スキップしてメイン コンテンツに移動

[巨3-1楽] 1軍より長い試合 [ジャイアンツ球場]

日中はファームの試合を観戦していました。
勝ちはしたのですが、残塁や走塁死のせいで12安打しても3得点しかとれず、花粉症なのと気温が高い事も相まって、見続けるのに気力を要する試合内容でした。

こちらの先発はヤングマンで4回まで投げましたが、前回の1軍での登板と変わらない様子で、制球に苦労している感じでした。
次回は澤村の抜けた土曜日か、今日上で結果を残せなかった畠を落として中6日で日曜日か、いずれにせよヤクルト相手に投げる事になるでしょうが、ボールをよく見てくる打者が多いチームなので自滅しないか不安が残ります。

相手の先発は高卒5年目の古川で、ストレートが重そうなのと、制球の良さが特徴に見えました。序盤はそのストレートでグイグイ押してきたのですが、3回に捕まってからはスライダー中心に変えられ、走塁死などもあり、9安打しながら1点しかとれませんでした。

その不甲斐なかった打者の方ですが、期待している育成の3人、加藤、山下、モタを見ることが出来ました。
加藤に関しては、変化球に全く合っていなくて、良いところが見られませんでした。またの機会に期待です。
山下はヒット1本打ったのですが、そのあと足が遅いのに盗塁しちゃって速攻アウト。サイン違いか暴走か、この盗塁に関しては謎が残りました。
モタは7回に代打で登場し、攻略しあぐねていた古川の一球目を一閃して三塁線を破るツーベース。結果としてこれが決勝点に繋がりました。
前に見たときもそうですが、この人すごい早打ちです。せっかち?
塁に立ってから代走も出されていたので、レフトを守るタイプの外国人かなと思い、出てくるとしたらゲレーロの契約が切れる来年以降になるのでは、と未来予想図を勝手に描きました。

終わってみれば3時間30分、興奮や緊張感とは縁遠い形で疲れさせてくれる試合でした。
来月また見に来ようと思っているので、その時はもう少し快適な気候で、見所満載の試合であることを期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ