スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨7-1ヤ】状態イイネ!【東京ドーム】

3タテです^^
一巡目の段階では高橋圭二に苦戦するかなと思いましたが、ゲレーロの連発のおかげで攻略。丸の中押し弾もあって余裕の勝利でした。

・5番ゲレーロ連発
・高橋圭二スライダー難
・高橋優貴6回粘投9奪三振
・7安打7得点3残塁
・1ヶ月ぶりの3タテ

相手先発が左腕ということで、この試合の5番にはゲレーロが抜擢されました。それでなくても今絶好調なので、相手の左右関係なく5番で良いと思います。
しかし右に左に連発は驚きました。しかも先制とチャンスの場面だったので価値の高い本塁打です。

苦手とされてきた左腕から、今まであまり見た事のないライトスタンドへのアーチと、弱点だったインハイを引っ張っての特大アーチと、バリエーション豊かなホームランで、これからの試合にも期待が持てますね。

その2本を打たれたヤクルト先発の高橋圭二は、序盤に決まっていたスライダーが3回から入らなくなり、ボール先行になったらストレートしか投げれない、苦しいピッチングになりました。
そのためストレート狙い打ちで上位打線の餌食になった模様です。
もう一つのチェンジアップに関しては一球もストライクが取れてなかったようだったので、変化球のコントロールを磨いたら化ける可能性はあるピッチャーでした。

一方のウチの先発高橋優貴は、相変わらずコントロールがバラけてましたが、その頻度が若干減ってきたかなという印象はありました。
4回まで毎回ランナーを出す苦しいピッチングも、要所で三振をとって切り抜けてました。ポテンシャルの高さが伺えます。

結局6回までを投げきり1失点、被安打4の三振9個、四球を2つしか出さず試合を作りました。
その後の継投も鍵屋、宮國、高田と無失点リレーで主力を温存して終えられたので、完璧な試合運びでした。

打線はゲレーロ以外では、岡本がこの試合も打点を上げて4試合連続と、ここにきて急に4番っぽくなりました。残塁が減ってきてるのもクリーンアップがきっちり返せてる結果だと思います。チーム7安打で7得点、残塁は3つだけと効率良いです。

あとはビヤヌエバも調子を上げてきてくれれば磐石なんですけどね。今一つな内容で途中で山本に代えられていました。
マシソンが復調したら交代で落とされる対象になりそうですけど、そのマシソンって状態今どうなんでしょうね?落とされてから何も情報が無いのが気がかりです。

このカードを理想的な3タテで終えられました。2位ともゲーム差が2に広がって少し余裕が生まれましたね。

次が正念場、今季ラストのマツダ3連戦です。3日間とも晴れ予報なので試合は問題なく行われるでしょう。勝ち越して終えられないと苦手意識を来年に持ち越しそうなので、ペナントレースの行方以上に大事なカードとなります。まずは1勝先勝で。

ブログランキング・にほんブログ村へ