スキップしてメイン コンテンツに移動

【広2x-1巨】今季初の被3タテ【マツダスタジアム】

桜井と九里のすばらしい投げ合いが7回まで続き、試合はリリーフに託され、チャンスをものにできた広島がサヨナラ勝ち。シーズンタイの4連敗となりました。

・ビヤの代わりに重信スタメン
・岡本サードで(準)フル出場
・桜井と九里の似た者投手戦
・バティスタ対策
・9回代打阿部・陽揃って三振
・カープXマシソン

この試合のスタメンに若干変化があり、ビヤヌエバが外れてレフトに重信が起用され、岡本はサードでの先発出場となりました。左右対応のためですかね。
前の試合は大城外して陽スタメンで岡本ファースト、その前は大城とビヤがスタメンで岡本レフトでフル出場と、微妙に何か試してるような節もあります。

岡本は代走で下がるまでサードを守り続けました。このカード3試合とも異なるポジションで出場しましたが、この感じが定番になるのか、はたまたこの3試合の結果からどこかのポジションで固定にするのか興味深いところです。

試合は両先発桜井と九里が7回まで投げ合い、桜井は巨人キラー西川に先制ソロを浴びて1失点、九里は亀井の2塁打が犠牲フライに繋がって1失点となりました。
両投手とも長打が失点に繋がりながらも、チェンジアップを効果的に使って打者を抑え、降板するまで球数が100球未満で効率よく投げていたあたり、似たようなタイプ同士の投手戦でした。

この試合では前日にやられたバティスタを封じ込めていたので、この部分はうまく対策できていたのかなと思います。ストレートは見せ球に、ストライクは変化球でって感じでした。なので10回裏は敬遠じゃなく思いきって勝負にいっても良かったかもと思わなくないです。
もう一人、このカードで目立っていた西川は、見た感じ反応打ちするタイプなので対策は難しそうですね。ムービング系のボールで打ち損じてもらうのが得策でしょうか。

そしてこちらの打撃陣は、9回表が最後にして最大のチャンスでしたね。ワンアウト満塁で代打阿部と陽が連続三振。がっかりオブザイヤーって感じでした。
これならその前のバッター若林の場面で何か仕掛けた方が良かったんじゃないかと思います。3塁ランナーは足の速い増田ですし、スクイズやら1塁ランナーのみのエンドランやら。今までと違ってここ最近は勝負所で打者任せな感があって、何か意図があってそうしてるのか気になるところです。

そして10回裏のマシソン。先頭打者にストレートの四球の時点でこりゃダメだなと思いました。調べたら昨年の対広島防御率は9点台だったんですね。このカードで苦手意識がさらに増幅したでしょう。まだ広島戦はけっこう残ってますが、接戦になった場合に起用するのかどうか、今後の采配に影響が出そうな気がします。

というわけで3タテされてカードを終えました。首位独走優勝確実といわけにはいかなさそうですね。この負け方を他のチームに対してもするようになったら危ないです。早いところ勝って、また勢いをつけ直して欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ