スキップしてメイン コンテンツに移動

【楽4-2巨】押し出し押し出し【楽天生命パーク】

リリーフには回の途中から出せるタイプとそうじゃないタイプがいると私は思っています。
今回はそれを逆にしてしまって負けを呼び込んだんじゃないかなといった所感です。

回の途中から(ランナーを背負った状態で)出せるピッチャーは限られていて、高木、田原、戸根、池田がこれに当てはまるかなと思います。打たれる打たれないは別にして、コントロールで自滅しないかというのがポイントです。

この試合を見てみると、7回に高木をマウンドに上げて、昨日打たれた浅村のところで田原にスイッチ。
田原が2-2と追い付いた8回も続投してランナーを貯めてしまったところで、吉川光夫にスイッチします。そしてまぁストライクが入らないんですよね。というかこの人、ついこの前まで2軍で先発調整させられてたと思うんですが。なので私はその扱いに同情します。
で、満塁となってこれはまずいと鍬原を送り込みますが、初級いきなりデッドボールで押し出し、一人討ち取るもその次の打者に四球でまたも押し出し。そもそも鍬原ってセットポジションに不安があった人だと思うんですが、それを送り込むとは。不測の事態で用意してたのが鍬原しかいなかったというのが実際でしょうけど。
7回に吉川で8回に鍬原として、ピンチになったら高木か田原を送り込む形であれば違った結果だったかもしれません。しかしまぁ負け投手田原は不憫ですね。

そして打線ですが、まぁチャンスで打てないですね。特に8回は大量得点のチャンスだったんですけど、ビヤが最悪のゲッツー。前の試合の立役者なので責められないですが。
また今回は4番にDHで阿部を置いて、亀井、坂本、丸という布陣を敷いて、1番から6番岡本までヒットも出てるんですが2得点。かわりに四球が無かったのが得点に結び付かなかった要因でしょうか。

次の試合の先発は何年ぶりかの桜井です。私はてっきりショートスターターで、3回くらいから吉川光夫が投げるのかなと思ってましたが、今日変な感じで投げちゃってたので、桜井に頑張ってもらう事になるんでしょう。楽天に右投手で球の軽い桜井なので花火がたくさん見れそうな気がしますが、その辺の不安を裏切って欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ