スキップしてメイン コンテンツに移動

【1勝5敗】広島・横浜6連戦の振り返り【7/30-8/4】


[打線]
岸田、山下⇔炭谷

不調の岡本に関しては、今までもずっとこんな感じだったので影響ないですが、亀井が失速し始めてるのはヤバかったりします。
こうなるとコンスタントに打てるのが坂本と丸だけになり、あとは運頼み、相手の投手頼みです。

サードに関しては、この間露骨なパワーダウンでがっかりしてました。山本と田中俊太自身にも打撃で期待されていた面はありますが、両者ともそれを発揮して活躍できたとは言えないですね。

もっとがっかりなのが大城の存在で、サード岡本ファースト大城という選択肢を一度も試されないどころか、この期間に大城がスタメン出場する事すらありませんでした。
炭谷が骨折で長期離脱という事もあって、今後はキャッチャーのやりくりが難しくなると思いますが、その中での大城の位置付けが今どの程度の物なのか、気になるところです。

また今週からはビヤヌエバと陽が戻ってきます。
サードビヤヌエバ、ファースト岡本、レフトゲレーロという布陣になるでしょうから、ファースト阿部という考えはまだお預けのように思います。


[先発]
高橋、メルセデス⇔山口、(高橋)

山口離脱が最大のトピックでしょう。一番の勝ち頭が抜ける訳ですから、9連戦を前に再計算が必要な非常事態です。
幸いにも最短で戻ってこれそうな症状らしいのでそこは安心しました。
しかし不安の残る状態で復帰して、悪化して長期離脱という方が痛手なので、無理はしてほしくないですね。

山口が抜けた分、中日戦はとりあえず野上で乗り切るみたいです。広いナゴヤドームなので飛翔グセのある彼には丁度良いかもしれません。四球連発の後二塁打で走者一掃とかならないように、ストライク先行でいって欲しいです。

打線が低調なため、先発の出来の差が勝敗になった試合が多いように見えました。それで先週1勝なわけですからツラいですね。
しかし収穫もないわけではなく、メルセデスがそこそこ好投していたので、不在だった5番手ピッチャーは彼で決まりでしょう。

候補のもう一人の高橋は、以前と変わった様子もなく不安定な制球で、3回途中3失点でマウンドを降ろされ2軍に戻されました。
6人目の枠は、高橋、古川、高田、大江、坂本ェで争われるのかなと思います。
クックが先発転向という報道もありました、話半分くらいにしといた方が良さそうです。


[リリーフ]
堀岡⇔クック、大竹

高橋が投げた試合がブルペンデーとなり、メルセデスの後をうけた試合が火消しにたくさんリリーフを動員したので、ロースコアの試合が多かった割に中継ぎを結構使った週になりました。

クックと大竹が抹消されて、支配下登録されたばかりの堀岡が代わりに呼ばれました。
クックはデラロサの下位互換のような存在になりましたし、大竹は出たら打たれる結果だったので抹消は妥当かなと思います。

代わりに上がった堀岡は、坂本ェと似たようなタイプで、投げ下ろし型で変化球は縦変化のみです。坂本ェより球速があって変化球のキレがあるので、空振りの取れるリリーフ向きで、良い選手を支配下に上げたなと思いました。
あとはランナー背負った時どんなピッチングをするか見てみたいです。

方程式に関しては、中川、デラロサ、田口になるのかなぁといった予想です。何分逃げきりの試合が少なかったので、未だにここがどういう方針なのか計りかねてます。
田口は山口の件があって先発に戻すかなとも思いましたが、先週の使われ方を見ると今季はリリーフの核として頑張ってもらうのでしょう。


[カープ]
○8-5 ●2-3 ●2-8

1勝出来て良かったというカードでした。
今回はバティスタを変化球中心でうまく封じてたと思います。
西川は手がつけられませんでしたが、ウチに限った話でもないでしょうし、他球団相手にも暴れてほしいです(投げやり)。

リリーフは去年の同時期に比べると綻びがあるような感じで、便利屋の一岡の代役をまだ見つけられてないのが大きいのかなと思いました。
なので終盤の接戦でも逆転の芽はあるように思えます。


[ベイスターズ]
●4-2 ●6-5 ●3-2

逆転され、逆転できず、追い付けずといった形で3連敗。正直力の差はそんなに無いように見えましたが、投打に渡り勝負強さで負けたような気がします。

山﨑康晃から未だ無得点というのが今後も尾を引きそうです。
パットン、エスコバーに関しては良い感じに攻略できたので、あとはリリーフで出てくると何か苦手な国吉を何とかして、康晃が出てくる前に試合をひっくり返せれば良いなと思います。

打線はビッグ4がそれぞれの試合で良い形で補完しあいながら機能してるようで羨ましい限りです。うちはビッグ2だけなのでね。


[今後の展望]

名古屋→東京→広島と、中々ハードな9連戦です。
中日とヤクルトには勝ち越せないと、首位争いどころではなく、CS出場を目指すような位置取りになってしまいそうです。

先発は、野上、メルセデス(中5)、菅野(中5)は確定のようで、以降は山口のコンディションやファームの様子、野上の出来映えで総合的に決めるそうです。

あとは打線ですね。ゲレーロの好調もいつまで続くか分かりませんし、亀井と若林も若干疲れが見え始めてる気がします。
岡本とビヤヌエバが爆発してくれれば大分戦況が楽になるのですが。

とりあえず早く勝って連敗は止めて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ