スキップしてメイン コンテンツに移動

【巨8-4ヤ】快勝で久々の勝ち越し【東京ドーム】

今月初の現地観戦は、序盤から楽勝ムードが続いた試合でした。
ただそれも今までの負け越しの流れを考えると、ようやく勝てる流れが来たんだと思い、感慨深かったです。

・大城5番ファーストに復帰
・中川とデラロサベンチ外
・坂本戦意喪失させる先制弾
・相手先発を2回でKO
・今一つの出来だった桜井
・田口被弾
・7カードぶりの勝ち越し

前日までスタメンだった阿部が外れ、大城が5番打者としてファーストで先発出場しました。
確かに前日の最終打席の内容は良かったと思います。ただ試合展開的に興奮してうまいことゾーンに入ってただけかもしれないので、それがコンスタントに発揮できるかはまだ未知数だと思います。

そして変わり種としては、リリーフの中川とデラロサを揃ってベンチ外にし、代わりに下から高田を呼び寄せ、前日炎上した今村もベンチ待機させてました。
高田は翌日の先発高橋と2枚でリレーさせる思惑らしく、今村は半分罰ゲームみたいなものかなと思います(笑)
しかし連投でパフォーマンスが悪かった中川は良いとして、デラロサを外したのが意外でした。以前連投能力が低いかもと疑問符を付けた事はありますけど、それにしては過保護すぎるので、何か悪材料があるんじゃないかと勘繰ってしまいます。

そんな感じで、投手事情にイレギュラーな要素のある中で試合は始まりました。
先発の桜井は青木とバレンティンに粘られ出塁されますが、雄平を何とか抑えて無失点でスタートします。

対するヤクルトは今季初先発の星。しかしこの投手が2軍レベルの選手で、フォームに特徴もなければ球筋にクセもなく、コントロールと球速と変化球がそこそこといった感じでした。

それでもマウンド度胸があれば試合を作れたかもしれませんが、1回裏に2番坂本が初球のアウトローをライトスタンドに放り込んであっさり先制し、これで慎重になったのか、星は以降コースを突こうとしてストライクとボールがはっきりして、四球を量産するようになってしまいます。

そんなわけでここからはウチの打線のやりたい放題になり、初回に3点、2回に打者一巡で3点を入れて0-6として早くも勝敗が決まる展開になりました。(星は2回で降板)

このままワンサイドに持っていければ途中から主力野手を休ませられたのですが、3回に桜井が星から代わったピッチャー寺島の打席でストレートの四球を与え、直後に1番の廣岡にスタンドへ運ばれ2点を返されてしまいます。

3回表で4点差に戻されて、まだ油断ならない展開だと思っていたその裏、先頭の小林が珍しく長打で2塁に出塁します。
桜井の打席で当然の送りバント。しかしここで寺島がファーストへ悪送球してしまい、小林が一気にホームイン。2-7と5点差にして再び楽勝ムードを漂わせます。

その後の桜井はボール先行で苦しみながらも6回まで投げ抜き、ホームランの2失点のみで先発の役目を果たしました。

中川とデラロサ抜きの7回以降は、田口、高木、澤村で繋ぎました。
無失点リレーといきたいところでしたが、7回の田口が振り逃げでランナーを出し、青木に一発を浴びて2失点してしまいます。
振り逃げがなければ三人で抑えられたところだったので、勿体ない場面でした。

しかし試合は何事もなく終わって4-8で勝利。終始楽勝ペースで緊張感が無いまま勝ち越しを決めました。
丸を除いて先発全員安打で、ゲレーロが猛打賞でした。ゲレーロはまだ調子をキープしてますね。このまま広島戦でもまた暴れてほしいです。

首位争いから脱落しないために、このカードでの3タテは必須なので、次はまた切り替えて必勝の緊張感で試合に挑んでもらいたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ