スキップしてメイン コンテンツに移動

【デ5-8巨】今季初の大逆転勝利【新潟・ハードオフエコスタジアム】

菅野が5失点、打線も相変わらずチャンスだけ作ってあと1本が出ず、6回までは負けゲームかと諦めてました。

7回表にマウンドに上がった三嶋が、四球を出しながらもツーアウトまでこぎ着け、バッター1番山本。ここで山本が持ち味の粘りを発揮して四球を獲得し、ツーアウト1・2塁とチャンスを繋げます。
次の千両役者の坂本がきっちりタイムリーを放ち5ー2。続く丸が四球を選びなおも満塁となります。
横浜は投手を国吉に変えますが、制球定まらず岡本に四球で押し出し5ー3。
そして次の亀井はストライクを取りに来る初球を狙い打ち、走者一掃のタイムリーツーベースで5-6の逆転に成功します。

まだまだ攻撃は終わらず、国吉は続く代打阿部に四球を与え、ツーアウト1・2塁の場面を作り降板します。
左腕石田がマウンドに登り、バッターは代打重信。追い込まれてから粘って、右中間を真っ二つにするタイムリースリーベースを放ち5ー8と勝負を決めました。

けれど7回で代打をほとんど使ってしまったのと、たった3点のリードという事でまだ不安はありました。
ところが7回はパワーピッチャー化した田口が、8回はコントロールが改善したアダメスが、9回は抜群の安定感の中川が3人ずつで締めゲームセット。見事な勝ち継投で勝利を物にしました。

ターニングポイントは山本の四球だと思います。あれがなかったらチェンジとなって、8回に別の勝ちパターンのピッチャーと対戦せねばならず、結果は変わっていたでしょう。なので山本グッジョブです。
だめ押しを打った重信も良かったと思います。苦手とされていた左投手から打った事は、今後の起用にプラスになるでしょう。投手が左に変わった時点で代打を送られるかと思ってましたが、そのまま打席に立たせたということは打撃面では期待を寄せられている証拠だと思います。守備練頑張って。

あとは岡本に1発が出れば安泰なんですけどね。
休みのあと本拠地で本塁打を見せて欲しいです。

エース炎上からリリーフ打ち崩して逆転し、継投で逃げ切りと、GW前の状況では想像もできなかった勝ち方ができました。
原監督があれやこれや試したのと、それに結果を出し続けて生き残った若い選手がもたらした勝利だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ