スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨7-4デ】桜井プロ初勝利おめでとう【東京ドーム】

序盤に先発を打ち崩すお得意のパターンが久々に発動し、先発今村が5回持たずもリリーフで逃げ切り、お陰で桜井がプロ4年目で初勝利を手にいれられました。

今村は毎回ランナーを出す苦しい内容で、5回に先頭打者からの連打とソトのホームランでとうとう3失点を喫します。その後の筒香を三振にとったところで降板となりました。
ちょっと交代のタイミングが?でしたが、前日の高橋といい、先発を無理に引っ張らない方針に変えたのでしょうか。それだけ今のリリーフ陣が計算できるようになったという事なのかもしれません。

そのリリーフ陣ですが、プロ初勝利の桜井はおめでとうとしか言えない感じの内容なので割愛。
アダメスは安定の内容で、相手の早打ちを球威で抑え込んでパパッと片付けます。そろそろ上がってくるマシソンと外国人枠の折り合いをどうつけるか、先発難なのでヤングマンも落としずらいし悩ましいところです。

そして僅差で登場の澤村は、予想通りボールになるスプリットを見逃される苦しい展開で、カウントを溜めてランナーも溜めて、けれども無失点で切り抜けました。自演乙(助演坂本)。
150km/hのスプリットとか驚異なんですけどね。ストライクゾーンで引っ掛けさせられてたので、空振り狙ってカウント悪くさせるより、カットボール的にスプリットを使った方が有効な気がします。丁度ストレートと球速差もないことですし。
その後の中川は甘い球を打たれましたが、長打になっていないのでキレと球威がまだあるようで、疲労の面は大丈夫そうです。

打線は俊太&大城の東海大コンビと坂本が猛打賞。俊太は逆方向に価千金のだめ押しホームランも放つ活躍です。
今年の俊太は去年までの1日1膳だけじゃなくて固め打ちするようになりましたね。ホームランも左投手の砂田から打ってますし、次の床田相手でもサードスタメンで良いのでは?

あと何か今村がマルチ安打でした。打ち方が菅野っぽくて、投手はこういうトスバッティング的で良いんだよ、というのを体現していました。自援護乙。

先発逃げ切りからリリーフ逃げ切りパターンにシフトして得た勝利ですが、次はラッキーマンのヤングマンが登板予定なので、先発でゲームを作って自身ドーム初勝利を飾って欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ