スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2020の投稿を表示しています

理想の打順を予想(妄想)

7.山下(重信、松原) 6.坂本 8.丸 5.岡本 9.パーラ 3.中島(北村) 2.大城 4.湯浅(増田陸) 1.投手 亀井を1番にすると頼れる代打がいなくなるので、選球眼と三振の少なさを買って山下を抜擢したい。 今年はいつ開幕するか不明なので、先発投手の調整が難しくなると予想。そうなれば1軍に慣れていない山下でも、調子が上がってくる前の相手であれば結構通用するんじゃないかと期待。中島が調子落としだしたらファースト起用とかもできるので、 そんな感じで1軍に定着してくれたらなぁ。 1番打者の次点は重信。 この人はスピードタイプと思わせといてパワータイプのバッター。DeNAの神里に似てると思う。いきなり長打でチャンスメーク、もしくは下位で出たランナーを返してほしい。三振が割かし多めなのが気になるところ。 3番手は松原。 パワーの無い吉川尚輝といった感じのバッティングで、流し打ちもできて、色んなボールに食らいつける逸材だと思う。単打が多くなると思うけど、粘って四球とか、出塁率に全振りして、起点となるリードオフマンになってくれたらなぁ。 本当は吉川尚輝が万全なら彼で良いんだけど、また腰の調子が微妙そう。 今年はまともにシーズン開幕できないだろうから、向こう何年かのために昨年に引き続きリハビリや体の強化を徹底した方がベターな気がする。 で、尚輝諦めの流れでいうとセカンドがもう一つの課題。 ここはこの際第二の坂本育成に切り替えて、とびきり若いのを置いておけば良いんじゃないかなと。 なので思い切りの良いバッティングで、今若手で一番活躍してる湯浅が候補かなと。俊敏だし、前にも書いた通り広島の菊池のようになって欲しい。 あとはあんまり見る機会がないけれど、坂本の後継者として期待されてる増田陸。まぁまだ2軍での実績すら皆無で未知数過ぎるかな。 セカンドで言えば今北村が試されているけど、守備の感じがサードかファーストなんだよなぁ。 バッターとしては2軍での選球眼と打点能力に期待して、楽天の浅村のようにチャンスに強い選手になって欲しい。

練習試合1カードを終えて

ようやく勝利を手に入れたけど、オープン戦より格式の無い練習試合だからなぁ。 原監督はこの機会を主力の調整よりは新戦力の発掘の方にシフトさせているように見える。いつ開幕するかわからない現状なので妥当な舵取りだと思う。 そのおかげか、先発の方は好材料が揃った。日本の環境に順応してきたサンチェスに加え、カットボールで投球の幅が広がった今村がローテに入れそう。 打線は大城がようやく開花しだした。元々マシン打撃やフリーでは打ててる選手だったので、タイミングの取り方さえ掴めばこのくらいやってのけるだろうと信じていた。タイミングのとり方は亀井を参考にしたらしい。 ただ打線の問題は主力以外にあって、日曜日の試合で6回以降にベンチ組で点が取れない事。 今年はどう転んでも変則的な日程になるだろうし、主力の怪我や疲労を見越して戦力層の厚みを増して欲しいところ。 その点はソフトバンクがお手本のように若手も絡めて試合を作っている。 こっちは若手というか中堅どころがイマイチ壁を破れずにいるのがもどかしい。石川、山本、松原、重信、北村、俊太。この辺だけでチャンスメークして1点でも取れたら嬉しいんだけどなぁ。

現状を嘆く

開幕戦のチケット取れたと思ったら開幕延期。悲しい。 しかしオープン戦とはいえチーム状態が悪かったので、このまま開幕されるよりはマシかもしれない。 打線は軸の坂本丸岡本が問題なさそうなので、そこにどれだけ他の戦力が上積みできるかが鍵。今のところ期待して良さそうなのはパーラ、亀井、中島かなぁ。尚輝は段々勢いなくなってきてて、また腰痛が再発してるんじゃないかと不安。 中継ぎは去年同様原マジックで何とかなると思ってるので、現状心配はあまりしていない。が、中川が離脱してるのは気がかり。去年も最後の方謎の登板回避があったし、手術系の怪我とかじゃなきゃ良いけど。 で、目下問題は先発。 延期のおかげでメルセデスが間に合いそうという朗報はあるけれども、未だ前評判通りの投球を見せないサンチェス、去年の勢いの無い桜井、投げ込みすぎて離脱した高橋、ソフトバンクにボコボコにされた戸郷といった具合に、日を追うごとに悪材料が増えてく状況。 菅野はまぁ大丈夫そうだけど、田口が3年前までの輝きを取り戻しでもしないとシーズン結構キツいかも。 せめて去年のドラフトで即戦力の先発取ってればなぁ。ドラ2の太田とか使えないかな? 菅野が来年ポスティングでメジャーとか考えると、先発不安は今年だけの問題じゃ済まない予感。

今年誰のユニフォームを買おうかという話

昨年初めてレプリカユニフォームを買ったけど、それが吉川尚輝のだったもんで、ご存知の通り怪我で早々と5月から戦線離脱してしまい、ほとんど着る機会(というか楽しみ)がなかった。 今年こそはと思ってたら、まさかの背番号シャッフルの餌食に。さよなら背番号0YOSHIKAWA。 なので今年も新しく買おうと思って、色々思案している最中。 期待している選手は吉川尚輝と大城。吉川はまた怪我する恐れもあるし、29とかいう中途半端な背番号のままでいるような選手でもないので、いずれまた変わるだろうと予想し今回はスルー。 一方の大城は、入団当初のキャンプ中継で見た逆方向でも伸びる打球に一目惚れして以来期待しているけど、一向にブレイクしない。キャッチャーの能力は年々上がっている気がするけど、打撃は逆に下がっていってる印象がある。なのでユニフォーム買うにはまだ決め手に欠けるため保留。 でどうしようか悩みながらオープン戦を見ていたら、岡本の打撃に目が止まる。細かい理論は分からないけれど、今年は随分と余裕を持ってスイングしているように見え、実際結果もそこそこ良い感じに残している。今シーズンはさらに一皮向けて大活躍する気配を感じ取り、決心。 というわけで、シーズン開幕したら球場で25OKAMOTOのユニフォームを買う事にしたい、が、3月20日普通に開幕してくれるかなぁ。

セカンドングリーズのまとめ

吉川尚(25)4年目 筆頭。怪我さえなければ文句なしの正セカンド。走攻守全てが他と比べてずば抜けている。繰り返すが本当怪我だけは勘弁してほしい。 増田大(27)5年目 木村拓也と鈴木尚広の役割を求められている感じの選手。なので事情がない限りスタメンは無さそう。代わりに2軍に落とされる事も無さそう。 若林(27)3年目 昨年の交流戦だけブレイクした両打ち。なかなかの選球眼とそこそこの打撃、速いのか微妙な脚力、信頼できない守備といった感じ。去年はやたら満塁で打席がまわっていた。 山本(27)5年目 がむしゃら慶応ボーイ。ファールで粘って出塁するのとピョンピョン打法が特徴。右打ちが得意かも。足は速くない。ショートをそこそこ守れるので重宝されるが、吉川大と役回りがもろ被りな気がする。 湯浅(20)3年目 ドラフト8位の若手で、今キャンプでようやく日の目を見る。個人的に一番期待している。バッティングが広島の菊池のように狙い球をコンパクトに思い切りスイングする感じ。守備はまだよく分からない。 ------------- 田中俊(27)3年目 広島田中広輔の弟。バッティングは一日一膳タイプで爆発力がない。守備はキャッチングは良いがスローイングが怪しい。足はそこそこの速さだけど盗塁のスタートは早いと思う。 吉川大(28)10年目 ファン感の最重要人材。そこ以外は足が早い山本といった感じ。その分バッティングはそれほど特徴がないかも。代走要員の一番手が増田大になってるので、この先どう生き残るか。 増田陸(20)2年目 まだまだこれからの選手。派遣された台湾ウインターリーグではこれといって活躍できなかったのが残念。今年は2軍でガンガン試合に出て欲しい。 黒田(20)2年目 阿部2軍監督一押しの選手。まだ育成だけれど、西武の源田に支配下でもおかしくないレベルの選手と言わしめた。ただドングリーズ多すぎなので、上述の内の誰かが抜けないと支配下登録は難しいかも。