スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨1-5デ】天敵の復活【東京ドーム】

東の前に為す術無しで完敗です。

・対左腕は阿部>右林?
・桜井飛翔
・またも継投無失点リレー
・ゲレーロ爆走
・東8回88球1失点

サードには若林ではなく岡本が入り、ファースト阿部、セカンドは増田という布陣でスタートしました。
左腕の東が相手で左の阿部が起用されるというのは、右打席の若林よりも期待できるという事なんでしょうか?このあたりに一貫性を見出だせていないです。

そしてこの試合は3回までで勝敗が決まってしまった感じでした。
こちらの先発桜井は、初回ツーアウトを簡単に取った後で四球を連発。この日の桜井はストレートの制球に苦労しているような印象でした。
二死1・2塁でソトに対しての4球目、キャッチャー小林はインコースに構えますが桜井がそこに投げきれず、真ん中に入ったストレートをソトが逃さずにスタンドイン。3点を一気に失いました。

2回には1軍に復帰したばかりの梶谷に失投気味のチェンジアップをライトスタンドへ運ばれて計5失点。3回の打席がまわったところで代打を送られて無念の降板となりました。

その後またもリリーフ陣が奮闘します。
特にその1番手だった田口が、4~6回をパーフェクトで抑え、反撃の機運を逸しないように努めました。
しかし田口が3回を投げてるという事は、同じ間打席にも立てていない事も意味しており、つまりこちらの野手も東にても足も出ずに回が進んでしまっていました。

ようやく東を捉えたのは8回裏でした。
先頭の阿部がヒットで出塁し(代走若林)、続くゲレーロが左中間の深いところにタイムリーヒットを放ち1点を返しました。
ここで打ったゲレーロが2塁ベースを蹴って3塁まで到達します。加速は遅いですがスピードに乗れば速いタイプのようで、ゲレーロの意外な一面を知れた気がします。足の速い選手でも左中間スリーベースは中々お目にかかりませんからね。

しかしこれに気を良くしたのか、続く増田がセンターほぼ定位置にフライを上げた際、サードからタッチアップを試みました。これはさすがに無謀だろうと思ったらやっぱり余裕のアウトでした。送球が逸れてたらワンチャンスあったかもしれませんけどね。それにしてもゲレーロのスライディングが上手かったです。亡命前に身につけた技術でしょうか。

結局東は8回の1失点のみで終わり、88球の被安打4でマウンドを後にしました。
このパフォーマンスにも関わらず、試合後抹消されてましたが、恐らく間隔をずらして再度ウチに当てるつもりでしょう。手強い投手が復活してしまいました。
しかし4安打ながら1点取れておけた事は、次回への弾みになると思います。こちらの先発も万全であれば投手戦に持ち込んでの接戦勝ちも無理では無いと思うので、臆する必要は無いでしょう。

まだこのカードでのマジック点灯は潰えていないので、次の試合へと切り替えて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ