スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨3-8広】勝敗を分けた7回の攻防【東京ドーム】

現地観戦2敗目です。
今回はバックネット真裏の2階席5列目で、投手の球の軌道がまるわかりの最高に観やすい場所だったのですが、試合内容まで最高とはいきませんでした。
カープとの戦力・勢いの差をまざまざと見せつけられました。試合運びとしては先発を早々に下げてリリーフリレーと両者似たような展開だったのですが、その中継ぎの差が出てしまって突き放された形です。

試合の勝敗が決まってしまったのは7回の攻防かなと思います。6回裏の時点では3-4と、まだどちらに転ぶか分からない状況でした。

7回表は前の回から引き続き田原がマウンドにあがり力投を見せツーアウトまでこぎ着けます。ここで広島が投手の代打に左の坂倉を送り出したのを見て、巨人サイドは田原から戸根にスイッチ。結果坂倉に粘られた後二塁打で出塁されます。
打たれたのは仕方ないのですが、その後パスボールとツーアウトからのセーフティスクイズで追加点を上げられてしまった点は、バッテリーが反省すべき事だと思います。
スクイズは二人とも想定外の事で慌てていた様子で、投手・捕手どちらが取るか微妙な所に転がされ、戸根が捕球にもたついてオールセーフになりました。左投げの戸根より右投げの炭谷が処理していればファーストでアウトを取れてたかもしれませんが、まだ加入したばかりの炭谷では連携が不足してた面もあるかもしれないです。その辺も計算ずくで野間が仕掛けたとしたら大したもんです。

7回裏の巨人は下位打線からの攻撃のため代打攻勢に出ます。そうなるといかに良い場面を作って阿部を送り出すか、というのを頭に描くのですが、指揮官の考えは違ったみたいです。
広島一岡に対し、一人目山本→重信の代打は成功してヒットで出塁。二人目炭谷→大城は凡退でワンアウト1塁となります。
ここで打順投手の場面で阿部を送り出すかと思いきや、バッターボックスには右の中島が立ちます。指揮官の傾向からすると絶対ここで左バッターのはずなんですが、意図が図りかねます。
しかしこの采配が意外な結果をもたらします。ここまで少し抜け球が目についていた一岡だったのですが、中島への初球でそれが出てしまい、ストレートが頭部付近(実際は肩)に直撃してデッドボールを与えます。これで乱闘寸前の騒ぎになって試合が一時中断し、収まった後一岡に危険球退場の裁定が下されます。
状況はワンアウト1・2塁となり、広島のピッチャーは急遽駆り出されたであろう九里。追撃の絶好のチャンスです。
こここそ阿部を送り込んで、球場のボルテージを一気に高めて畳み掛ける場面、そう多くの人が思ってたはずですが、指揮官は動かず1番の田中俊太に命運を託します。結果は甘く入った初球を打ち損じてファールフライでした。
その後肩を作り終えたであろうフランスアが登場し、頼れる男坂本もまた初球を打ち損じ、あるいは球威に押され、センターフライで無得点のままチェンジとなってしまいました。この試合はここで勝ちを逃がしたと思いました。

とうとうヤングマンにも負けが付いてしまい、順調だと思っていたリリーフ陣も広島打線にはまだまだ通用しない事を思い知らされた試合でした。
試合運びを考え直さなければならないと思うので、初戦にこれでは先が思いやられます。
次の先発、今一番頼れるメルセデスも打たれてしまったらチーム状態最悪となるので、明日は何がなんでも勝ってほしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ