スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2019の投稿を表示しています

【巨2-3広】負:高橋 勝:ジョンソン【東京ドーム】

先発の差がそのまま勝敗になった試合でした。リリーフをつぎ込む展開で追い付きかけただけに勝っておきたかったです。
・高橋3回途中で降板 ・7回まで左打者の出塁0 ・リリーフ2人が打席に ・ゲレーロまた仕事する ・リリーフ6人無失点リレー ・次戦のスタメン予想 ・支配下登録期日
先発高橋はボール先行の苦しい内容でした。初回にいきなり西川、菊池に連続本塁打を浴びて2点を先制され、3回には連続四球からのタイムリーヒットで3失点。ベンチは早々と高橋を諦め、継投へとシフトします。結果的にはこの決断で試合を壊さずに済みました。
そうなると早い段階で点をとって追い付きたいところでしたが、広島先発ジョンソンを攻めあぐねていました。特に左打者にはインコースのツーシームを意識させ、他の球種を活かす攻め方で主導権を握られました。 ジョンソン相手に出塁できたのは、若林、坂本、炭谷の3選手のみで、これでは点を取りようがありません。特に坂本は二塁打を2本放ってチャンスを作りますが、続く亀井が珍しくブレーキになってしまって点に結びつけられませんでした。左右病も侮れないと思わされた展開で、陽不在が響きました。
チャンスが少なかったせいもあってか、2番手、3番手で登板した鍵谷と戸根にも珍しく打席が与えられました。戸根はプロ初打席だそうで、結果は見事な送りバントでした。 しかし後を考えたらこの采配は正解で、打席をきっかけに投手を代えていたら、試合終盤で打たれた投手ですら無理に引っ張らなければならなくなり、試合を壊す懸念が生じるからです。実際このおかげでピリッとしなかった大竹をすぐに代える事ができたと思います。
結局ジョンソンから点を取れずじまいとなり、7回からは右腕の遠藤に代わりました。ここで待ってましたとようやく反撃に出ます。 口火を切ったのは岡本のヒットで、狼煙を上げたのがゲレーロの特大のツーランでした。ゲレーロは1軍復帰以来ヒットを打ち続けて、しかも良い場面で決めてくれます。ひょっとして本塁打王の感覚が戻ったのでしょうか?
3-2と1点差に詰め寄り、ツーアウトとされるもヒットと四球でさらに満塁の場面を作り、打席に4番坂本を迎えます。 坂本は甘い球を捉えたのですが、あと一伸び足りずライトフライに倒れ、遠藤からは2点止まりとなりました。 しかし投手が交代した途端ゲームの流れが変わりました。ジョンソンをこの…

【巨8-5広】楽勝のはずが逃げ切り【東京ドーム】

原監督通算1000勝おめでとうございます。前の試合同様ピリッとしない相手先発を打ち崩して先制、手を緩めること無く追加点でワンサイドかと思ったのですが、やはりカープは侮れず、西川と松山に1発を浴びて迫られるも、中川・デラロサで逃げ切って大事な初戦をものにしました^^

・新顔モンティージャ ・先発野手全員安打 ・クリーンアップ猛打賞 ・3打席満塁のゲレーロ ・4打席得点圏の岡本 ・山口8回につかまる ・クローザーデラロサ ・西川サイクル未遂

広島先発のモンティージャは支配下登録されたばかりの選手で、ドミニカ出身の長身の左腕です。 ストレートに角度があって若干動くのが特徴のようで、実際ゴロを多目に打たされました。 そのストレートとスライダーのコンビネーションの配球で、コントロールは悪くない感じでした。
しかしさすがにバリエーションが少ないため、ストレートを狙い打たれて3回途中3失点でKOとなります。 球種の少なさや相手の打ち損じ狙いの部分がヤングマンと重なって、彼を相手にするとこんな感じなのかなと思いました。
モンティージャ相手に、若林と岡本意外先発野手全員安打となっており、その後6回に若林が右打席で本塁打を放ち、8回に岡本がレフト前ヒットを放ち、先発野手全員安打を達成します。何だかんだこういう事があると勝ちに繋がっている気がします。
中でも丸、坂本、亀井のクリーンアップは猛打賞揃い踏みで、1、3、4、6回はここの連打や連動で得点できたと思います。 3人とも長打が出ていないのが寂しいので、このまま調子を上げて長打が出るところまで持っていって欲しいです。
クリーンアップが単打で繋げるせいか、7番のゲレーロに3回も満塁の打席がまわりました。 初回は残念でしたが、3回はあわや本塁打のツーベース、6回はきっちり犠牲フライと3打点をマークして役目を果たしました。今のゲレーロは春先のように頼りになります。
対照的に物足りなかったのが岡本で、満塁含めて4打席チャンスが巡ってきますが打点0。8回に走者一塁の状況でようやくヒットが生まれました。4番返り咲きは遠そうに思えます。 特に後に飛ぶファールが目に付いて、犠牲フライがあるケースで、狙いすぎてバットが下から出すぎてるのかもしれないです。 何か切っ掛けさえあればまた打ち出すのでは、と願いながら早くも8月になるんですね。岡本は今年に限ら…

【2勝4敗】ヤクルト・阪神6連戦の振り返り【7/23-7/28】

[先発]

ここの問題は明確で、5番手と6番手が不在な事でしょう。厄介なのはローテーション的に2人並んでしまっていて、カードによっては自動負け越しまっしぐらな事です。
この枠で古川とヤングマンが試されましたが、二人とも試合を作れず落第。相対的に高橋とメルセデスがマシに見える結果となりました。報道によると結局その2人を呼び戻す事になる模様です。
ただ2軍での内容に2人とも不安があります。 高橋は四球こそ少なくなっているものの、直近の試合で3回6失点を喫しています。 メルセデスは7回を2失点でしたが、被安打が9本なので微妙なところです。 正直広島相手に5回まで投げてくれたら御の字だと思っています。

[リリーフ]
大江とマシソンが抹消され、高木とクックと戸根が登録されました。
使いどころの無かった大江抹消は遅いくらいだと思ってました。彼には再び先発として高田と競いあって欲しいなと個人的には思っています。
マシソンはもう少し騙し騙し使うのかなと思っていたので意外でした。スライダーの制球難でカウントを作れなくなっているので、調整してまた戻ってくるのを期待しています。
酷使されてた田口に関しては、戸根と高木が加わったので今後は楽な登板間隔になると思います。金土と負け投手になってしまいましたが責められるものではないでしょう。お疲れ様でした。
登板間隔で言えば、デラロサも加入直後から結構な頻度で投げてきました。青木に被弾された時はストレートの球速が出ていませんでしたが、3日間登板間隔が空いた土曜日には160km/hを連発しました。どうも連投能力はなさそうなので、無理をさせずに使って欲しいです。

[打線]
噛み合わない打線に対し、試行錯誤を施した期間でした。 まずは5番打者を大城から亀井に変更し、若林を1番に置きました。そして調子の上がらない岡本を6番にし、打撃成績の優秀な坂本を4番に据えました。
そして空いた2番は山本や重信や立岡を流動的に起用するものと思います。これにはメリットがあって、試合終盤の勝負処でこの打順に代打を送りやすいという事です。 今までは上位打線に強打者を固めていたため、阿部を送り込むタイミングが難しく、機を逃していたように見えました。 大城も控えに回れば代打としてチャンスに打席に立てますし、控え捕手が増えれば捕手の打順で代打も送りやすくなります。
この打順がベ…

【巨16-4神】気分すっきり【東京ドーム】

これを待ってた。阪神先発岩田が制球に苦しむのを逃さず一気に7得点。その後も手を緩めず6月9日以来の2桁得点で連敗脱出です^^
・打順微調整 ・岩田制球難で炎上 ・ゲレーロ満塁弾
・ダイヤモンド谷プラチナ仁朗
・16安打16得点、残塁5 ・桜井福留にカモられる
前の試合の反省を活かして岡本を6番に置き、7番にはゲレーロが入りました。また、若林が1番に戻り2番には山本が久しぶりのスタメン起用となりました。 しかし山本はスタメンで唯一のノーヒットで終わり、残念な結果でした。次に左の先発が相手の時にまた選ばれるのか微妙なところです。
こちらの先発は桜井。先頭打者のASサイクル男の近本に三塁打を打たれ、犠牲フライで生還され、たった6球で先制を許します。 しかしその裏、阪神先発の岩田の立ち上がりが非常に悪く、ストライクとボールがハッキリする内容で、1番若林から、山本の送りバントを挟んで5番亀井までの4連打ですぐに追い付き、なおも一死満塁の状況で6番の岡本を迎えます。
岩田は岡本に対してどうも逃げ腰のようで、四球を出してしまい1-2で勝ち越し。なおも満塁で打席には7番ゲレーロ。押し出しの反省からストライク先行の投球を試みたようですが、3球目の浮いたストレートをゲレーロが逃さず捉えバックスクリーンへ。自身初のグランドスラムとなり、スコアは一気に1-6となりました。 前日の残塁祭りの試合を現地観戦してた身としては、「これだよこれっ!」というよな心地で、詰まってた物が一気に流れ出たようにスッキリしました。バモスっ!
これだけに止まらず、岩田は8番炭谷に四球で再びランナーを出し、さらに続く桜井の打席で連続暴投をして、炭谷が三塁まで進みます。これはもう戦意喪失してますね。桜井は三振に倒れるも、この回2打席目の若林が岩田から2本目のヒットを放ちタイムリー、1-7とします。次の山本が凡退でようやく攻撃終了。打者11人で7得点を上げ、試合を一気にワンサイドに持ち込みました。
しかしここであぐらをかいて追加点を取らずに追い付かれた試合が多いので、まだ油断なりません。 この試合ではそこは一味違って、追撃の手を緩めずに3回、エラーで出塁していたゲレーロを1塁に置いて、次の炭谷がレフトスタンドへツーランホームランをお見舞いし2-9、依然として登板していた岩田に止めを刺しました。 炭谷は6回に浜地からグラ…

【巨2-3神】がっかりでぐったり【東京ドーム】

チーム状態が悪い中現地観戦というのは気が重かったですが、試合が始まると熱くなれるものです。
が、再三のチャンスで打てず、相手には簡単に点を取られ、終わってみると何の差で負けたのか良くわからず、モヤモヤイライラが溜まる、そんな試合でした。
・打順大幅変更 ・7番岡本、4四死球 ・ソラーテの魅力 ・6回の交代のツケ ・澤村登場曲変更、被弾 ・デラロサ160km/h連発 ・田口月間16試合目の登板 ・11安打8四死球、残塁18
前日は1軍2軍の入れ替えで、今回は打順の入れ替えと2試合続けてテコ入れが行われました。 丸と亀井は固定のまま、岡本が7番に入り、空いた4番に坂本が、空いた2番に若林が、空いた1番に立岡が入るといった玉突きで、それとは無関係に6番には大城が収まりました。
その影響で岡本がこの試合4四死球を貰ってます。後が捕手と投手なので、勝負を避けられ易い打順のためでしょう。(死球は違いますが) なので4番を外すのは良いけれど、打順は6番の方がベターだと思います。7番には相手に勝負してもらえるような、実力未知数の選手が適正かもしれません。 それで言うと重信とか増田とか、もっと広い目で見ると北村とかルーキー山下とかですかね。 そうすると大城が外れる事になりますが、現状は代打兼控え捕手としてベンチにいる方が使い勝手が良い気がします。
試合の方は、チーム一週間ぶりの本塁打を丸が放ち先制。1番に抜擢された立岡がタイムリーを放つなど出足は良かったですが、以降は0行進のお馴染みの展開となりました。
先発今村は4回までパーフェクトペースでした。しかし5回にソラーテにスローカーブを打たれて初安打を許すと、北條にタイムリーを打たれあっさり1点を奪われます。 ところでソラーテが試合全体を通して落ち着きなかったのが面白かったですね。塁上でキョロキョロ、守備につく時も何かパフォーマンスしてレフトスタンドを沸かせて、打席でもリアクションが大きくて、いかにも関西ウケが良さそうな助っ人という感じで、楽しそうで何よりでした。
1-2となった6回表、今村にとって鬼門のイニングで試合の流れを変える変化が起きました。ツーアウトまで簡単にとった後、3人目の上本にこの日初となる四球を出し、続く糸井には初球デッドボールを与えてしまいます。 次は4番の大山という場面でベンチが動いて投手交代を告げました。早すぎると思いまし…

【巨2-4神】ここまで弱ってるとは【東京ドーム】

今季の試合を調べてみたところ、阪神相手に4点以上取られて勝った試合は1試合しかないんですね。つまりこの試合は点を取られすぎて負けたと…冗談です。
オカルトにもすがりたくなるようなチーム状態で3連敗。上がり目が無いのがキツいです。
・一挙5人入れ替え ・久々のスガコバ ・田口月間15試合目の登板 ・ソラーテ初右打席初本塁打 ・ここ一週間チームで本塁打無し
試合前の公示で大きな動きがあり、ヤングマン、マシソン、ビヤヌエバ、中島、陽が抹消となり、クック、ゲレーロ、戸根、石川、田中俊太が昇格となりました。
ビヤヌエバを落としたのは意外でした。しかし起用方法を見ていると、ベンチからの評価が芳しく無い事は伺えました。並の選手としてだったら良くやってるでしょうが、助っ人としては物足りなさがずっと付いてまわってる感じがしますからね。期待の裏返しで落としたのかもしれないです。
スタメンでも意外な起用があり、先発菅野の女房役に小林が久しぶりに抜擢されました。ここのところ炭谷の先発マスクが続いていた事があっての選択と思われます。 しかし菅野の投球内容を見ると、良くも悪くもここ最近の出来と変わらない感じで、受け手や配球を変えたからどうこうなるコンディションじゃ無いみたいですね。 今年はこのままだましだまし頑張ってローテを守ってもらうのかなと思いました。
菅野は序盤で2失点した後は難なく6回まで投げ続けて、裏の打席で代打を送られて降板となりました。球数が100球を越えていたのでタイミング的には妥当かと思います。 その代打の阿部が満塁で四球を選んで押し出しゲットで2-2の同点に追い付きます。代打が功を奏したと言えるでしょう。
7回表にマウンドを任されたのは今月15試合目の登板となる田口。月間最多登板記録が18試合なので、それに迫る勢いで投げてます。田口がケガや手術をした覚えはないので丈夫な選手だとは思いますが、流石にこのペースは心配になります。
案の定なのかわかりませんが、ツーアウト後に内野安打で出塁された後、阪神の新助っ人ソラーテに特大の一発を浴びてしまい4-2と再びリードを許してしまいます。上述の使われ方を考慮すれば田口を責める人はいないでしょう。
本塁打を放ったソラーテはベネズエラ出身の両打ちで、ポジションもどこでも守れるユーティリティプレーヤーだそうです。実際守備も悪くないように見…

【巨8-1ヤ】見所もなく連敗【長良川球場】

昨日とほぼ同じ展開で連敗。相対的に高橋とメルセデスが良く見えただけの2試合でした。

・何も変わっていないヤングマン
・高木が火消し&ロングで好投 ・マシソン… ・スカスカの外国人枠
前回登板から2ヶ月ぶりとなったヤングマン、しかし2ヶ月前に酷評した時と何も変わっていない仕上がりでした。 上げるからには何か改善があるものと期待してたのですが、コントロール不安定で空振りを取れないままで、2回にその全ての悪い要素を出しきって5失点降板です。 これならハナからブルペンデーにしてた方がマシでした。
2軍の直近3試合14イニングで防御率1.93と数字的には大変良かったようですが、それが当てにならない事を証明しただけとなりました。 この2ヶ月間で球速アップか制球改善か新変化球習得かしてればまだ見込みはあったんでしょうが、もう今からじゃどれに挑戦しても遅いでしょうしお払い箱でしょうね。来週誰投げるんだろう?
後を受けたのは1軍に合流したばかりの高木で、ヤングマンの火消しをしてさらに5回まで投げきって試合を手放さない事に貢献しました。おかげで5回時点でまだ1-5だったので、ジワジワ追い上げる事も可能かもと望みを捨てないでいられました。
しかし相手先発山田大樹を攻めあぐねて、特に岡本がブレーキを掛けてた感じでした。昨日は丸が石川を苦手にしてましたし、噛み合わせが悪いです。 前回6回に足の違和感がありながらも投げて坂本に本塁打を許していた山田大樹でしたが、この試合は5回99球でマウンドを降ります。 ヤクルトは良いのをホークスから無償で貰えて羨ましい。
その後はヤクルトの継投の前に打線がチャンスすら作れず無得点。先発が点取られて打者が打てなくて1試合で2敗したような気分です。あ、リリーフも打たれたから3敗ですかね。
その打ちこまれたリリーフがマシソンなもので頭が痛いです。球速的には昨年と変わっていないように見えますが、球のキレが悪くなってるようです。スライダーが頼りにならないので、昇格以降苦しいピッチングを続けていました。リリーフとしてネームバリューは一番あるんですけど、このまま使い続けてもその価値を下げるだけだなと思いました。
報道でヤングマンとともにマシソンも降格されるようですね。(ついでにケガしたらしい陽も) 外国人枠が再びスカスカになったので、ゲレーロを呼ぶでしょう。も…

【巨4-10ヤ】見所のない敗戦【大阪ドーム】

特に見所がなく負けた試合だったので、前の試合で勝っておいて本当に良かったなと思います。
・初回4失点降板の古川 ・大江敗戦ムードを加速させる ・鍵谷そこそこの好投 ・先発候補が少ない

先発は移籍後初登板の古川でしたが、初回に4失点降板と悪い方の予想通りの結果でした。
ストレートは良いものを持ってますが、コントロールがダメダメで、運任せの投球に見えました。6番の中村を抑えていれば、調子が出てくるチャンスはあったかもしれません。そう考えるととても早い試合の分かれ目でした。
高田の1軍デビュー試合と重なるところがあるので、その例に習うと抹消されて以降残りのシーズン中にはお呼びは掛からないでしょう。優勝が決まって消化試合が多めにあったら分からないですが。 来週の先発は高橋になるんでしょうね。
1回裏に新打順が機能して2点返せたので、2回以降を抑えていればまだ試合は分からなかったでしょう。 しかし2番手の大江が追加点を取られてヤクルト楽勝ムードを加速させてしまいました。 スクランブル登板なので同情の余地は無くはないですが、これ以外の試合でも大江は良いところ無しで使い所が見えないので、この機会に2軍調整にした方が良いでしょう。 AS明けから戸根と高木が下で大江を上に置いてる意図を計りかねていました。
3番手の鍵谷は前の2人に比べると自分のピッチングが出来ていたように見えて、失点も不運な内野安打でしたし、良くなっているように思えました。 ただ日ハム情報によると、メンタル面が弱いらしく、ビハインドではそこそこ良いピッチングをするタイプらしいので、期待を持ちすぎない方が良いかもしれません。 であれば、この試合2番手で投げさせてればなと思わなくないです。
苦手の先発石川から4得点したのは収穫かもしれませんが、相手のエラー2つが絡んでますし、接戦だったら早い段階で投手交代させられてたでしょうから、参考記録といった感じですかね。
というわけで投手は打たれ、野手は打てずで散々な試合でした。 次の試合に切り替えたいところですが、こちらの先発がヤングマンなので不安です。 古川も含めて他に先発いないのかなぁというのが正直なところです。 2軍で池田が先発調整を始めた模様なので、宮国や野上もそうさせたら良いのにと思って止みません。

【巨6x-5ヤ】連敗にサヨナラ【大阪ドーム】

8回に同点に追い付かれた際は連敗中の独特の嫌な流れを感じましたが、9回満塁のピンチを抑え、その裏に代打重信がサヨナラヒットで勝利。何とか連敗を止めました。
・打順テコ入れ ・スタメン野手全員安打 ・大城猛打賞、若林と亀井は… ・疑問の残る継投
・ビヤヌエバント
・代打慎之介が決める
再三提案していた1番若林と5番亀井がようやく実現しました。大城は打順を7番に下げてファーストを守り、岡本はサードに入り、陽がライトで6番という布陣になりました。 初回にいきなりその打線が連動して、ランナー2人出してからの、4~6番の連続タイムリー。大城も続いて小林死球で押し出しと、一挙4得点でブキャナンを攻め立てます。
しかしその後の追加点が入らないのは相変わらずで、3回にランナー1・3塁の場面で亀井が内野ゴロで1点追加したのみと、内容の割に結果が物足りない形です。何気にスタメン野手全員安打なんですけどね。
5番の呪縛から解放されたのか、大城は長打2本含む猛打賞だったのですが、打順のせいか得点に絡む事ができませんでした。という事は6番が適正打順なのでしょうかね。 反対に呪縛にとらわれてしまったのか、若林と亀井にここ数試合の勢いを感じませんでした。特に若林は得点圏が2回あっていずれも仕事ができなかったので、まだ慣れが必要かもしれないです。 なので打順に関しては様子見段階かなと思います。変に気負って実力を出しきれてないかもしれないですしね。
試合は0-5で先発山口がノーヒットピッチングのまま5回を迎えますが、バレンティンにトラウマ物の特大アーチを浴びて失点。 その後7回にも追加点を取られ、2-5となりながらも、球数100球未満でまだ余裕があったため8回のマウンドに登ります。
しかしこの回はフォークで空振りが取れずに苦労し、先頭の廣岡は凡退にするも7球費やし、代打雄平にヒット、山田に四球でワンアウト1・2塁の状況となります。 ここから左が続くので田口にスイッチかなと思いましたが続投。2番山崎を三球三振に討ち取り最後に青木と勝負、と思いきやここで交代となりました。
で、呼ばれたのがデラロサ。予想外でした。ベテラン青木を力でねじ伏せようとしたんですかね。青木ってウチとやる時結構かっ飛ばすんだよなぁ、と思ってたら初球真ん中ストレートをかっ飛ばされて最悪の同点スリーラン。連敗中のチームらしい展開だ…

【2勝4敗】ヤクルト・広島6試合の振り返り【7/15-7/21】

[打線]
1試合を除いて1~4番は固定されてました。
心配されてた岡本にようやく当たりが戻ってきて一安心。 亀井は衰えるところを知らず、6試合中3試合で猛打賞、本塁打も3本と今が全盛期なんじゃないかと思うくらい打ちまくってます。
坂本はホームラン固め打ちで、あと1本で30号というところまできました。
こうして見ると丸だけ物足りない感じがします。この期間長打が1本も出ておらず、打線が各駅停車気味になっている一つの要因かもしれないですね。

で、一番の問題はその後の5番バッターなのですが、大城と陽が共にダメダメで、打線の流れをここで切っちゃってます。 私は出塁率の高い若林を1番にして、5番に亀井を置くのがベターだと思っていますが、亀井が調子良すぎて動かしづらいでしょうから、イメージ度外視で若林5番で良いんじゃないでしょうか? 6番以下は競争枠で毎試合違う人を試せば良いと思います。
この状況の発端は期待に応えられていない大城にありますが、状態的に一旦抹消するのもアリかなと思います。村田コーチとか評判良いみたいですし、スイングをじっくり改める機会が必要なのではと思います。

[先発]
桜井が中5日で2登板、その間を山口、メルセデス、菅野、今村で回した1週間でした。
この内メルセデスが状態が上がる様子が見られず抹消となり、代わりにヤングマンが登録される見込みです。前にも書きましたが、メルセデスの状態ってシーズン中に良くなるものなのか疑問符です。あとヤングマンは少ない球種と不安定なコントロールで心許ないのであんまり期待できないですね。それならアダメス上げてほしいところです。
あとは菅野ですかね。打者一巡までは良かったんですけど、中盤からポコポコ打たれてしまって。腰痛が完治していなくて、痛みとの戦いで回を重ねる毎に集中力が削られてってる、とかそんなんだったりでしょうか。この人もシーズン中の完全復活は難しい感じです。まぁ毎年変わらず活躍できる投手って中々いませんし、万全を当然と思ってしまうのは酷かもしれないです。エースのプライドとかどうでも良いので、無理せず数年後も見据えて活躍できるようプレーして欲しいです。

[リリーフ]
デラロサが5試合に登板と、早くも気に入られてるようです。早計かもしれないですが、もう当たり判定で良いんじゃないでしょうか。この人は新国際部長の春川氏の案件なんですかね?だとしたら超有能です。 コ…

【広2x-1巨】今季初の被3タテ【マツダスタジアム】

桜井と九里のすばらしい投げ合いが7回まで続き、試合はリリーフに託され、チャンスをものにできた広島がサヨナラ勝ち。シーズンタイの4連敗となりました。

・ビヤの代わりに重信スタメン ・岡本サードで(準)フル出場 ・桜井と九里の似た者投手戦 ・バティスタ対策 ・9回代打阿部・陽揃って三振 ・カープXマシソン
この試合のスタメンに若干変化があり、ビヤヌエバが外れてレフトに重信が起用され、岡本はサードでの先発出場となりました。左右対応のためですかね。 前の試合は大城外して陽スタメンで岡本ファースト、その前は大城とビヤがスタメンで岡本レフトでフル出場と、微妙に何か試してるような節もあります。
岡本は代走で下がるまでサードを守り続けました。このカード3試合とも異なるポジションで出場しましたが、この感じが定番になるのか、はたまたこの3試合の結果からどこかのポジションで固定にするのか興味深いところです。
試合は両先発桜井と九里が7回まで投げ合い、桜井は巨人キラー西川に先制ソロを浴びて1失点、九里は亀井の2塁打が犠牲フライに繋がって1失点となりました。 両投手とも長打が失点に繋がりながらも、チェンジアップを効果的に使って打者を抑え、降板するまで球数が100球未満で効率よく投げていたあたり、似たようなタイプ同士の投手戦でした。
この試合では前日にやられたバティスタを封じ込めていたので、この部分はうまく対策できていたのかなと思います。ストレートは見せ球に、ストライクは変化球でって感じでした。なので10回裏は敬遠じゃなく思いきって勝負にいっても良かったかもと思わなくないです。 もう一人、このカードで目立っていた西川は、見た感じ反応打ちするタイプなので対策は難しそうですね。ムービング系のボールで打ち損じてもらうのが得策でしょうか。
そしてこちらの打撃陣は、9回表が最後にして最大のチャンスでしたね。ワンアウト満塁で代打阿部と陽が連続三振。がっかりオブザイヤーって感じでした。 これならその前のバッター若林の場面で何か仕掛けた方が良かったんじゃないかと思います。3塁ランナーは足の速い増田ですし、スクイズやら1塁ランナーのみのエンドランやら。今までと違ってここ最近は勝負所で打者任せな感があって、何か意図があってそうしてるのか気になるところです。
そして10回裏のマシソン。先頭打者にストレートの四球の時…

【広4-2巨】バティスタの2本でひっくり返される【マツダスタジアム】

今村は得点圏にランナーを許さない快投を見せ7回を投げきるも、味方の拙攻で援護が無く、バティスタの2発に沈んで3連敗です。
・今村7回2失点の快投 ・バティスタにストレート ・11回もあった得点圏打席 ・マツダでの長打の差 ・また菊池保則を打てない ・岡本ファーストでフル出場
今村は今期一番良いピッチングをしたのではないでしょうか?広島打線に的を絞らせず、四球も1つしか出さず言うこと無しです。 バティスタのホームランも打った方を誉めるしかないような、というか打たれるにしてもスタンドインまではしないだろう攻め方をしていました。
というわけでバティスタなんですよね。前の試合は大人しかったので春先が確変だったのかなと勘違いしてましたが、パワーがヤバいのは健在でした。 調べるとウチからは6本ホームラン打っていて、しかも全球ストレートでした。この試合もデラロサの157km/hを逆方向に放り込んでますし、この人にストレートを投げちゃダメですね。
けど今村から打った打席のように、ランナーがいる場面でボールを選んで、変化球をカットしてというのをやられると厄介です。後に何かしら仕事をする鈴木誠也がいるので、ランナーをためたく無いですから、バティスタと勝負せざるを得ません。 あのフルカウントの場面でインコース勝負するんだったら、カットボールで詰まらせるかツーシームで引っかけさせるかできればベターだったんですけどね。確か今村は両方とも投げられなかったと思うので苦しい状況だったと思います。
対してウチの打線ですが、10安打2得点とどこかの阪神のような有り様でした。 得点圏での打席回数がこちらは11回もあったんですけどね。タイムリーは岡本の1本のみと、残り1点は亀井のソロホームランなのでチャンスを全然活かせていません。
ヒットの内訳を見ると上位打線が単打を繋げてチャンスを作って、5番と下位が返せないパターンが目立ちました。特にこの試合5番に入った陽がブレーキをかけていた印象です。逆にその後を打つ若林が3安打猛打賞なので、この打順が逆だったらなと思わずにいられないです。
しかしヒット数が多くても長打が少ないと手数がかかってしまうのが事実で、この試合で比べると、亀井の本塁打1本とバティスタの2本で、この差で負けてる気がします。前の試合もウチが長打3本に対して広島が6本で負けてますし。 調べたら巨人は…

【広7-6巨】マツダアレルギー再確認【マツダスタジアム】

マツダアレルギーは健在のようで、ライトスタンドに入る本塁打で負けるのは見慣れた光景でした。久々の連敗です。
・お馴染みの打順 ・大瀬良炎上 ・4回にビヤに代打阿部で守備山本 ・岡本レフトでフル出場 ・1番西川に振り回される ・菅野続投の謎 ・マシソン逆転許す
前回の投稿で打順について色々書きましたが、結局は見慣れたラインナップとなりました。 しかし1番亀井が今日も元気に猛打賞と大活躍で3割に届きそうな勢いです。坂本と岡本にホームラン、大城・若林の連続タイムリーと打線自体は悪くなかったように思えます。欲を言えば初回の満塁でもっと点を取っておけばといった感じです。
それもこれもシーズン序盤は最多勝候補と目されてた大瀬良が、交流戦頃からおかしくなり始めたためで、まるでどっかの菅野みたいな状態に見えました。 ボールとストライクがボール1個分左右にずれてる感じがしました。
その大瀬良を4回に捕まえて満塁から連打で2得点。引き続きワンアウト満塁の場面で、指揮官はビヤヌエバに代えて阿部を送り込みます。勝負をかけるのが早すぎじゃないかなと思いましたが、ここで大量点を取って楽勝の展開にしてしまおうという魂胆だったのでしょうか。 結果としては犠牲フライで1点追加、後続の炭谷が倒れて、この回を計3得点で終えることになります。
阿部のタイミングもそうですが、ビヤヌエバを早い段階で下げてしまうのは納得できませんでした。打撃には安定性は無いですが、彼の守備力は1試合で相手のヒット数本を防いでいると思います。この裏の攻撃で鈴木にタイムリーを打たれましたが、サードがビヤヌエバだったらどうだったかなと思わず考えてしまいました。
そしてそのサードに入ったのが山本だったのも腑に落ちません。岡本をサードにまわして、レフトに重信か立岡を置くか、亀井をレフトにしてライトに陽を入れた方が良かったんじゃないかと思います。 ここのところ打席で結果を残せていない山本をあえて選んだ理由が分からないです。 そんなこんなで岡本はレフトのままフル出場する事になります。
こちらの先発菅野は、打者一巡をパーフェクトに抑えますが、カープがベンチ前で円陣を組んで挑んだ4回以降、ポコポコヒットを打たれて毎回失点し始めます。 特にシーズン前半の対巨人戦打率.344と高い1番西川が、ヒットで出塁してホームを踏んでさらにランナーも返して…

【ヤ5-4巨】色々試みて敗北した試合【神宮】

今日の先発メルセデスは球威がなく、毎回ヒットを打たれて5回途中で降板。後を受けた大江が本塁打を2本打たれそれが決勝点に。追い上げるもあと一歩及ばず敗戦となりました。
・1番若林と5番打者探し ・大城捕手でフル出場
・ファースト若林 ・大江スクランブル登板で2被弾 ・山田(大)、デラロサ、西浦負傷 ・坂本連発で本塁打キング独走
試合展開としては上述の通りですが、この試合では色々な事が試されたなと思い、その上で勝つというのは虫が良すぎるので、敗北は敗北として置いておいて、どんな試みがあったか振り替えってみたいと思います。
打順を見てみると、1番には若林がスタメン起用されました。さらにはファーストに中島が入り7番を任され、5番には陽が、大城はキャッチャーで8番の打順となり、最近のパターンとは若干異なる布陣でした。
相手の先発が左の山田大樹という事が発端の打順変更だとは思いますが、1番に今現在レギュラーで両打ちの若林を据えたのが初めての試みです。 私の勝手な推測ですが、この1番若林がハマったらそのまま使い続けて、亀井を5番にまわすつもりなんじゃないかと思いました。 というのも5番を張っていた大城が打撃不振で、左の投手も苦手とあって打線の穴になりつつあるからです。
ただベテラン亀井に依存する訳にもいかないので、そのスペアとして右打者で5番を任せられるのはいないかということで、陽、ビヤヌエバ、中島を同時起用して見極めをしたんじゃないかと思います。 結果は6回に代打を送られたビヤヌエバと中島は落第で、陽が5番打者候補という事になったのではと、勝手に思ってます。
そうなると大城の存在価値が薄れてしまいますが、この試合では捕手としてフル出場したので、そっちの方で出場機会を増やしつつ、下位の打順で打席に立たせて様子を見るつもりなのかな、とも勝手に思いました。 というのも、今日のメルセデスの出来がよろしくなかったので、総合的に見て2軍落ちも考えられなくはない状況で、このままだと大城が捕手としてスタメン出場する機会が消滅する可能性も考えられるからです。
そういう事も加味して、大城の捕手としての力量を測ったのかなと思いました。 例えば岡本に代走増田を出した際、その次の回に大城をファーストにまわさずに若林に任せてたのは、その一端なのかなと。 打力で期待できない選手をファースト起用するなら、岡本を…

【ヤ3-6巨】4番復活の兆し…?【神宮】

岡本に久しぶりの一発が飛び出し、亀井が勝ち越しと中押し、小林がダメ押しのタイムリーを決め、投げては山口がQSで10勝目を上げ、手堅く勝利した試合でした。
・岡本3週間ぶりの本塁打 ・亀井と小林が猛打賞 ・大城対高梨4連続三振 ・ビヤヌエバ1ボール後に代打 ・山口10勝目 ・50勝一番乗り
この試合一番大きな収穫は、岡本に6月23日以来の一発が飛び出た事でしょう。 しかも初回、チームとして苦手の高梨の出足をくじく先制打は価値ある1本で、ここからリードを山口が守っていくという流れになりました。 この一本を契機にサッカーでいうケチャドバ状態となってくれれば嬉しいです。
亀井も7回に昨夜に続く本塁打を放ちました。4回から続く均衡状態を破る1点となり、試合の流れをこちらに呼び込む一打でした。 その前の4回の勝ち越し打も亀井が打っていて、本当に良いところで働いてくれます。
その4回の勝ち越しのホームを踏んだのは小林で、亀井と揃って3安打猛打賞と活躍しました。この2人が同時に猛打賞するのは4月の阪神戦でもあったので、バイオリズムが似通ってるのかもしれないですね。 小林に関しては特に2回のエンドランを決めたのがお見事で、続く山口のスクイズによる追加点を生み出しました。
反対に元気が無いのが大城で4三振とからっきしでした。 対高梨で調べたら、前回の秋田での最終打席でも三振しているので、今日を含めると4打席連続三振という事になります。 高梨は来週の大阪でも先発するでしょうから、この結果を受けて大城がスタメン出場するか影響出そうな気がします。
また8回に、色々と憶測を呼ぶ采配がありました。 ワンアウトランナー1塁という場面で、打席にはビヤヌエバ。初球がボールとなった直後にタイムがかかり、何と代打重信が告げられビヤヌエバはベンチへ退く事となりました。その後重信はエンドランが功を奏した進塁打を放ち、結果としてこれが小林のダメ押しタイムリーへと繋がります。
通常では考えられないカウント途中での代打でしたが、ベンチが突然エンドランを閃いて左の代打の中で最も適した重信にスイッチしたか、ビヤヌエバがサインを見ていなくて懲罰交代させられたか、といった見立てがあるようです。 いずれにせよ調子を上げていたビヤヌエバですから、この事で銚子が狂って悪影響が出ない事を祈ります。
この試合先発した山口は7回途…

【ヤ4-7巨】リリーフ7人が呼び込んだ勝利【長野オリンピックスタジアム】

序盤はストライクゾーンで勝負する事ができなかった桜井がランナーをためてしまい4失点。しかし継投でそれ以上の失点を許さず1点ずつ追い上げ8回に同点。延長で相手のミスから勝ち越しとダメ押しを決め逆転勝利した試合でした。
・慎重過ぎた桜井・7人リレーで無失点
・デラロサ初登板 ・マシソン復調 ・5番陽猛打賞 ・五十嵐跨いで暴投 ・立岡連続代打安打
好投した阪神戦以来中5日での登板となった桜井でしたが、強力打線を意識しすぎてか慎重になっているように見え、初回・3回とランナーをためてしまいます。 両方とも大量失点の危機で5番のルーキー中山が簡単に凡退してくれたので1失点で済み、彼に助けられた感はあります。
しかし4回、ツーアウトまで持ってくるも、3つの四球で満塁としてしまいます。 この状況で一人目のバレンティンに内野安打を打たれて2失点目。続く村上にライト前に運ばれ2点タイムリーとなり勝ち越されます。 なおも1・3塁の状況で3度目の中山の打席でしたが、たたみかけるチャンスとばかりに代打雄平を送り込んできます。 桜井は雄平に対して、この回4つ目となる四球を与えてしまい、ベンチが諦めをつけて降板となります。
こうして見ると、強打者にビビって凡打者にイキってるように見え、巨人入団当初の山口(俊)のような感じがします。過剰なくらい強気になるか、平常心を保てるようになれば、もっと安定して抑えられると思うので、メンタル何とかの資格を持ってるコーチに何とかしてほしいところです。
桜井の残したランナーは、2番手の鍵谷が抑えて切り抜け、以降鍵谷-田口-デラロサ(新)-大竹-澤村-マシソン-中川、と計7人をつぎ込んで無失点リレーを成し遂げます。
中でも注目は初登板のデラロサでしょう。 球速が2回り速いクックといった感じで、コントロールは安定していて、ストレートの球速にはバラつきがあるものの、最速157km/hをマーク。そのストレートの見逃しが目立っていた気がします。 それというのもスライダーのキレがどうも良いようで、打者の手元で変化するタイプで、それを意識させられてストレートに手が出なかったのだと思います。 ストレートとスライダー、どちらを軸にするかでバリエーションができそうですが、バッターがどちらかに絞ってきたら痛打される危険性があります。もう一つ、持ち球にチェンジアップがあるようなので、そこも活かせればさらに幅が広がって、頼…

【8勝1敗】中日・横浜・阪神9連戦の振り返り【7/2-7/10】

[先発]
菅野、桜井、今村x2 + 山口、メルセデス、高橋というローテで挑みました。高橋以外は中5日での登板です。
中日戦の菅野、横浜戦の山口とメルセデス、阪神戦の桜井は7回以上を無失点投球して勝ち試合を作っていたので、宮本コーチが言うように四輪の活躍をしてくれたと思います。
そこと比べると今村はあともう一伸び欲しい感じがします。期間中に2勝をあげたので安定感は出てきたのかもしれませんが。
対して高橋はまだまだな感じです。一時期は新人王候補にも名前が上がってましたが、ここにきて先輩方との差が出てきましたね。しばらく2軍で修行かなと思います。 以前テレビ中継の解説に山本昌氏が来ていた際、スクリューを落とそうとするとリリースの際に手首が立ってしまって、それが他の球種の制球のバラつきを招いてしまっているのでは、というような指摘をしていたのを思い出しました。昌さんに高橋の一日コーチお願いしたいです。
で、そうなると6人目は誰かという争いになりますが、現状は高田とトレードで来た古川のどちらかにチャンスが与えられるのかなと思います。 畠はコンディション不良らしく、ヤングマンは外国人枠の関係で使うのが難しいですからね。
楽天から新加入した古川は、今年2軍戦と交流戦で見ましたが、ヤクルトの高梨っぽい、とらえどころの難しいピッチャーだなという印象です。他所の試合で初回7失点降板をしたのが記憶に新しい選手ですが、立ち上がりさえよければ尻上がりに調子を上げてくるタイプだと思っているので、ウチの捕手陣とどう試合を進めていくのか楽しみです。
[リリーフ]
何となく勝ちパターンが(大竹、田口)、マシソン、中川となっていましたが、試合を重ねる毎に田口への信頼とマシソンへの心配が高まっている感じがしました。
特にマシソンはコンディション本当に大丈夫なのか不安になるほど丁重に扱われていて、後半戦出なくても驚きはない流れです。 となると8回は新外国人のデラロサを試して、ダメなら田口みたいになるんですかね。
そのデラロサより一足早く加入した鍵谷は、中大投手がもう一人増えたなというのが今のところの印象です。6回か、点差がついた終盤、もしくはビハインドで投げてもらうのが妥当な、澤村・鍬原系統の使い方になるのではと思ってます。ストレートのコントロールが良くなれば化ける可能性はありそうですが。
不確定要素の多いリリーフ陣の中、3セーブを…

【神1-4巨】リリーフ事情の違い【甲子園】

阪神先発メッセンジャーを打ち込み4得点、3回から継投になるも追加点が奪えず、結果そのまま逃げ切って3タテを決めた試合でした。
・乱調メッセから先制
・阪神はブルペンデーに ・打線は3回以降散発 ・今村そこそこの出来 ・鍵谷ストレートがヤバい ・回途中での投手交代 ・岡本さん…
メッセンジャーはストライクボールがハッキリするピリッとしない投球で、初回に丸がソロを、2回には3連打と坂本の追撃タイムリーで3得点と早くも楽勝ムードを作り出します。 阪神サイドは2回裏のメッセンジャーの打順で代打を送り、早くも継投策へと切り替えます。結果的にこの判断が試合の展開をワンサイドにさせなかったので、この試合のターニングポイントなのかなと思います。
一方こちらの先発今村は良くも悪くもなくといった感じで、打たれるけどホームは許さない、どこかの田口や高橋のようなピッチングで5回まで無失点。 しかし中盤でつかまるのもお約束で、3連打(内1本は亀井の頭脳プレーで糸井アウト)を浴びて初失点。6回途中78球でマウンドを降ります。
次いでマウンドに登ったのは移籍2試合目となる鍵谷でした。 前回は余裕の点差の中でのお試し登板でしたが、今回は3点リードでランナーを背負った場面となり、真価を問われる局面でした。 で、ストレートが入らない入らない。先頭の高山を四球で歩かせますが、スポナビアプリのリプレイを見ると、北斗七星のようにボールが高めに並んでいてうわぁってなります(笑)。 続く坂本(神)は甘いスライダー2球で打ち損じを貰ってツーアウト。次の北條は打つ気マンマンだったのか、高めのストレートに手を出してセンターフライと、相手の拙攻のおかげでこの回を最小失点で終えられました。
7回裏も鍵谷がマウンドに立ちますが、この回先頭の原口に対してはボールが高めに浮きませんでした。三球目の真ん中(!?)ストレートを打たれるもののショートゴロに抑えます。高めのストレートを打たれても飛ばされなかったあたりからも、ストレートの質自体は良いのかもしれません。でも1点を争う場面を任せられないコントロールなので、やっぱり中大の先輩(澤村)後輩(鍬原)と同じ使われ方になるのかなと思います。
鍵谷が一人抑えたところで田口にスイッチ。最近この回途中ランナー無しの状況での交代が目立つ気がします。結果抑えてるので良いですが、交代の時間分試…

【神0-1巨】走塁で投手戦を制す【甲子園】

これぞ投手戦というような緊迫した中、わずかなチャンスを走塁でものにしてウノゼロ勝利。野球は駒を進めるゲームだなと思わせる試合でした。
・ガルシアと桜井の投手戦 ・1塁分の差
・岡本にバント
・坂本が坂本に刺される ・ゴロゴーとギャンブルスタート ・マシソン途中交代、大丈夫?
投手戦だと書く事がそんなにないのですが、こちらの先発桜井は前回の雪辱を果たすべく、今回は小林とバッテリーを組んで挑みました。 今回はストレートにも力が入っていたようで、変化球との組み合わせで的を絞らせない持ち味を存分に発揮し、7回を無失点で投げきりました。
対するガルシアも、打者の左右関係なくアウトコースへの投球を軸に、時折インサイドに投げ込む投球で、7回まで無失点を続けます。 先日の今永対策のようなものがあれば良かったのですが、ガルシアには何も用意してなかったんですかね?
8回を向かえて未だに両者無得点。先に点を取った方が勝者となるような状況となりました。 8回表でもガルシアが続投します。こうなると1本のホームランか、ランナーを1つでも先に進めて攻略をしていきたいところです。
ここで先頭のビヤヌエバが価千金のホームラン、とまではいきませんでしたが、ツーベースヒットを放ち、ノーアウトランナー2塁のチャンスが生まれます。 2塁ランナーを昨日のヒーロー増田に代えて、打席には小林が入ります。 代打策をうてたかもしれませんが、この時点でベンチに炭谷しかキャッチャーがいなかった都合もあって、小林で何とかするのが最善な状況でした。 ワンアウト3塁の状況を作るべく、小林がきっちりバントを決めてチャンスを広げます。
次の桜井の打順で代打中島が送られます。 犠牲フライやスクイズなど得点パターンが色々とある状況でした。 中島は初球を振り抜き、強い打球が前進守備のショート木浪の元へ。体の脇で何とか捕球するものの体勢が崩れていたためホームへは投げれずファースト送球でツーアウト。3塁ランナーの増田はゴロの瞬間にスタートを切ってたため悠々セーフとなり、走打連携でようやくガルシアから1点をもぎ取りました。
8回裏、ピッチャーを中川に代えて臨みますが、こちらも先頭の上本がヒットを放ちノーアウトのランナーを許します。 しかしランナーは1塁止まりのため、続く近本が初球送りバントでワンアウト2塁の状況を作ります。ウチと比較すると…

【神3-4巨】負け運vs勝ち運【甲子園】

西の負け運vs菅野の勝ち運のホコタテ対決でしたが両者に勝敗つかず、増田の走塁で決勝点をもぎ取って逃げきった試合でした。
・菅野毎回打たれて被安打11 ・大城2打点 ・代打で交代しておけば… ・岡本の代走増田が快走 ・前進守備キラー陽 ・丸の好守が中川を救う
・マシソンスライダー不安 ・坂本2打点猛打賞
名目上エース対決な顔合わせですが、菅野は相変わらずピリッとせず、毎回ヒットを打たれてランナーを背負います。ところが阪神も何かの力が働いているのか、チャンスでことごとく凡退してしまいます。 菅野被安打11本に対して阪神打線は残塁11と、中々の譲り合いですね。
対して阪神先発西は悪くないコンディションだったと思いますが、初回の連続四球から大城がタイムリーで先制。次いで菅野に真ん中を打たれて2失点目。最後にまた大城に今度は本塁打を打たれて3失点目と、投球内容の割にあっさり点がとれてしまったなといった感じです。これが負け運の力なんでしょうか。
3-2のスコアになった7回に阪神は西を諦めて能見をマウンドに上げます。 バッターは菅野の打順だったので当然代打だろうと思ってたらそのまま打席に入りました。前回115球投げて完封した上中5日で週末にオールスターも出るので、7回のリリーフが不安なのは分かるけれどもここは交代で良かったのではと思いました。
そして菅野は7回裏にもマウンドに上がりますが、先頭のマルテにいきなり二塁打を浴びたところで降板します。結局二桁被安打してる先発をどういう理由で引っ張ったのか全く理解できませんでした。 そして菅野が残したランナーを代わった田口が初球で犠牲バントを許し、ワンアウト3塁で代打原口の場面となります。ここでベンチが再度動いて大竹にスイッチ。結果田口は1球登板となりました。 しかし大竹が原口に犠牲フライを打たれてしまい3-3となり、瞬間西の負けも菅野の勝ちも消えました。
しかし次の8回表、攻略が難しいと思われたジョンソンから、岡本がヒットで出塁しワンアウト1塁の状況となります。 ここでベンチが動いて岡本に代走増田を送り込みます。ここから増田の快進撃がはじまります。 ピッチャージョンソンは牽制は上手い方だと思うのですが、増田に対して投じた速い牽制球がワンバウンドの悪送球となってしまって増田は悠々2塁へ。
ワンアウト2塁で気を取り直そうとしたジョンソンが…

【巨4-6デ】連勝ストップ【東京ドーム】

先発高橋は相変わらずの制球難で無失点ながら早々に降板し、継投に失敗して連勝ストップ。リードしていただけに勿体無い試合でした。
・山本スタメン(若林体調不良)・高橋制球難でブルペンデー
・坂本本塁打王に並ぶ・5回で井納に代打乙坂 ・阿部スタメンの良し悪し ・鍬原炎上(配球に疑問) ・陽飛び出しで台無し

本日はセカンドに山本がスタメンで入りました。右の井納相手だったのにおかしいなと思い、昨日のスクイズ失敗で若林は懲罰受けてるのかなと思いましたが、そもそもベンチ外でした。 試合後に体調不良で検査を受けるため外れた事が発表されましたが、中々無いことなので大事では無いことを祈ります。
こちらの先発は久々の登板のドラ1高橋。報道ではストレートに磨きをかけたらしく、今日もズラリと並んだ右の横浜打線に対して、クロスファイアーでストレートを投げ込んで挑みます。 確かに球速は上がっているような感じはありましたが、何発かレフトスタンドに危ないファールを打ち込まれていたので、一発病は相変わらずなのかなと思いました。
そして制球難の方も相変わらずで、高めに抜ける球は減ったものの、代わりに低めに引っ掻ける球が増え、球数が多くランナーをためるテンポの悪い展開となりました。 しかしタイムリーを打たれない面も相変わらずで、1回2回と満塁の場面を作っては切り抜けるスリルを味あわせてくれます(望んでませんが)。 結局3回にツーアウト1・3塁としたところで高橋をあきらめて野上を登板させブルペンデーとなります。
一方打線の方は完全に復調した坂本が第1打席でいきなり本塁打をかっ飛ばして先制します。これでソトに並んでホームラン数トップです。 その後4番に復帰した岡本が二塁打で出塁し、今日は5番ファーストの阿部が鮮やかにタイムリーを放って2点目をゲット。2-0とリードして試合をスタートさせます。
しかしその後は井納から追加点を奪えず(井納の謎ボークとかはありましたが)、代わった野上も何とか点をとられずに回は5回まで進みます。
5回表、野上が宮崎・細川と連打を浴び、伊藤が送ってワンアウト2・3塁のピンチを迎えます。続く大和からは三振を奪いますが、次はピッチャーながら今日2安打している井納の打順。ここで横浜ベンチが動き、代打に左の乙坂を告げます。井納を代えるのは勿体無い気がしましたが、この采配が当たるから厄介です。
野上が初球に投じたチェンジアップ…

【巨4-3デ】岡本外れるもメルセデスに久々の勝ち星【東京ドーム】

現地観戦3連勝、チームは7連勝。何だかんだ先制点と追加点が入り、メルセデスの好投で7回までは主導権を握りますが、継投に入ってからポコポコ打たれてしまい、リードを何とか守りきった試合となりました。
・岡本スタメン外れる ・またもやエラーで ・スクイズ失敗を取り返す ・平良に代打中井 ・ウチ以上の左右病 ・リリーフそろってソロ被弾 ・メルセデス約1ヶ月ぶりの勝ち星
試合開始前にスタメンを見て最初気づきませんでしたが、陽、ビヤヌエバ、大城、阿部、亀井の名前を見渡してからようやく岡本がいない事に気がつきました。 昨日もノーヒットでしたし、7月で見てもヒット1本の状況ですからね。メルセデス先発で捕手が大城、ファーストに阿部を起用できるのこの試合、リフレッシュとして外すには良いタイミングかもしれません。
対する横浜のスタメンは筒香以外全員右の極端な対左腕なラインナップ。メルセデスは左バッターの方が苦手なんですけどね。 1回の表はその対策空しく三者凡退に終わります。
横浜の先発平良は山口のFAの際に人的補償で移籍した元巨人の投手なのですが、新天地で先発としてスクスク育っているようで、去年は菅野と投げ合って勝ってたりします。 しかしこの日はストライクとボールがハッキリしていて、ストライクを狙い打たれている感じでした。フライピッチャーのようで、打球がよく上がっていましたが、うまく芯を外しているのが打球音と打球のノビでよくわかりました。
1回裏、先頭の亀井がいきなりライト線へ2塁打を放って出塁。坂本倒れ丸四球となってワンアウト1・3塁の状況で本日の四番の阿部に打席がまわります。 3ボール1ストライクの打者有利のカウントで5球目のスライダーを打ちにいってひっかけてしまいボールは点々とサードへ。しかしこの打球をサード宮崎がファンブルしてしまい、3塁ランナーが生還し先制点を上げます。何か最近エラー絡みの得点が多いのが気になりますが。
その後の4回、好調丸が2塁打で出塁し、阿部の凡退の間に3塁へ進塁、大城四球でワンアウト1・3塁の状況となります。 ここで打席の若林がスクイズを仕掛けるも、打球を高く後ろに上げてしまってキャッチャーファールフライでツーアウトとしてしまいます。
小フライじゃなかったので3塁ランナーの丸が帰塁できていた事は不幸中の幸いでしょう。 あとスクイズするなら1塁ランナーの…

【巨8-4デ】山口vs今永【東京ドーム】

交流戦後勢いのあるチーム同士、そしてリーグトップの成績の先発が顔合わせ、戦前から好ゲームが十分予想されましたが、中身の濃い試合を制して6連勝です^^
・山口vs今永第一ラウンド ・円陣の効果? ・右林さん ・山口vs今永第二ラウンド(打撃編) ・丸にバント指示 ・鍵谷初登板 ・ヒーローインタビューで禁句
出だしの4回ぐらいまでは今永に軍配が上がっているように見えました。 球威のあるストレートにブレーキの効いた落ちるチェンジアップ、キレのあるスライダーと、どの球種なら打てるのか分からない状況でした。 対して山口はカーブの制球に苦しんでいたようで、2回にその外れたカーブのカウントを取り戻そうとしたストレートをロペスに狙い打たれ、ツーランホームランで先制されてしまいます。
2ー0のまま、あるいは点差を広げられて負けてしまうのかと不安になりましたが、3回以降カーブをコントロールしだした山口が、いつもの尻上がりに調子を上げる展開に乗りだし、ヒットを許さないピッチングを見せはじめます。 だからこそ、ジャイアンツ打線が何とかしないといけない状況でしたが、5回まで今永の前にノーヒットだったので、2点差が重く感じられました。
5回裏、岡本から始まる攻撃の際ベンチ前で円陣が組まれました。気合いを入れるためだったのか具体的な指示があったのか定かではないですが、この後の打席の内容を見るに、低めを捨ててベルトより上をガンガン振ってけ、というような方針を示したのではないかと思います。 事実この円陣の後から今永に対するボールの見極めが格段に良くなっています。
岡本は三振で倒れるもビヤヌエバが選んで出塁。次の打順は右打席の若林(右林)。 折に触れて言っている通りだと、右林はパワーも選球眼も左林より劣るので、ゲッツーにならなければ良いなぐらいに思ってたのですが…右林さんスンマセンでしたm(_ _)m 7球粘った後の真ん中のストレートをバッチリのタイミングで捉えレフトスタンドへ。チーム初安打が同点となるツーランホームランとなりました。 完全に憶測ですが、ベンチの指示(だと私が勝手に思っている)通り、ベルトより上のボールを思いっきり振った結果なんでしょう。
2ー2と同点に追いつき、6回からは山口vs今永の第二ラウンドです。しかしこれがピッチングの内容ではなく、彼らの打席の結果を後続が活かせたかどうかが別れ道となりました。 6回表はピッチャー…

【巨5-3中】4度の満塁、1本のホームラン【東京ドーム】

前日はタイムリーヒットをたくさん打って競り勝った試合でしたが、この試合は2本のホームランの得点を守りきって5連勝です^^

・4度もあった満塁 ・不調のロメロ ・坂本の満塁打が決勝点 ・今村に勝ち星 ・大竹リベンジ
この試合では高橋周平、大城、坂本、丸と4回も満塁の場面がりましたが、坂本だけがホームランという最高の形で点に結びつけ、それが決勝点となりました。
それというのも先発ロメロがノーコン過ぎたためで、やたらと外を意識して投げてましたが、特に右打者に対して抜け球が多くカウントが乱れてました。 スタメンで左だったのは大城と丸のみで、この二人はそもそもロメロを苦手にしているように見えました。なので満塁でまわってきたのは巡り合わせが悪かったかもしれないです。 これに対して坂本は、悠々とボールを選んでいるかのように、得意のインコースに来た球をレフトスタンドにあっさりと運びました。腰痛の影響を心配していたのでインコース打ちは不安だったのですが、結果が出てるのでもう問題はないのかもしれません。
対して今村は初回にコントロールを乱して満塁のピンチを招きますが、そこはサードへの内野ゴロゲッツーで切り抜けました。 その後はペースを掴んで、持ち味の多彩な変化球で的を絞らせない投球でした。 7回の失点は打った中日の阿部が巧かった結果ですが、その前の四球が勿体なかったと思います。下位打線だったので7回も投げきるチャンスだったのですが残念ですね。
その後は昨日の汚名返上とばかりに大竹が登板し、今村の残したランナーを返してしまうも最小失点で切り抜けました。 8回は田口が危なげないピッチングで三者凡退にし、9回は中川が抑えてゲームセットとなりました。 昨日は点差を守れなくて野手に助けられたリリーフ陣でしたが、今日は坂本の4点(あとついでに小林が打った確信歩きホームランの1点も)を守りきりました。 またもや鍵谷に出番が無かったのが心残りですがね。
勢いあるチーム同士の対戦でどうなるかと思いましたが、ウチが3タテして幕引きとなりました。中日と比較して勝負強さが光った連戦だったのかなと思います。 次節はさらに勢いのある横浜相手なので、ここにも勝ち越せるようなら、いよいよ独走態勢ですね。

【巨7x-6中】シーソーゲームを制す【東京ドーム】

現地観戦史上一番の接戦だったかもしれません。
桜井と吉見、大竹と鈴木、中川とロドリゲスと、失点するタイミングも量も似通いながら、リプレイ検証の結果など含めて僅かな差がウチに有利に転んだ結果なのかなと思います。
最後に増田がバントを決めた場面は、この試合の色々な積み重ねが思い起こされて感動して泣きそうになりました^^
・両先発乱調 ・4回から投手リレー ・大竹陥落 ・鈴木vs代打阿部 ・中川があっさりと ・ノーヒットでサヨナラ
先発桜井に関しては、交流戦と違ってストレートでファールが取れず、苦しいピッチングの様相でした。3回に三者凡退をとれてようやく調子を上げてくるかと思いましたが、その裏にワンアウト満塁の場面で打席がまわってきてしまったため、代打を出され降板となってしまいました。次回中5日での阪神戦でどう修正してくるか注目です。
対する中日の先発吉見はコントロールが良いことで有名なピッチャーのはずなんですが、今日は死球を出したりピンチを広げる四球を出したりと本来の姿じゃないように思えました。特に左打者への対応に苦労しているように伺えます。 タイムリー3本で4得点し、3回裏にノーアウト満塁の場面を作ったところでピッチャー交代となりました。代わってあがった左腕の岡田がこの場面を見事に火消しします。前に飛ばせば1点の場面で三振に倒れた炭谷と代打中島は反省してほしいです。
4回以降はウチは鍬原、澤村とリレーし、中日は谷元、福とリレーして、3-4のまま7回を向かえます。鍬原第二先発起用は意外だったし不安だったのですが、カーブ以外は比較的制球できていたように見えました。
7回と8回を誰に任せるか、調子の良い大竹に8回を任せるんじゃないかと思っていたら、7回に登場。先頭の木下は抑えますが、代打福田と平田に連打を浴びてワンアウト1・3塁とピンチを招きます。 内野が前進守備のバックホーム体勢を敷いたので、平田に走られて京田にワンヒットで逆転されるのがあり得そうで一番嫌な展開だと思っていたら、京田があっさりスクイズをしてくれて、同点にされるもののツーアウト2塁と状況は軽くなりました。 しかし後続の大島にシンプルに1・2塁間を破られ5-4と勝ち越されます。大竹ぇ。
その裏は鈴木ンブレル改めただの鈴木がマウンドに上がりますが、特徴の荒れ球が良いように荒れず、岡本と若林がヒットで出塁しすかさずワンア…

【巨6-0中】今季初の先発完封勝利【東京ドーム】

調べたら完投勝利自体も5月1日の中日戦で菅野が達成して以来みたいです。やはりエースの勲章ということなんでしょうか?
・中日打線に助けられた菅野 ・亀井さん ・ビヤヌエバさん ・結果として完封

立ち上がりが課題と言われている菅野だったせいか、中日打線が序盤からボール球も含めてやたらブンブン振ってくれたおかげで球数をかけずに回を進めていくことができました。 結果四球もゼロだったんですね。ホークス戦のように粘られて見極められる方が菅野は嫌がったでしょうに、今日もコントロール良くなかったですし、中日打線に助けられた感じがします。
対して中日先発の清水はストライクとボールがはっきりするタイプのようで、カード初戦を任せるようなピッチャーには思えませんでした。先頭の亀井にソロホームランを打たれ、その後満塁で死球押し出しで2点目を献上。次の回も連打で出たランナーが簡単に帰り、3回にはビヤの久々のソロホームランで4失点目を喫します。 清水はまだ高卒2年目なので、ウチで言うと高田が投げてたようなものと考えればこのくらいの結果が出て然るべきでしょう。
5回以降中日は継投に入りますが、4番手の左腕岡田が坂本と丸に連続本塁打を打たれ、6ー0で決着。あとは菅野が完封するかどうかの話だけになりました。 9回、最後のバッター堂上の当たりを陽がフェンスにぶつかりながら捕球しゲームセット。菅野にとってもチームにとっても今季初完封勝利となりました。
ただ今日はうまい事ハマってくれたから最高の結果になっただけだと思いますし、次回中5日での登板の方が真価を問われる気がします。現状大事な試合は山口に託す方が安心安全でしょう。 次回登板後はさらにASにも出場するので、疲れがたまって体が重くなっていかないか心配です。
打線に関しては、前回疲れがたまってるとか言ってスンマセンでした亀井さんと、前回他にいないから1軍にいるんだよとか言ってスンマセンでしたビヤヌエバさんが、序盤の良いタイミングで本塁打を打ってくれました。 亀井さんに関しては守備面も含めて代えがきかない存在になっちゃってますね。衰え知らずな感じです。 ビヤヌエバさんは守備の人化してましたが、ようやく大きいのが出たし、死球2つもらってもカッカしてない様子から打席でも冷静でいられてるのかなと思います。でもウチって大人しい助っ人は大成しないからなぁ。
中日の方は平…

【2勝0敗】ヤクルト2連戦の振り返りと9連戦の展望【6/29-6/30】

[スワローズ]
○2-6 ○3-4

石川と高梨からは相変わらず打てなかったですが、要所要所のエラーで何だかんだ勝たせてもらったカードでした。ヤクさんありがとう。
打順がバレンティンが不在の影響かガラッと変わっていて、山田を1番に置いて4番は村上、5番にルーキー中山と早くも育成モードなのか迷走なのか、いまいちチグハグな気がしました。青木が調子落としてるのも大きいですね、今回はいつものしぶとさを感じませんでした。
AS後にローテ調整してまた石川と高梨当てられるんだろうなぁ。
[打線]
打順は1~4番は変わらない面子でしたが、亀井がそろそろお疲れじゃないかなと思えてきます。重信がノってるみたいですし、そろそろ1番を譲っても良い頃合いじゃないですかね?
そして懸案だった坂本が再び当たりだしてきました。丸と岡本がこのカードはおとなしかったですが、交流戦から調子は上げてきてますので、連打で鮮やかに得点する場面を期待したいです。
大城、若林は少し結果がついてきてないので、AS前にもう一花咲かせないと起用方針を変えられる可能性があるかもしれないです。正念場ですかね。 ビヤはちょっとなぁ。代わりの外国人打者がいないから1軍にいられるのが正直な評価だと思います。
[投手陣]
山口は完全に大黒柱でローテの中心的存在ですね。中5日でまわすみたいですが、金曜に今永との対決になるんですかね?楽しみな組み合わせです。
メルセデスは上がり目が感じられないですね。この人も中5日構想に入ってるらしいですが、中継ぎに負担がかかるし投げさせ続けて何か好材料が拾えるのか疑問です。
リリーフに目を移すと、大竹が頑張ってるみたいで気合い入れて抑えてる感じがします。これは周りにも好影響を与えると思うので、しばらく置いておくと良いかもしれないです。
あと高木が抹消されたようで、田原に引き続き交流戦の功労者を落とすのかぁ、と納得いかない部分がありますが、最近加わった新戦力を試すための準備かもしれないです。
[新戦力]
デラロサに続いてトレードで鍵谷と藤岡が加わりました。鍵谷は早速中日戦から合流するようです。デラロサは日本の野球環境に順応中で、藤岡は鍛え上げてから判断する方針のようです。
代わりに出ていった光夫も宇佐見も、日ハムではかなりの勢いで期待されているようで、出場機会だけを考えたら良いトレードだったかもしれ…