スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨12-4広】1イニング10得点《M18》【東京ドーム】

広島相手にいつ以来のボロ勝ちでしょうか。まさかの大瀬良から10得点を上げて序盤からワンサイドに。坂本も早めに休められて、山下に初出場の機会も与えられて、文句なしでカード勝ち越しです^^

・大城4打点
・丸1イニング5打点
・先頭から8人連続出塁
・桜井7回3失点QS
・山下初出場(守備のみ)
・田中貴也実質初出場(守備のみ)
・3軍:尚輝実践出場(守備のみ)

桜井と大瀬良の顔合わせで、戦前は桜井がどこまで踏ん張ってロースコアゲームを続けられるかと思っていましたが、その心配は早い段階で杞憂となりました。

初回にタイムリーを打たれ先制点を奪われますが、2回裏に一死1・2塁からこの日スタメンマスクの大城がライト線へタイムリーツーベースを放ち、鮮やかに逆転します。その前の2回表に無死1・2塁のピンチを無失点で切り抜けていたので、その流れからの逆転で勝ち運を引き寄せた感があります。

そしてこの試合のエピックとなる3回裏の攻撃です。
先頭の亀井四球、続く坂本がヒットで1・2塁、3番丸がタイムリーヒットを放ち1-3と点差を広げます。丸は当たっていないのを心配していたので、ここで流れを切らずに済んで安心しました。
1・3塁とランナーが残ったところで、4番岡本が止めとばかりに初球を逆方向のライトスタンドへ放り込んで3点追加、1-6と余裕の点差に広げました。

ランナーがいなくなって仕切り直しとなっても攻撃の手は止まりませんでした。
まず5番阿部がフェンス直撃打で2塁に出塁します。次のゲレーロも大瀬良のボールを捉えますが、打球はレフトとセンターどちらかがギリギリ捕れる位置へ飛びます。これをセンター西川が一度グラブに収めますが、ボールがこぼれ落ちて2塁打となり、無死2・3塁と再びチャンスが生まれます。西川は走りながら逆シングルで打球を捕まえる格好になったので、レフトの松山が処理すべきだったと思います。

そして打席にはタイムリーを放っている大城です。
フルカウントとなった6球目の外から入ってくるボールを逆らわずにレフトへ弾き返します。ダイレクトで捕れるか微妙な飛距離の打球が松山の前に飛び、しかし手前で打球が変化して予想外の方向にバウンドして後逸。その間にランナー2人が帰って1-8と、早くもゲーム展開を決定付ける点差に広げます。
これで大城は4打点となり、チャンスに強いという名声を取り戻せたかもしれませんね。

そしてまだノーアウトでランナーが2塁。マウンドの大瀬良は流石に戦意喪失したようで、この回8人目のバッターの田中俊太には四球を与えてしまいます。
次の9番桜井が送りバントをし、この回33球を投じてようやく1つ目のアウトを取ることができました。
一死2・3塁、打順が一巡したところでピッチャーが左腕の塹江に代わります。

塹江は自身1人目のバッターの亀井をショートゴロに討ち取りツーアウトとするも、次の坂本に四球を与え、二死満塁の状況で丸を迎えます。
丸は投じられた3球目のストレートをセンターに弾き返しました。センターオーバーの長打かと思ったら打球はそのままバックスクリーンへ。この回だけで5打点目となる満塁ホームランとなり、スコアは1-12。まだ3回の時点なので相手に同情しました。
その後塹江は岡本と阿部の代走で出場した若林に四球を与えますが、この回15人目のゲレーロをレフトフライに討ち取ってようやくチェンジとなります。

後はもう消化試合の様相で、坂本が下がり増田がショートに入ります。
桜井もこの超余裕の点差のおかげでストライクをポンポン取るようになり、3回までですでに球数が60球でしたが、4回からは四球が無くなり、結果7回までを114球で投げ抜きました。
これを機にストライク先行のピッチングをクセ付けて欲しいですね。

終盤野手の方ではゲレーロの代わりに山下が守備から出場し、1つファールフライをファインプレーでアウトに取りました。若さ溢れる感じで好印象です。残念ながらあと一人出ればというところまでいくも打順がまわってきませんでした。バッティングが評価されてるだけに、プロ初打席を早く見てみたいです。

さらに最終回には大城に代わって田中貴也がマスクを被りました。記録上は昨年1軍初出場を果たしていますが、代打で出ようとしたところに代打を送られて何もできなかったため、実際にプレーするのはこれが初となります。
特に見せ場も無かったので評価はないですが、捕手の中では1番元気がありそうに見えました。

試合は波もなく4-12で圧勝。マジックが18となりました。何となくこの試合で広島への苦手意識が払拭されたんじゃないかと思っています。

1つファームで朗報があり、長い事腰痛でリハビリしていた吉川尚輝が、3軍の試合にレフトで出場し実践復帰しました。
打席には立たずに交代したので、復帰までの道のりはまだ険しそうですが、順調にいったらポストシーズンでプレーする姿が見られるのでは、という希望が持てました。嬉しいニュースです。

ブログランキング・にほんブログ村へ