スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨4-3ロ】連夜の接戦勝利【東京ドーム】

接戦を物にできるというのは気持ちの良いもんです^^
ロッテ先発二木のストレートとフォークのコンビネーションに苦しみましたが、若林のプロ初本塁打で追い付き、クリーンアップの連打で勝ち越し、マシソンが加わったリリーフでまたも逃げ切り勝利を手にしました。

こちらの先発メルセデスは中5日の登板で、立ち上がりはまたも制球定まらず四球
を頻発。押し出しまで出してしまう始末でしたが、今回もまたベンチが動かず続投。その判断が項をそうしたのか、4回以降は立ち直り、四球も出さずテンポ良く抑えていく持ち味が復活しました。
しかしやはりこちらもいつも通りで、6回100球付近から連打を浴びてしまい、降板となります。けれどもあの押し出しを出すコンディションからよくここまで持ち直したなと驚きました。
前日の桜井の時もそうですが、押し出し即交代という判断をベンチが自重しているように見受けられます。何か考え方を改めたりしたんでしょうか、気になるところです。

対するロッテの先発高卒6年目の二木でした。ストレートがファールになる事が多く、それでカウントを稼いでフォークで仕留めるのをセオリーとし、カーブとスライダーも織り混ぜる本格派で、ウチの山口俊のようなタイプのピッチャーでした。
術中にハマって序盤は三振を結構取られてペースを握られました。その中で4回に若林の同点に追い付くツーランホームランが飛び出したので、これは試合の流れを引き戻す貴重な一発だと思います。
続く5回には3廻り目に入ったクリーンアップが投球パターンに慣れたのか、連打で2点をとり勝ち越す事に成功しました。連続タイムリーとか久しぶりな気がしますね。
一方坂本が2打席連続三振と、珍しく手も足も出ない結果となってました。ひょっとしてフォークピッチャーが苦手だったりするんですかね?今後ソフトバンクと対戦する時千賀と当たると思うので注目してみたいです。

そして連夜頑張っているリリーフ陣ですが、まず宮國が6回ノーアウト1・3塁の状況の火消しに成功しました。きっちりランナーを返して自責点をプレゼントする事が多かったのでこの結果は意外でした。成長の兆しでしょうか。
続く7回は田原が担当。便利屋的なポジションだったのでこの起用も意外でした。たしかに最近は色んな場面でしっかり仕事してましたので、任せてみるかとなったのだと思います。ランナーを2人出しましたが何とか無失点で切り抜けました。
ベンチが途中で変えなかった事と、試合後のインタビューで原監督が自分から田原の力投(あと宮國も)に触れていた事から、期待を寄せているのだと思われます。
マシソンは離脱していたのが嘘のような快投を見せ、中川は1点取られるものの冷静に最後のアウトを取りゲームを締めました。
中川は完全にクローザーが板についてますね。マシソンも昨年までのクオリティを期待できそうなので、8回9回はこの二人に任せられそうです。体力面は心配ですけどね。

交流戦2カード目も白星発信できて幸先良い感じです。ベンチが先発を早めに切らなくなった事が、試合の流れを呼び込んでいる結果に繋がっている気がします。
次の山口は前回結構投げたので、中5日でコンディションはどうか、どこまで投げれるか、注目したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ