スキップしてメイン コンテンツに移動

【広3-3巨】決めきれない打線、奮闘したリリーフ【マツダスタジアム】

打順を今日も変えましたが、1番に増田を大抜擢し、いつ以来かの坂本・丸・岡本の並びが復活しました。今日はこの3人の並びに関してはハマっていて、連打や四球で連動していたので実家にいるような安心感がありました。

1番の増田に関しては良いところは見せられませんでしたが、逆方向への打球が多かったので、ボールをよく見て引き付けて打っているのだと思いますし、その打球も意外と伸びていたので、もう少し使っていれば当たりだすと思います。

今日の問題点は5・6・7番ですね。
カープの先発中村裕太は正直とるに足りないピッチャーだったのですが、2・3・4番で作ったチャンスを後3人が活かせず、2得点しただけの段階で降板され逃げられてしまいます。
これは相手の緒方監督が中村裕太を見切るタイミングが絶妙だったと思います。
4回ツーアウトながら1・2塁、バッターは前の打席で本塁打を打っている坂本なので、ここで勝負しても逃げても大量失点につながると踏んだのでしょう。
坂本は変わった中村恭平に凡退してしまったので、この決断と結果が試合の展開を投手戦に傾むかせたと思います。

こちらの先発山口はコンディションは前回と違って普通だったと思います。尻上がりに調子を上げて7回を3失点で投げきりました。鈴木誠也に打たれた本塁打は相手を誉めるしかない1打だったので、今日は先発の務めを果たしたと思います。

8回以降は、田原-戸根-中川-宮國-野上-田口とつないで、9回の同点を守りきって引き分けに持ち越せました。
上がったばかりの田口は未知数でしたが、10回・11回を任された宮國と野上は、これまでの反省を踏まえて四球を出さずに抑えたのが良かったです。今後に繋がると思います。

そして田口ですが、球速ってそんなに簡単に上がるもんなんですかね(笑)
以前から10km/hもスピードが増したニュー田口。かわりにスライダーの精度が落ちていたので、最後はストレートごり押しで抑え込みました。たぶん小林もあまりにも田口が変わってて、どう組み立てて良いか困惑したと思います。
強気な姿勢は相変わらずなので、メンタル面だけ見れば抑え向きかもしれないですけどね。

対広島2敗1分で終えました。
報道ではこのカードで不甲斐なかったビヤ・ゲレを落とす事になりそうで、外国人枠争いとは何だったのか状態になりつつあります。
次の横浜は東と今永を相手にしなければならなさそうなので、1点差ゲームに持ち込むため打線よりは先発に期待を寄せるべきかもしれません。初戦は高橋で水曜日は菅野でしょうか?頼みます。

ブログランキング・にほんブログ村へ