スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨7-2デ】セーフティリードは7点差【東京ドーム】

終わってみれば大勝でしたが、今村の立ち上がりが悪すぎて、4回3点差を付けた時点でも、まだ勝ち試合にできるか不安な心持ちで現地観戦しておりました。

ご存知の通り、リリーフ人員不足+先発中5日のため長いイニング無理というのがあったため、試合前半でたった3点のリードでは、後で出てくるお試しリリーフで簡単に消えてしまうだろうと思っているからです。

しかしながらコントロールが定まっていなかった今村が、4回から徐々にペースをつかみ始めて、カーブを効果的に見せて直球とフォークで主導権を握るようになり、以降7回まではヒットを1本も許さない好投を見せてくれました。
後で知ったのですが、3回の投球後に原監督が「もっと楽しむように」というような旨の激励をしたそうです。効果てきめんだったみたいですね。

打線の方も今村の好投に応えるように、5回に京山から代わった平田から坂本・亀井がホームランを放ち6点差を付けます。
この時点で勝てるかも、と思えるようになりました。何せ前日は5回の時点で5点差だったのに、終わってみれば1点差の5ー4という展開だったので、安心などあろうはずがないわけです。(イチロー風)

今村が頑張って7回まで投げ抜き、その裏に陽がタイムリーを放って7点差。ここでようやく今日はもらったと確信を持てるようになりました。
案の上、次の8回に代わった森福があっさりソトにツーランを打たれましたが、余裕を持って見ていられました。(その後田原が代わって抑えます。)

9回は宮國がマウンドに上がり、お得意の展開のためテンポ良くパパッと3人で片付けてゲームセットとなりました。カード勝ち越し決定です。

打線の方は先発野手では岡本とゲレーロがノーヒットでした。岡本は四球後に謎盗塁とタッチアップなど、走塁で頑張ってホームを踏めたので良いのですが、ゲレーロは良いところ無しで、ここ10打席ノーヒットの状態です。
次の試合あたりでライト陽、レフト亀井の布陣でゲレーロ外しが起こるかもしれません。

とりあえずこの試合は、10連戦中における理想的な形で勝てた試合だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ