スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨7-2ソ】明日の決戦に向けて【東京ドーム】

現地観戦で久々に勝ちました^^
内容も文句なく幾度となくVivaGiantsを歌い、お酒がすすみました。これだから野球観戦はやめられない>_<

先発山口には何も言うことのない出来で、打線も3回に4連打で高橋礼から3点奪い、1点取られるも即座に阿部のタイムリーで追加点を上げ追撃をかわし、7回に松田遼馬と加治屋から3得点を上げてゲームを決めました。理想的な試合展開過ぎて書くことがないです。

と言いつつターニングポイントに関して、7回裏1-4の状況で先頭の重信が四球で出塁した場面でしょうか。
打席は8番小林で、ネクストには偽装でしょうが加藤が立っていました。先発山口はまだまだ投げれる状態でしたし、ここで代打を送って無得点でピッチャー交代となるとホークスに逆転の芽を与えかねない場面です。

小林はバントの構え。ここで単に送ってワンアウト2塁となったら代打を送って山口降板となっていたでしょう。
しかしここで1塁走者重信が1-1のカウントからスタートを切って盗塁を決めます。あの甲斐キャノンから塁を盗めたのは今後の自信に繋がるのではないでしょうか。
それとこの盗塁の判断はなるほど上手いなと思いました。仮にアウトだったとしても、それなら心置きなく山口を打席に送り出せますし、セーフになったら儲けもので、小林も山口もゲッツーのリスクなく打席に立たせられ、最低限ツーアウト2塁で亀井に回せます。

ただ状況はさらにこちらに傾いて、小林が珍しくチャンスを広げるセンター前ヒット。これも重信が1塁のままだったらゲッツーコースでした。
ノーアウト1・3塁となり打席にピッチャー山口がそのまま入ります。ここでは選択肢が複数ありました。1塁ランナーを送るだけのバント、あるいはスクイズ。エンドランで内野ゴロを打たせて重信がホームに突っ込んで得点。または1塁ランナーの小林を走らせて3塁の重信をディレイドスチールさせる、など。

という感じで見応えのある状況の中、打席の山口は終始バントの構えから入りました。ファーストストライクこそバントファールしますが、以降はバスターで揺さぶりをかけて、結果四球というベストな結果をもぎ取ります。
そしてノーアウト満塁で亀井にまわり、代わったピッチャー加治屋から2点タイムリーを放ちました。5点差でセーフティリードとなったので、3塁に残っていた山口に代走を送り、次の回に明日のためのリリーフテストが行えた訳です。

というわけで話は明日の交流戦決戦に移ります。明日の両先発は菅野と和田という球界屈指の激熱投手対決となります。
左腕が相手ということで、阿部(大城)ではなく中島が、重信ではなく陽がスタメンに名を連ねるものと予想します。ついでに、若林ではなく山本か増田がセカンドに入ると思います。正直右打席の若林にはあまりバッティングも選球眼も期待できないからです。
以上を踏まえた予想打順は以下の通りです。

7 亀井
6 坂本
8 丸
5 岡本
9 陽
3 中島
4 山本(増田)
2 炭谷
1 菅野

そしてリリーフですが、今日大差にも関わらず起用された事とその結果から、7回は澤村、8回は高木に任せるつもりだろうと思います。
菅野が投げきってくれたり、今日のように打線が点を取ってくれれば安泰なんですけどね。

いよいよ交流戦最終試合。好調だっただけに名残惜しい感じもしますが、勝ってパ・リーグ6球団全勝ち越しを決めてシーズンに勢いをつけて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ