スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨2-3広】負:高橋 勝:ジョンソン【東京ドーム】

先発の差がそのまま勝敗になった試合でした。リリーフをつぎ込む展開で追い付きかけただけに勝っておきたかったです。

・高橋3回途中で降板
・7回まで左打者の出塁0
・リリーフ2人が打席に
・ゲレーロまた仕事する
・リリーフ6人無失点リレー
・次戦のスタメン予想
・支配下登録期日

先発高橋はボール先行の苦しい内容でした。初回にいきなり西川、菊池に連続本塁打を浴びて2点を先制され、3回には連続四球からのタイムリーヒットで3失点。ベンチは早々と高橋を諦め、継投へとシフトします。結果的にはこの決断で試合を壊さずに済みました。

そうなると早い段階で点をとって追い付きたいところでしたが、広島先発ジョンソンを攻めあぐねていました。特に左打者にはインコースのツーシームを意識させ、他の球種を活かす攻め方で主導権を握られました。
ジョンソン相手に出塁できたのは、若林、坂本、炭谷の3選手のみで、これでは点を取りようがありません。特に坂本は二塁打を2本放ってチャンスを作りますが、続く亀井が珍しくブレーキになってしまって点に結びつけられませんでした。左右病も侮れないと思わされた展開で、陽不在が響きました。

チャンスが少なかったせいもあってか、2番手、3番手で登板した鍵谷と戸根にも珍しく打席が与えられました。戸根はプロ初打席だそうで、結果は見事な送りバントでした。
しかし後を考えたらこの采配は正解で、打席をきっかけに投手を代えていたら、試合終盤で打たれた投手ですら無理に引っ張らなければならなくなり、試合を壊す懸念が生じるからです。実際このおかげでピリッとしなかった大竹をすぐに代える事ができたと思います。

結局ジョンソンから点を取れずじまいとなり、7回からは右腕の遠藤に代わりました。ここで待ってましたとようやく反撃に出ます。
口火を切ったのは岡本のヒットで、狼煙を上げたのがゲレーロの特大のツーランでした。ゲレーロは1軍復帰以来ヒットを打ち続けて、しかも良い場面で決めてくれます。ひょっとして本塁打王の感覚が戻ったのでしょうか?

3-2と1点差に詰め寄り、ツーアウトとされるもヒットと四球でさらに満塁の場面を作り、打席に4番坂本を迎えます。
坂本は甘い球を捉えたのですが、あと一伸び足りずライトフライに倒れ、遠藤からは2点止まりとなりました。
しかし投手が交代した途端ゲームの流れが変わりました。ジョンソンをこの回投げさせなかったのは、序盤に山本と亀井が粘った影響かもしれないです。

こちらの投手陣は踏ん張ってり無失点リレーを続けており、鍵谷、戸根から澤村へ。その次の大竹は打ち込まれたので高木へスイッチして切り抜け、そのまま跨がせてバティスタのところでデラロサにスイッチ。凡打に抑えて4回から9回まで無失点リレーを成し遂げました。
投げさせた順番がそのまま現状の信頼度を表しているように見え、そういう意味では大竹が残念なパフォーマンスでした。

しかし打線の方が同点に追い付けずそのまま3-2で試合終了となってしまいました。8回に亀井の二塁打と岡本のバントが、ゲレーロのサードライナーで無惨に散った時は、広島とやる試合はやはり何か憑き物があるなと思いました。

リリーフを消耗し過ぎた上に、次の先発メルセデスが試合を作れるのか不安があります。再びリリーフ総動員となったら、後の横浜戦に響くので、誰か入れ換えでフレッシュな第二先発を用意しておくのが得策かと思います。
攻撃の方も相手が右の野村になるため、絶好調のゲレーロをどうするのか気になります。恐らくサードが田中俊太になって、キャッチャーが大城に代わる程度の入れ換えだと予想します。
打ちまくって投手に頼らず勝利を掴んで欲しいです。

ところで7月末日のため、この日で今シーズンの支配下登録が締め切られました。
68人と2人余ることになりましたが、FAで人的のプロテクト考えての事でしょうかね?會澤いくのかなぁ。
まぁ去年は色々あって3人ほど試合に出られなくなったりもしてましたし、ノースキャンダルでこの日を迎えられたのは喜ぶべきかもしれないです。

しかし岩隈はいつマウンドに、尚輝はいつグラウンドに、復帰するのか。

ブログランキング・にほんブログ村へ