スキップしてメイン コンテンツに移動

【広7-6巨】マツダアレルギー再確認【マツダスタジアム】

マツダアレルギーは健在のようで、ライトスタンドに入る本塁打で負けるのは見慣れた光景でした。久々の連敗です。

・お馴染みの打順
・大瀬良炎上
・4回にビヤに代打阿部で守備山本
・岡本レフトでフル出場
・1番西川に振り回される
・菅野続投の謎
・マシソン逆転許す

前回の投稿で打順について色々書きましたが、結局は見慣れたラインナップとなりました。
しかし1番亀井が今日も元気に猛打賞と大活躍で3割に届きそうな勢いです。坂本と岡本にホームラン、大城・若林の連続タイムリーと打線自体は悪くなかったように思えます。欲を言えば初回の満塁でもっと点を取っておけばといった感じです。

それもこれもシーズン序盤は最多勝候補と目されてた大瀬良が、交流戦頃からおかしくなり始めたためで、まるでどっかの菅野みたいな状態に見えました。
ボールとストライクがボール1個分左右にずれてる感じがしました。

その大瀬良を4回に捕まえて満塁から連打で2得点。引き続きワンアウト満塁の場面で、指揮官はビヤヌエバに代えて阿部を送り込みます。勝負をかけるのが早すぎじゃないかなと思いましたが、ここで大量点を取って楽勝の展開にしてしまおうという魂胆だったのでしょうか。
結果としては犠牲フライで1点追加、後続の炭谷が倒れて、この回を計3得点で終えることになります。

阿部のタイミングもそうですが、ビヤヌエバを早い段階で下げてしまうのは納得できませんでした。打撃には安定性は無いですが、彼の守備力は1試合で相手のヒット数本を防いでいると思います。この裏の攻撃で鈴木にタイムリーを打たれましたが、サードがビヤヌエバだったらどうだったかなと思わず考えてしまいました。

そしてそのサードに入ったのが山本だったのも腑に落ちません。岡本をサードにまわして、レフトに重信か立岡を置くか、亀井をレフトにしてライトに陽を入れた方が良かったんじゃないかと思います。
ここのところ打席で結果を残せていない山本をあえて選んだ理由が分からないです。
そんなこんなで岡本はレフトのままフル出場する事になります。

こちらの先発菅野は、打者一巡をパーフェクトに抑えますが、カープがベンチ前で円陣を組んで挑んだ4回以降、ポコポコヒットを打たれて毎回失点し始めます。
特にシーズン前半の対巨人戦打率.344と高い1番西川が、ヒットで出塁してホームを踏んでさらにランナーも返してと、4回~7回は彼に引っ掻き回された感じがしました。
もっとも、彼以上に前半対巨人.514とかいう意味不明な打率を残している鈴木誠也っていうのもいますが。

菅野は7回時点で110球を越えていて、スコアは5-3。この回に打順がまわってきたところで当然代打だろうと思っていたらそのまま打席へ。全く意図が分かりません。
裏の回にランナーを出したら交代させるのかなと思ったら、西川に2塁打を打たれても続投。続く菊池にタイムリーを浴びて4失点目を喫したところでようやく降板となりました。

先発を7回まで引っ張ったというのは、リリーフを2枚で済ませたかったという事でしょうか?デラロサは前の試合で打球が当たっていたので心配ではありましたが、この後バティスタを難なく抑えてましたし、コンディションに問題があるように見えませんでした。
となるといつぞやのヤクルト戦の時のようにエースの義務とか意地とか、それ系のパターンですかね?

で、次の8回キャプテンが29号のソロホームランを放って6-4とし、試合の流れを引き戻します。
大瀬良が代わって以降無得点が続いていた上1点差に詰め寄られていたので、最高のタイミングで追加点を取ってくれました。

が、これがぬか喜びになるのがマツダスタジアムなんですよね。
8回裏にマウンドに上がったマシソンがカープ打線にやりたい放題されて、會澤に逆転のツーランを浴びて6-7。久々によく見た光景に出会えて懐かしさすら覚えました。
そして最近よく見る田口がマシソンの尻拭いをして8回は終了。9回は追い付けそうな状況だけ作って試合終了となりました。

久しぶりに勝てた試合を落としました。5月頃がこんな感じだったなと、初心を思い出して気を引き締め直すには良い試合だったのではないでしょうか。
坂本と岡本にホームランが出て、デラロサがストッパーとして使えそうなのが分かったのは収穫でした。
しかしマシソンは対カープに限っては頼りない感じがしますね。残りの試合もリードした場合彼に託すのか気になるところです。

この試合を通して、負け越しても良いのでとにかく1勝はして欲しいなと、期待を下方修正する事にしました。

ブログランキング・にほんブログ村へ