スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨16-4神】気分すっきり【東京ドーム】

これを待ってた。阪神先発岩田が制球に苦しむのを逃さず一気に7得点。その後も手を緩めず6月9日以来の2桁得点で連敗脱出です^^

・打順微調整
・岩田制球難で炎上
・ゲレーロ満塁弾
・ダイヤモンド谷プラチナ仁朗
・16安打16得点、残塁5
・桜井福留にカモられる

前の試合の反省を活かして岡本を6番に置き、7番にはゲレーロが入りました。また、若林が1番に戻り2番には山本が久しぶりのスタメン起用となりました。
しかし山本はスタメンで唯一のノーヒットで終わり、残念な結果でした。次に左の先発が相手の時にまた選ばれるのか微妙なところです。

こちらの先発は桜井。先頭打者のASサイクル男の近本に三塁打を打たれ、犠牲フライで生還され、たった6球で先制を許します。
しかしその裏、阪神先発の岩田の立ち上がりが非常に悪く、ストライクとボールがハッキリする内容で、1番若林から、山本の送りバントを挟んで5番亀井までの4連打ですぐに追い付き、なおも一死満塁の状況で6番の岡本を迎えます。

岩田は岡本に対してどうも逃げ腰のようで、四球を出してしまい1-2で勝ち越し。なおも満塁で打席には7番ゲレーロ。押し出しの反省からストライク先行の投球を試みたようですが、3球目の浮いたストレートをゲレーロが逃さず捉えバックスクリーンへ。自身初のグランドスラムとなり、スコアは一気に1-6となりました。
前日の残塁祭りの試合を現地観戦してた身としては、「これだよこれっ!」というよな心地で、詰まってた物が一気に流れ出たようにスッキリしました。バモスっ!

これだけに止まらず、岩田は8番炭谷に四球で再びランナーを出し、さらに続く桜井の打席で連続暴投をして、炭谷が三塁まで進みます。これはもう戦意喪失してますね。桜井は三振に倒れるも、この回2打席目の若林が岩田から2本目のヒットを放ちタイムリー、1-7とします。次の山本が凡退でようやく攻撃終了。打者11人で7得点を上げ、試合を一気にワンサイドに持ち込みました。

しかしここであぐらをかいて追加点を取らずに追い付かれた試合が多いので、まだ油断なりません。
この試合ではそこは一味違って、追撃の手を緩めずに3回、エラーで出塁していたゲレーロを1塁に置いて、次の炭谷がレフトスタンドへツーランホームランをお見舞いし2-9、依然として登板していた岩田に止めを刺しました。
炭谷は6回に浜地からグランドスラムも放っており、この日一人で6打点の大活躍でした。打てる捕手最高。

その他に亀井と岡本の連続タイムリーや、小林にもタイムリーが出て、阪神の登板した投手全員から得点を上げ、16安打16得点と久しぶりの2桁得点を達成し、残塁も5と非常に効率良く点が取れました。
正直相手先発のお陰の面が大きいと思いますが、ウチも古川とかヤングマンとか使ってましたし、こういう恩恵に預かってもバチは当たらないはずです。

守りの方に目を向けると、桜井は初回に先制された後、2回に福留にソロホームランを浴び2失点。その後6回にヒットを3本浴びて3失点と、計9安打打たれており、内容的にはそんなに良くなかったです。なので大量援護があって助かった部分はあると思います。
しかし福留が不気味なくらい桜井のボールを見切っていて、3打数3安打と怖い存在でした。もしこの試合が接戦でチャンスで回っていたら手強い相手になったと思います。緩急を見抜かれてた節がありそうなので、次回対戦ではそこを狙われないように気をつけて欲しいです。

8回以降は前日に登板の無かったクックと戸根に任されました。しかし方や失点、方や死球と大勝ムードを綺麗に飾れなかったのは勿体なかったですね。
勝利の方程式をどうするかの問題は残ったままで、澤村or高木、デラロサ、中川という感じにとりあえずなるのかなと思います。

3タテを回避し、広島戦に向けて弾みをつける大量得点で、最悪の流れを最善の形で止められたのかなと思います。
水曜木曜誰が先発するのかの心配はありますが、目先の火曜の山口がビシッと試合を作ってくれる事を期待しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ