スキップしてメイン コンテンツに移動

【日5-4巨】高木陥落【札幌ドーム】

高木のデビュー以来無敗記録が遂に途絶えました。同点に追い付かれたのはまだ良いですが、王の1発が悔やまれます。

日本ハムの先発はリーグトップの勝ち星を上げている有原。
この優良投手からどう点を取って、メルセデスがどこまで踏ん張れるかが鍵になりそうな試合でしたが、その面ではうまく試合が進めたと思います。
3回にツーランパスボールという意外な形で先制点を上げ、その次の回には岡本・大城の連打で追加点を上げ3ー0。

メルセデスは6回に捕まって2失点してマウンドを降りますが、3-2とリードはキープできていました。
8回マシソン、9回中川というリレーは決まっていると思いますが、まだ7回を誰にするかは決まっていないように見えます。なので高木を選択したのも、先日の西武戦での好投を買われてのお試し登板だったのかなと思います。私は7回は鍬原で始めてピンチに高木でとりあえず良いんじゃないかと思ってましたが。結果は冒頭の通りです。

しかし日本ハム打線はチームバッティングが徹底されてるなと思いました。ランナーが出たら大振りせずに右方向へ打ってる打者が多かったです。
またメルセデスに対しても、三振9つを奪っていたので調子は悪くなかったように見えましたが、ファールで粘ったりして球数を多く投げさせられてる印象があります。100球付近でガス欠するのを知ってて狙ってたのか、早くも6回にはその閾値に達して捕まってしまいました。
だとしたら次の山口は立ち上がりが悪いので、序盤はブンブン振ってくるかもしれないですね。

一方こちらの打線は、レフトに久しぶりに重信がスタメン起用され、猛打賞と1打点に1盗塁と暴れました。しかし打順が9番だったので潤滑油にはなれずに惜しい感じです。ノーヒットだった6番阿部の位置にいればもっと点に繋がってたかもしれませんね。
若林も活躍を続けているのでこの二人をくっつける打順にすると面白いかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ