スキップしてメイン コンテンツに移動

【デ3-2巨】5連敗突入【横浜スタジアム】

チャンスの数はウチの方が多かった、けれど横浜の方がチャンスを点に繋げられた、そんな試合でした。今季最多の5連敗です。

・打順またもや変更
・岸田スタメンマスク
・送球ミスでリードを許す
・エスコバーから今季初得点
・岡本3三振、亀井5タコ
・直近9試合中6回目の2得点敗戦

打順の変更がまたもや行われ、1番に亀井が戻って若林は6番へ、好調ゲレーロが5番に抜擢されました。
正直2番と4番も入れ換えて欲しかったりするのですが、そこは終身名誉監督殿への忖度で不可侵な部分といったところでしょうか。

また、前日に1軍デビューした岸田がスタメンマスクで桜井と組むことになりました。
後逸は取り敢えず不問ということで、セカンドチャンスでしょうか。ただ今回もイージーミスをしたら、しばらくはチャンスが貰えないだろうと思います。

試合序盤は両投手両打線ピリッとしない展開でした。
桜井はコントロールが荒れていて、今永は低めの制球に苦労しているような様子でした。
しかし打線の点の取り方も、お互いに満塁で内野ゴロの間に1点と、盛り上がりに欠ける内容です。

1-1で迎えた3回裏、ビッグ4の打順で宮崎は討ち取るも、ソトと筒香に連打を浴びて一死1・2塁の状況となります。
バッターロペスの放った打球はピッチャーゴロ。桜井が捕球してセカンドへ送球しフォースアウト、若林がそれをファーストへ転送するも、体勢が整っていなかったせいか悪送球となって岡本が後逸。何と2塁ランナーのソトをホームへ帰してしまいました。

このプレーには3つミスがあって、桜井の送球が若干低かったのと、若林が無理な体制で送球したのと、岡本が体でボールを止められなかった事です。
若林が送球を諦めていれば、あるいは岡本がファーストベースを諦めて止めていれば、ソトがホームへ帰る事もなかったでしょう。判断ミスですね。

その後6回裏に、石川雄洋の通算1000本安打目の三塁打から失点して1-3となってしまいます。
そして試合は両者早くも継投に入ります。

7回表のマウンドには難敵のエスコバーが。ここまで今季得点を上げられていない内の一人です。
代打石川がセンター前にヒットを打って出塁するも、代打大城、1番亀井が凡退で進塁すらできず二死1塁、ここで坂本が打席に立ちます。
エスコバーが4球目に投じたボールが高めに抜けてキャッチャーが後逸し、石川が2塁へ進塁。二死2塁で2-2の平行カウントとなりました。
坂本は5球目の低めのスライダーをすくいあげてレフト前へ運びます。ツーアウトだったため石川は坂本が打った瞬間スタートを切っており、ホームまで楽々生還。2-3と1点差まで詰め寄ります。

しかし後続の岡本がダメでした。二死2・3塁の場面まで作り上げるも、エスコバーの全球ストレートにタイミングが合わず空振り三振。正直舐められてる配球だといえますね。
この前の2打席でもランナーがいる場面で空振り三振していて何もできず、頼りにならない状態です。また下位の打順に戻すのが妥当だと思います。

また亀井も前日に引き続きノーヒットで終わっていて、左がとことん苦手か、疲れが出てきているか、陽の存在がこんなにも大きくなるとは予想もしていませんでした。
次のカードからは復帰するようなので、陽亀併用で調子を取り戻して欲しいです。

そして試合は康晃登場で何事もなく幕を閉じます。
またしても2得点で敗戦。何も進歩も変化もない状態で5連敗です。
3タテされ、戦力の差は感じませんでしたが、ここ一番の強さに差を感じました。

近々首位を明け渡す事になるでしょうが、今は順位よりもチーム状態を上げる事の方が先決です。
目の前の勝利より、打線の確立と先発ローテの再建に力を入れて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ