スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨3-4オ】1点の取り方取られ方【東京ドーム】

最近は現地観戦に行くと負けてばかりです( ´△`)
オリックスには簡単に、鮮やかに点をとられ、ウチはホームが遠い試合となりました。

こちらの先発高田は、投げてるボールは悪くないのですが、一番球威のあったストレートが制球できなくて、カットボールならカウント作れるかなといった微妙な感じで、リズムを作れそうで作れない、その間隙を突かれて失点したように見えました。
1失点目はダブルスチール、高田がカットしてれば防げた1点で、3失点目が2失点目のタイムリーのショックにつけこまれた感じの初球エンドラン。どちらもバッテリーが警戒していれば防げたかなと思います。
彼を早めに交代させたのは良い判断だったなと思いました。あのまま投げさせてたら小技でコツコツ点をとられて5点差6点差になってたかもしれません。

対してこちらの得点は飛び道具。岡本の追撃の一打と、代打ナカジのまさかまさかの同点ホームランでした。特にナカジの一発は、まず代打コールで悪い意味でのざわめきが起きて(私も含めて)、打った後のボルテージで一気に雰囲気が反転して、凄かったです。
この勢いで勝ち越しまで行ければ理想的だったのですが、坂本が今日もダメダメで、亀井が四球でランナーで出ても期待も出来ず凡退。人気選手だけに打順を下げずらい面もあって、今後の試合に暗い影を落としそうです。

その劇的に同点に追い付いた次の回の守備、代打の阿部を1塁に残してキャッチャーを大城に代えるという策に出てて、延長も考えたらここで出すしかないクックがマウンドへ。
先頭の吉田を討ち取ったかに見えましたが、リプレイ検証の結果内野安打となり、四球とヒットで満塁の状況を作ってしまい、犠牲フライであっさりと勝ち越し点を許してしまいます。
予定を前倒しで合流したクックは気の毒でしたが、球速や球威は申し分ないけれど、ボール先行になってしまうコントロールが調整不足だったのかなとも思えました。

その裏に早速ノーアウト1・2塁のチャンスを作りますが、榊原から2本ヒットを打っていた大城、選球眼の良い若林、ベテランの阿部と三者連続三振を喫してしまいます。対峙していた近藤は、投げていく内に制球が定まってきた様子で、球威のある、ストレートでグイグイ押された感じです。

最終回には先頭の陽が出塁し、色々と策を打ちますがホームまでは届かずゲームセットとなりました。
増井の代役としてクローザーに上がったのはディクソンでしたが、彼の球速140km/h台のナックルカーブには驚かされました。速すぎでよく曲がるカットボールみたいな感じに使われていて、これならクローザーを任されるのも頷けるなと。コントロールがそんなに良くないので、出てきたらおしまいって感じでもないですが。

昨日とは逆のような展開で敗戦しましたが、カープもホークスも負けているので状況は変わらずという事が不幸中の幸いです。
岡本が当たり出してきたのが好材料で、坂本がやはり状態悪そうなのが悪材料ですね。中島に関してはまだよく分からないですが、総じてベテランは夏場に活躍し出すので、ひょっとしたらオリックス時代と同様の状態に戻りつつあるのかもしれません。代打中島にこれからも期待してみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ