スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨6-11ヤ】課題の増えた1日【東京ドーム】

試合前に尚輝抹消というショッキングなニュースがありました。腰痛がよほど酷いみたいです。今まで試合の終盤で交代させていたのも、症状を悪化させないようにするためだったのでしょう。
事ここに至っては、代わりの1番をどうするかに注目しましたが、左の高橋圭二が先発ということで、右の吉川大幾が尚輝の役目を引き継ぐような形に収まりました。

同時に石川が1軍復帰&7番ライトでスタメン起用されましたが、これは尚輝の件とは関係なく、調子を落としている陽への当て馬起用だと思われます。
大幾・慎吾共に、ここで活躍できれば1軍定着のチャンスとなったのですが、残念ながら2人とも結果を残すことはできませんでした。

試合の方は序盤は前日と似たような展開で、両先発が揃ってKO。しかも3回という早いタイミングだったので、4回6-6というスコアから両軍ブルペンデーとなります。
勝負の分かれ目となったのは、回跨ぎをした投手を攻略できたか否かにありました。
巨人は右の宮國、ヤクルトは左のハフです。

4回から登板した宮國は、デッドボールこそ出しましたがその回は難なく抑えます。
しかし次の5回に先頭の村上にソロホームランを浴び、あっさり勝ち越しを許してしまいます。
この1点で終わっていればまた結果は違ったかも知れませんが、続く中村に粘られた末ツーベースを打たれ、代打廣岡のバント処理で悪送球で追加点を献上してしまいます。
さらには青木に犠牲フライを打たれ、被安打2本ながら3失点を喫します。

対するハフは、その勝ち越した5回裏から登板。坂本、丸に連打を浴びるも他の打者を三振に討ち取り無失点。
続く6回も小林、陽と連続ヒットを許すも、他を三振2つと凡打で抑えて無失点。
被安打4本ながら三振5つと、ポテンシャルの高い勝ちパ未満の中継ぎを見せつけられた感じでした。この間横浜で国吉を見せつけられた展開に似ています。

その後7回以降はヤクルトの勝ちパターンが立ち塞がり、ヒットは坂本の1本のみでチャンスすら作れずゲームセット。裏の試合ででベイスターズが勝ったため、貯金2の3位で1巡目の試合を終えました。まぁ悪くないです。

ポジ要素は昨日に引き続き打線です。
2、3、4番は頼りになりますね。
5番に入ったビヤヌエバに関しては、本塁打こそうちましたが、インコースが得意な割にそこをファールにしてしまう事が多くて勿体ない感じがしました。
特にハフとの対決では本塁打の匂いがしたのですが、何度かの打ち損じの末、外の変化球に空振り三振してしまう惜しい場面でした。

ネガは前の試合から増えて、冒頭の尚輝の代わりの1番をどうするかという事と、やっぱり畠はダメで、ヤングマンの分と合わせて先発が2枚欲しいといったところです。

後者は何人か候補がいますが、前者に関してはそう簡単には埋まらないと思います。
いっそ坂本を1番にする方が急場凌ぎとしては最善だと思いますが、この機会に別のリードオフマンを発掘・育成してチームの底上げを図るかもしれません。
そういった面でも月曜と火曜の公示は必見です。

ブログランキング・にほんブログ村へ