スキップしてメイン コンテンツに移動

【広6-3巨】エラーが決め手【マツダスタジアム】

カープの先発は今季新人王有力候補にまでなった床田でした。
開幕カードであたった時はこれといった印象は無かったのですが、ツーシームとスライダーを内外に投げ分けられ、この日は5回までノーヒットに抑えられる苦しい展開となりました。
ただ四球を連続して出す事もあり、チャンスが無かった訳でもないですが、2度の満塁のチャンスに2度ともビヤヌエバが凡退してしまうなど、巡り合わせが悪い感じでした。
一方こちらの先発メルセデスは、調子としては普通だったと思いますが、今日は右打者に対してボールが真ん中にいってしまっていたようで、特に會澤と鈴木に良い場面で打たれていました。
6回途中で降板しましたが3失点で抑えていたので、味方が点をとっていればもう少し長いイニングを投げさせたかもしれません。
試合は0-3のビハインドで7回を迎え、先頭の山本が内野安打で出塁すると、次の大城に代打で前の試合と同じく小林を送り込みます。
そして前の試合と同じく絶好のゲッツーコースに打球を放つのですが、名手菊池がベースに入った田中に送ったトスが高くなってしまい、田中はセカンドベースを踏めず、打球とトスがゆっくりだったせいもあって、ファーストへの送球もセーフとなり、ノーアウト1・2塁のチャンスになります。
ここで代打阿部がライトへきっちりタイムリーヒットを放ち、なおもノーアウト1・3塁。
次の1番坂本が鋭い打球を放ちますが、ボールはサード正面に。ところがサードの安部がこれをトンネルしてしまい、タイムリーエラーで3-2、ノーアウト1・3塁が続きます。
あと5点ぐらいとって欲しかったのですが、丸の犠牲フライで同点の後、ピッチャーが一岡に代わってピシャリと後続を断たれてしまいます。
7回裏は戸根がきっちり抑えますが、8回に上がった田原が不運なヒットと鈴木にライト前にポテンヒットを打たれてワンアウト1・3塁の場面と勝ち越されるピンチになります。
次の西川打球は浅いレフトフライになり、3塁走者代走の曽根と、レフト代わって入った重信の、足と肩の勝負へ。
カープとしてはギャンブルスタートでクロスプレー覚悟だったのでしょうが、重信が明後日の方向にバックホームしてしまい、余裕のセーフ。呆気なく勝ち越しを決めます。
さらに続く安部がトンネルの借りを返すツーランを放ち、勝負ありとなりました。
今回の試合で重信が頑なにスタメン出場されない理由が分かった気がしました。プロの1軍があの場面であの送球は無いでしょう。
打撃を買われている選手なら守備面も目を瞑ってくれるかもしれませんが、重信は今のところそういうタイプじゃないので、まだ鍛練が必要な感じがします。立岡と交換で二軍行きかもしれないです。
あとこの試合は3回も満塁があったのに、いずれも得点に至っていないのが不満でした。特にビヤヌエバですね。
次の試合も左のジョンソンなので面子はあまり変わらないでしょうけど、打順をちょっと変えて欲しい気はします。

ブログランキング・にほんブログ村へ