スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨5-4広】何とか勝った【東京ドーム】

追い付かれた時は今年もこのパターンかと思いましたが、何とかフランスアから勝ち越し点をとって中川で締めて勝てました^^

先発山口はストレートで空振りやファールがそこそこ取れるまでに復調していて、先制点こそとられますが、逆転してもらって以降は試合を支配しているように見えました。
尻上がりの投手なので、7回も任せて良いと思いましたが、リリーフに託す形で降板。結果残念ながら勝ちは付きませんでしたが、次回の登板が期待できる内容だったので、そこで完投でもして完全復活を果たして欲しいです。

そして追い付かれたリリーフですが、アダメスに関しては配球に不満がありました。フォークとチェンジアップは投げさせるだけ無駄なコントロールなので、基本的に右も左もツーシームでインコースをえぐって、スライダーで緩急という形の方がハマると思います。
そして左のワンポイントですが、前日に2イニング投げた戸根ではなく高木で良かったと思います。戸根はボールの感じからも肩が出来上がってるようには見えなかったので、ちょっと人使いが荒いんじゃないかなと思いました。
まぁ結局例によって、その後は田原が自責が付かない範囲で抑えたので良いですが。

打線の方は大幅変更で、1番に亀井、5番にファーストで大城が抜擢されました。若干ヤケクソ感がありますが、亀井の打順を上げることに関しては私も前回の投稿で触れた事なので賛成です。ただ私の場合1番は丸で3番に亀井で、丸・岡本を離すという狙いもあり、そこは合いませんでした。
しかしながら亀井が指揮官の期待に応えてヒットで出塁してリードオフマンの役目を果たします。元気な36歳です。まぁヤクルトで青木とかバリバリ上位で打ってますし、年寄り扱いする年齢が引き上がってる説もありますが。

そして岡本に待ってましたのスリーランが飛び出しました。しかもアドゥワの出鼻をくじく逆転の一打で、これぞ4番という場面で決めてくれました。
この後も、勝ち越しのホームとなるきっかけのクリーンヒットとナイスランを決めたので、体のキレの面は好調なようです。あとは調子づいてバカスカ打ち出してくれたら理想的ですね。

あと連戦連発のゲレーロにも注目です。前の試合に続いて今回もライト方向へのホームランを放ち、打撃の幅が広がっている事を期待させます。まぁ元本塁打王なので、このぐらいの事は入団当初からできて欲しかったという思いもありますが。これからは真ゲレーロとしてコンスタントに打ってくれる事を願います。

次は甲子園での阪神戦です。
前回は中継ぎと菅野で負けてしまったので、そのリベンジを果たしたいところです。
で、火曜日は誰が投げるんでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ