スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨1-4ヤ】昨日と似たような負け方【東京ドーム】

先制点は取るものの山口がストレートを狙い打たれて3回で逆転、その時点で80球近く投げていた事もあり4回で早くも降板。
リリーフが踏ん張りますが、打線が湿っていて4-1と追い付く気配すら感じさせずカード負け越しとなりました。

ヤクルト先発高梨は立ち上がりは変化球の制球が定まらず、こりゃ点を取り放題かなと思ったのですが、徐々にカーブのコントロールが良くなり、次いでフォークのコントロールが安定していき、再三ランナーを出すものの結局5回1失点で切り抜けられます。
調子が上がってきたように見えたので6回以降も投げさせるかと思いましたが、スパッと継投に切り替え、ハフ、マクガフ、五十嵐、梅野と無失点リレーされました。ご自慢のリリーフ陣を今日も見せつけられた感じです。
特に感銘を受けたのが五十嵐の投球で、二塁ランナーを見ながら投球したり、クイックで間合いを外したり、色々工夫しながらピンチを凌いでいました。打者を討ち取るにも色々方法があるんだなと勉強になりました。

リリーフで言えば、こちらも今日も4回以降しっかり抑えていましたが、3イニング投げた田口が9回に1失点してしまいました。
これに関しては配球に文句があって、なぜ井野の初球にストレートを選んだのか、なぜ三振を取るべき場面で太田にストレートを投げたのか。今日の田口のスライダーは抜群の出来で、これを打たれたら仕方ないと言えるくらいでした。なので選択ミスで失点に結びついてしまったのが勿体ないです。
あと今日の感じを見ると、田口は先発に戻しても復活してくれそうな気がします。安定しないヤングマンの代わりにどうでしょう?

そして打線ですが、ヤクルトと比べると顕著ですが、原監督に打者をもう少し固定して使って欲しいかなと思いました。
今日6番の山本はチャンスで2度見逃し三振して懲罰交代させられましたが、全く塁に出れなかった1番重信は5打席与えられてます。それなら7回か9回に陽に代えても良かったんじゃないかと思いましたが、マウンドにいたのが右投手というのもありフル出場。この状況からして、重信のバッティングに期待したのか、単に自分の左右信仰を貫いただけなのか、釈然としない感じです。
次の試合も山本と重信を使って反省点を活かす機会を与えて欲しいですが、スタメンは俊太と陽になってそうな気がします。

最後に岡本ですが不調変わらずですね。去年の良いときはボールを呼び込んで打ってるような感じだったのですが、今は追いかけ回しちゃってる感じです。
阪神クリニックに託しましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ