。
終わってみればヤングマン降板や大幾スタメンが遠い昔の事のようです。

先発ヤングマンはピリッとせず、というかヤクルト打線と相性が悪いようで、持ち球のカーブを簡単に狙い打たれていたような感じでした。
今村が下で好投していたようなので、入れ替わりで抹消、外国人枠争いに終止符、なんて事もあるかもしれません。

4回の時点で4-0となり、先発崩れてのワンサイドゲームになるかと思いましたが、岡本のソロと、外国人2人の連打から久しぶりのスタメンマスク炭谷がタイムリーツーベースを放ち、1点差に追い上げます。

その次の5回、ヤングマンは打者二人に連打を浴び、ノーアウト1,2塁の場面で降板。しかし代わってマウンドに上がった櫻井が見事に火消しに成功します。
その裏、こういう時に決めてくれる役者の坂本がソロホームランを放ち同点に。
ヤングマンに負けが付くのを櫻井、坂本で防いだような形で、試合を振り出しに戻します。

そしてゲームの流れが変わったのは6回裏、前日に引き続き勝負の原采配がピタリとあたり、代打大城が2塁走者炭谷を返すタイムリーを打ち、4-5と勝ち越しに成功します。
この段階で浮かび上がる理想的なゲーム展開として、ウチの勝ちパターンが7,8,9を締めて逆転逃げ切りに成功、首位をキープ、チームにも勢いがついて最高、だったのですが、まぁそう甘くはいきません。

7回に勝ちパの1番手、吉川光夫がマウンドへ上がりますが、ツーアウト1・2塁の状況を作ってしまい、バレンティンにスリーランホームランで7-5と逆転されるという結果に。
次が左の雄平だったので、ツーボールの段階で無理に勝負にいかなくても良かったのではと思いましたが、前の山田を良い感じに抑えられたのでバッテリーが強気になっていたのかもしれません。結果として力不足を痛感する事になりました。

8回にはお試し登板として、私が期待している坂本ェがプロ初のマウンドに。
右打者には低めに集まっていたのですが、左打者に対してボールが高めに抜ける傾向があり、その左打者3人の連打で3失点を喫し、ほろ苦デビューとなってしまいました。

この試合のポジ要素としては、岡本の本塁打とビヤヌエバ猛打賞、炭谷が意外と打てる、といった打撃面です。

ネガ要素の方は投手の方で、ヤングマンをローテで使うか再考の余地ができた事と、軌道に乗ったと思っていた勝ちパターンが、やっぱりまだまだというのが露呈した事です。

後にはGW10連戦が控えているので、投手面で不安要素が残るのは結構痛いです。
明日の畠が見違えるような投球をしてくれたら嬉しいのですが。

ブログランキング・にほんブログ村へ