スキップしてメイン コンテンツに移動

【中7-4巨】自ら手放したマジック【ナゴヤドーム】

前回の先発で見限られたと思っていたら、この試合で再度チャンスを貰えたヤングマン。しかしやはり目を見張るものはなく、味方のエラーもあって7失点で3回降板でした。その後をリリーフが無失点リレーしただけに、勝てた試合を先発の選択で落とした感は否めないです。

・ヤングマン何も残せず
・守備ミスからの失点
・中川復活の三者三振
・田中俊太マルチ&2得点
・マジックお預け

本当になぜ再チャンスを与えられたのか不明なヤングマン。またも2軍での成績が良いからという理由で呼ばれたようで、今回もまた前回と変わらないパフォーマンスで打ち込まれました。
とにかく変化球がカーブだけっていうのがもうダメです。そのカーブもオリックスのディクソンのような速くて鋭いカーブだったらまだ良いんですが、ゆっくり大きく曲がるカーブでは追い込んでから空振りが取れません。

さすがにもう1軍に呼ばれる事も無いでしょうし、2軍ですら投げさせられる事もないかもしれません。
万に一つも無いでしょうが、来年育成契約して2軍でみっちり育てる素材としては、まだ見る所はあるかもと思います。長身でストレートにクセがあるのは天性の物ですし、本人の性格の評判も良いですし。そのストレートを活かす変化球を身に付けさえすれば、輝けるんじゃないかと個人的には思います。

しかしこの試合の敗戦はヤングマンのせいだけではなく、守備にも綻びがありました。
1回裏、1点を先制されてなおも一死1・3塁の状況。打席の高橋周平を三振で討ち取るも、1塁走者のビシエドがスタートを切っていました。フルカウントだったのでランエンドヒットでしょう。キャッチャー大城が送球するもセーフ、ビシエドは意外と足が速いんです。ここで3塁走者の福田が中途半端に飛び出していて、ボールを受けた坂本がそれを見てサードへ送球します。しかしこれが悪送球となって、サードの岡本が止められず後逸してランナーがそれぞれ進塁し、2点目を与えました。

3回にはセカンドの若林が何て事はない打球をファンブルして先頭の大島を出塁させ、そのためにツーアウトでビシエドまでまわってしまい、結果ツーランホームランを打たれてしまいました。
4回にはヤングマン自身も暴投で1塁ランナーを3塁まで進めてしまい、さらにはゲレーロがクッションボールの処理を誤って走者をホームに返してしまったりと、実に散々でした。

悪い事ばかりというわけでもなく、久しぶりに中川がマウンドに立ち、打者三人を三振で討ち取って万全である事を見せてくれました。
結局何のコンディション不良だったのかは分からずじまいですが、デラロサに加えて頼もしい男が帰ってきました。

また途中出場した田中俊太が2安打を放ち、丸がタイムリーと犠牲フライでホームに返して2得点と、久々の1軍出場ながらチームに貢献してくれました。
最近は若林が守備力を問題視されるようになってサードへ回されるケースが多いので、相手先発が右投げの時にセカンドでスタメン出場する機会があるかもしれません。この調子を維持し続けて欲しいですね。

連勝が止まってマジック点灯もお預けとなりました。
今村も含めれば先発投手が6人いる中で、デラロサ、メルセデス、ゲレーロ、マシソン、ビヤヌエバがいて外国人枠の制限もあるヤングマンをここで試した意図がやはり理解しかねます。もし仮に好投していたとして、どう運用するつもりだったんでしょう?

とにかく切り替えて、横浜との直接対決でマジック点灯をして欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ