スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨0-2広】負けた不満より今後の不安《M20》【東京ドーム】

波に乗れませんね。ジョンソンは乱調で8四死球もらったにも関わらず残塁10。またも完封リレーされ連敗です。

・澤村コンディション不良
・ジョンソン崩せない
・2回にバント
・坂本途中交代
・2試合連続完封負け
・でも消えないマジック

本日は澤村がベンチ外となりました。理由はコンディション不良だそうです。ここのところ良いパフォーマンスを見せていただけに痛いニュースです。中川も万全じゃないですしね。

また、本日のスタメンからようやく不調の亀井が外れました。代わりが陽なので微妙なところではありますが。
今後1番バッター不在問題が大きくなりそうな気がしますね。最近選球眼良いし三塁打も打ったし、ゲレーロでも良いんじゃないかと思います。(由伸政権下で1回ありました)

試合ですが、冒頭の通りジョンソンの乱調に突け込めずに無得点で7回までのらりくらりされました。
この試合のジョンソンはストレートに球威があって、インコースに投げられると押し込まれる場面が目立っていました。
石原の操縦が上手くて、そのストレートはあくまで見せ球、あるいは困った時に使う程度にしておいて、基本的には変化球主体のピッチングでした。流石にストレート一辺倒ではいずれ慣れてしまいますからね。

そのジョンソンから2回に無死1・2塁を作れた場面があったのですが、そこで6番大城に送りバントの指示が出ました。作戦自体は成功しましたが、早い回にやるべき事だったかは疑問です。前の試合に無死2塁を3度無駄にしていたのを気にしての采配だったのかもしれません。というかチャンスに強い大城っていう評判はもう過去の物なんですね。

一方こちらの先発メルセデスは、悪くないパフォーマンスだったものの、2発のソロホームランを浴びて2失点してしまいます。
2-0とビハインドだったため、5回裏の打席で代打を送られて降板となりました。まだ64球しか投げていなかったので勿体ない気もしますが、ジョンソン攻略の方を優先した結果でしょう。
しかし代打の田中俊太は呆気なく凡退。後続が出塁して二死1・2塁としますが、丸が三振に倒れて終わります。この試合の丸はランナーがいる場面でよく打席がまわりましたが、ことごとく何も仕事ができませんでした。

6回以降の守備では、またもリリーフが無失点リレーをしてくれて、試合を壊さずに進めました。メルセデスも6回に突如崩れる事があるので、それと比べたら交代させた事で良い結果を導けたのかもしれません。

心配だったのが、8回に坂本が突然交代した事です。守備につこうとしたところでの交代だったので、大事ではないと思いますが、ここにきて中川のように帯同しながら様子見とかになると、先行きの見えない戦力ダウンに不安が募ります。

仮に坂本がしばらくスタメンで出れないとなると、内野の強打者の駒が不足してしまいます。穴埋めで阿部ファースト岡本サード固定で運用してくしかないでしょう。ビヤヌエバは外国人枠の関係で登録できませんし。
ショートは増田でしょうが、そのバックアップ要員も必要なので、結果の出てない山本も抹消できないですね。吉川大は怪我の具合はどうなんでしょう?尚輝はあの様子じゃ今季無理でしょうし。
こんな感じで、坂本がいなくなると内野の台所事情が苦しい事に目が向きますね。本当無事であってほしいです。

試合はジョンソン降板後も遠藤とフランスアに抑え込まれ2-0でゲームセットとなりました。2試合連続の完封負けで18イニング得点無しの状況です。裏で横浜が勝ちましたが、それでもマジックは消えないのでよく分からないものです。
次戦は勝つ事よりもまず点を取る姿を見せて欲しいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ