スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨7x-6中】シーソーゲームを制す【東京ドーム】

現地観戦史上一番の接戦だったかもしれません。
桜井と吉見、大竹と鈴木、中川とロドリゲスと、失点するタイミングも量も似通いながら、リプレイ検証の結果など含めて僅かな差がウチに有利に転んだ結果なのかなと思います。
最後に増田がバントを決めた場面は、この試合の色々な積み重ねが思い起こされて感動して泣きそうになりました^^

・両先発乱調
・4回から投手リレー
・大竹陥落
・鈴木vs代打阿部
・中川があっさりと
・ノーヒットでサヨナラ

先発桜井に関しては、交流戦と違ってストレートでファールが取れず、苦しいピッチングの様相でした。3回に三者凡退をとれてようやく調子を上げてくるかと思いましたが、その裏にワンアウト満塁の場面で打席がまわってきてしまったため、代打を出され降板となってしまいました。次回中5日での阪神戦でどう修正してくるか注目です。

対する中日の先発吉見はコントロールが良いことで有名なピッチャーのはずなんですが、今日は死球を出したりピンチを広げる四球を出したりと本来の姿じゃないように思えました。特に左打者への対応に苦労しているように伺えます。
タイムリー3本で4得点し、3回裏にノーアウト満塁の場面を作ったところでピッチャー交代となりました。代わってあがった左腕の岡田がこの場面を見事に火消しします。前に飛ばせば1点の場面で三振に倒れた炭谷と代打中島は反省してほしいです。

4回以降はウチは鍬原、澤村とリレーし、中日は谷元、福とリレーして、3-4のまま7回を向かえます。鍬原第二先発起用は意外だったし不安だったのですが、カーブ以外は比較的制球できていたように見えました。

7回と8回を誰に任せるか、調子の良い大竹に8回を任せるんじゃないかと思っていたら、7回に登場。先頭の木下は抑えますが、代打福田と平田に連打を浴びてワンアウト1・3塁とピンチを招きます。
内野が前進守備のバックホーム体勢を敷いたので、平田に走られて京田にワンヒットで逆転されるのがあり得そうで一番嫌な展開だと思っていたら、京田があっさりスクイズをしてくれて、同点にされるもののツーアウト2塁と状況は軽くなりました。
しかし後続の大島にシンプルに1・2塁間を破られ5-4と勝ち越されます。大竹ぇ。

その裏は鈴木ンブレル改めただの鈴木がマウンドに上がりますが、特徴の荒れ球が良いように荒れず、岡本と若林がヒットで出塁しすかさずワンアウト1・2塁の場面を作ります。
ここがこの試合のターニングポイントだったと思いますが、ビヤヌエバの打席の場面で原監督は代打阿部を送り出します。次がキャッチャー炭谷の打順だったので、そちらの方が代えやすいと思ったのですが、この好機を逃さずすぐさま追い付きたいという思いだったのでしょうか。

そしてこの采配が当たります。阿部は鈴木がコントロールに苦しんでいるのを悠々と見越しているようで、じっくり狙いを絞ってワンスリーのカウントからライト線へ同点タイムリーツーベースを放ちます。頼りになりますね。
その後亀井にも勝ち越しタイムリーが生まれ再びリードを奪いました。逆転された後に即逆転できるのは、チームが一丸となってる感じで良い雰囲気です。

そして安定の中川が9回を締めてゲームセットと思いきや、先頭の恵体のキャッチャー木下に初球をレフトスタンドへ叩き込まれ、いきなり6ー6の同点にされてしまいます。気づけばキャッチャーが小林に、ファーストが岡本下げて大城になっていました。ファースト大城までは分かるのですが、岡本をサードやレフトに回さずに下げたのは意外でした。というかそもそもキャッチャーを代える必要がなかったと思いますが。

後続は何とか抑え、同点のまま9回裏をむかえます。ベンチには立岡しか残っておらず、打線も亀井と岡本抜きになっていたので、延長に入ったら苦しくなる事が予想できたのでここで決めてほしいという願いが強くありました。
しかし打順は若林、増田、重信の小兵トリオ。対してマウンドにはパワーピッチャーの左腕ロドリゲス。つまり先頭は右林。
チャンスすら作れずに終わるなぁと絶望状態でしたが、ここで若林が粘りを見せて四球を選んで出塁します。

続く打席には増田が立ち、ここは2塁に送って重信と陽に何とかしてもらうんだろうと予想してました。ところが初球で若林が果敢に盗塁を決め、ノーアウト2塁とサヨナラのチャンスを一気に広げます。こうなるともうバントで送ってワンアウト3塁の状況を作って、タッチアップやスクイズ、ゴロゴーで強硬突入と得点の選択肢を増やすだけです。
なので状況は増田がきっちりバントを決められるかどうか、小柄な男の小技に大観衆が注目する大一番となりました。

カウント1ボールからバント空振り、バントファールと2ストライクにあっさり追い込まれてしまいます。しかしこうなるとバスターも考えられるので、中日内野陣も神経を使う状況となります。
4球目は外れてボール。5球目はかなり際どいコースに投げられますが、増田はバントの姿勢を崩さずバットを引いてボールの判定。フルカウントまで持ってきます。5球目の見逃し方からスリーバントで勝負なのが伺えます。

6球目、ロドリゲスの速球をサード前に勢いを殺して見事に転がしたため、その瞬間すでに3塁セーフは確定的でした。むしろうまく転がり過ぎたため、打者走者の増田もファーストでセーフになる可能性さえあります。サードを守る高橋周平が慌てて突っ込みますが、ステップが乱れていたようで、ファーストへの送球がショートバウンドしてしまい、ベースカバーに入ったセカンド阿部寿樹がボールを弾き後逸。それを見た3塁ランナー若林がホームに突っ込みサヨナラのベースを踏み試合終了と相成りました。

試合時間が長かったのと、盛り上がる場面が多かったのと半額デーという事もあって今日はビールが進みました。やはり現地観戦は勝ってこそですね。
殊勲賞は3安打3打点の亀井ですね。昨日に引き続き良い場面で結果を出してくれます。あと大城のファーストが様になってきたのも見ていて安心しました。

4連勝で2位と5ゲーム差。桜井が残念な出だしでしたが、それでもゲームを落とさなかったあたり投打の噛み合いが良い状態ですね。
惜しむらくはまだ新戦力の鍵谷に出番が無い事ですが、次の試合で大量点をとって出番を作ってあげてほしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ